フライトシム『DCS: F/A-18C Hornet』予約販売開始!早期アクセス版は2018年晩春リリース予定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

フライトシム『DCS: F/A-18C Hornet』予約販売開始!早期アクセス版は2018年晩春リリース予定

Eagle Dynamicsは、コンバットシム『DCS World』の最新フライトモジュール『DCS: F/A-18C Hornet』の早期アクセス版を2018年晩春にリリースすると発表し、予約販売を公式サイトにて開始しました。

PC Windows
フライトシム『DCS: F/A-18C Hornet』予約販売開始!早期アクセス版は2018年晩春リリース予定
  • フライトシム『DCS: F/A-18C Hornet』予約販売開始!早期アクセス版は2018年晩春リリース予定
  • フライトシム『DCS: F/A-18C Hornet』予約販売開始!早期アクセス版は2018年晩春リリース予定
  • フライトシム『DCS: F/A-18C Hornet』予約販売開始!早期アクセス版は2018年晩春リリース予定
  • フライトシム『DCS: F/A-18C Hornet』予約販売開始!早期アクセス版は2018年晩春リリース予定
  • フライトシム『DCS: F/A-18C Hornet』予約販売開始!早期アクセス版は2018年晩春リリース予定
  • フライトシム『DCS: F/A-18C Hornet』予約販売開始!早期アクセス版は2018年晩春リリース予定
  • フライトシム『DCS: F/A-18C Hornet』予約販売開始!早期アクセス版は2018年晩春リリース予定
  • フライトシム『DCS: F/A-18C Hornet』予約販売開始!早期アクセス版は2018年晩春リリース予定

Eagle Dynamicsは、コンバットシム『DCS World』の最新フライトモジュール『DCS: F/A-18C Hornet』の早期アクセス版を2018年晩春にリリースすると発表し、予約販売を公式サイトにて開始しました。

F/A-18ホーネットは、高価で数の揃えにくいF-14を補完し、F-4やA-7などの任務の代わりを務められる空対空/空対地性能を持つ、米海軍のVFAX(海軍次期戦闘攻撃機)計画と、その後のNACF(海軍航空戦闘機)計画によって生まれたマルチロール機です。レーダーはAN/APG-73を、エンジンにはゼネラルエレクトロニクス製のF404-GE-402を2基搭載。コックピットには3枚のMFDを持っており、対地/対空戦や、SEAD(敵防空網制圧)、AGM-84 ハープーンやAGM-84E SLAMなどによる対艦攻撃など幅広い任務に対応できます。




機体の翼より機首に伸びるストレーキはLERX(Leading Edge Root Extension、前縁付け根延長)と呼ばれるもので、機体を大きく傾けた時に渦を発生させ気流が翼からはがれるのを抑えるものです(トレイラーでも渦が確認できる)。また、ストレーキ上にある出っ張りのLEXフェンスは、渦が垂直尾翼に直接当たらないようにするためのものです。過去に渦が直撃し続けたことによってクラックが発生し、問題になったことから取り付けられました。

このモジュールは、2000年代半ばの米海軍で運用された兵装やセンサーを再現しており、ボーイングの協力によってリアルなサウンドも収録。他にVRも対応しています。

エンジン始動から離陸までの紹介映像。バッテリーONからAPU(補助動力装置)を始動し、右のエンジンを回転させアビオニクスを起動。続いて左エンジンを回転させ、各種チェック/設定後滑走路をタキシングし離陸するという内容。

早期アクセス期間中に、JHMCSやLink 16によるデータリンクやターゲティングポッドを実装予定。加えて武装では、AGM-84 ハープーン/AGM-84H SLAM-ER/AGM-88 HARM/AGM-65 マーベリック/AGM-154 JSOW/AIM-9X/AIM-120の比較的最新の対空/対地/対艦ミサイルが登場予定。またディスプレイの表示ページに自動着艦なども追加予定です。




『DCS: F/A-18C Hornet』は早期アクセス版を2018年晩春にリリース予定。価格は、早期アクセス版リリースまでの期間限定で79.99ドルより20%OFFの59.99ドルで販売中です。
《G.Suzuki》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『天穂のサクナヒメ』開発者を爆笑させた“肥溜め保存”がついに修正―未使用ボイスの実装、犬と猫の同時抱っこなど嬉しい追加要素も

    『天穂のサクナヒメ』開発者を爆笑させた“肥溜め保存”がついに修正―未使用ボイスの実装、犬と猫の同時抱っこなど嬉しい追加要素も

  2. 『CoD:Warzone』見えにくかった真っ黒な有料スキンが修正される―コミュニティの声を受け2度目のナーフ

    『CoD:Warzone』見えにくかった真っ黒な有料スキンが修正される―コミュニティの声を受け2度目のナーフ

  3. リアル系FPSシリーズ1作目『Arma: Cold War Assault』が6月25日午前3時まで無料配布中!

    リアル系FPSシリーズ1作目『Arma: Cold War Assault』が6月25日午前3時まで無料配布中!

  4. 『Apex Legends』次回アプデで「スカルタウン」の復活が示唆!パッチノートは6月25日公開

  5. ゾンビ退治にこいつらは欠かせない!『Zombie Army 4: Dead War』に『Left 4 Dead』キャラクターが参戦するDLC登場

  6. 海外YouTuber『GTA V』次世代機版を想定した8K動画を作成ー実在企業を追加するmodも開発

  7. 『マインクラフト』ソニック30周年を祝うDLC「Sonic the Hedgehog」配信スタート

  8. サマーセールの開催近づく!Steamのデータベースにミステリーカードが登録

  9. 『オーバーウォッチ』ついにクロスプレイ実装!新イベント「アッシュのデッドロック・チャレンジ」も本日より開催

  10. 『ニーア オートマタ』世界累計出荷・ダウンロード販売本数が600万本を突破―わずか5ヶ月で50万も記録更新

アクセスランキングをもっと見る

page top