ゲーマー女子とタンクトップおじさんは雪山でゲーム映像をキャプれるか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲーマー女子とタンクトップおじさんは雪山でゲーム映像をキャプれるか

Game*Spark編集部は、過酷な環境で「ゲーム映像をキャプれるのか」を検証するべく、アバーメディアの新型キャプチャデバイス「BU110」を使った実験に挑戦しました。

Game*Spark PR
ゲーマー女子とタンクトップおじさんは雪山でゲーム映像をキャプれるか
  • ゲーマー女子とタンクトップおじさんは雪山でゲーム映像をキャプれるか
  • ゲーマー女子とタンクトップおじさんは雪山でゲーム映像をキャプれるか
  • ゲーマー女子とタンクトップおじさんは雪山でゲーム映像をキャプれるか
  • ゲーマー女子とタンクトップおじさんは雪山でゲーム映像をキャプれるか
  • ゲーマー女子とタンクトップおじさんは雪山でゲーム映像をキャプれるか
  • ゲーマー女子とタンクトップおじさんは雪山でゲーム映像をキャプれるか
  • ゲーマー女子とタンクトップおじさんは雪山でゲーム映像をキャプれるか
  • ゲーマー女子とタンクトップおじさんは雪山でゲーム映像をキャプれるか

日頃からGame*Sparkに目を通しているハードコアゲーマーの皆様でしたら、きっと誰しもが「雪山」へのロマンを胸に抱いていることでしょう。古のドラゴンが待つ山頂を目指したり、殺人事件が起こるペンションで推理を巡らせたり、イカツい銃器を振り回して猛獣やイエティとドンパチ戦ったり……。お察しの通り、洋ゲ―和ゲー問わず、名作ゲームには美しい「雪山」が付き物。多くの物語の舞台になる「雪山」には、特別な魅力が秘められているのです。

Game*Spark編集部は、過酷な環境で「ゲーム映像をキャプれるのか」を検証するべく、アバーメディアの新型一眼レフ・ビデオカメラ向けキャプチャデバイス「BU110」を使った実験にトライ。「山奥」「アルパカ牧場」に続く第3弾として、Twitchストリーマーのmaskoさんの協力を得ながら、雪が降り積もる山中での動画キャプチャーに挑戦してみました。




やってきたのは群馬県沼田市の「たんばらスキーパーク」。ゲレンデはもちろんお客さんがいっぱいで賑わっていましたが、少し離れると『スカイリム』さながらの絶景も見られます。


こちらが今回使用するキャプチャデバイス「BU110」のパッケージ。


てのひらサイズのこのデバイスは、1080p/60fpsの録画・ライブ配信に対応。HDMI出力ができるカメラと接続して、美しい映像を生配信できるシロモノです。


そんなわけで早速、雪山での生配信に挑戦。次のような形でセッティングしてもらいました。



今回は「デジタル一眼レフカメラ」「スマートフォン」そして「BU110」の3つのデバイスを接続。若干大掛かりに見えるかもしれませんが、「BU110」はご覧の通りのサイズ感で、その重さは82gほど。デジイチを入れても、女性が片手で扱えるほどの重量に収まります。


スマートフォンのインカメラを利用した「自撮りPicture In Picture」も可能。「BU110」とスマートフォンをUSB Type-Cケーブルで接続し、カメラから伸びるHDMIケーブルを「BU110」に繋いで入力しています。


Picture In PictureにはAndroidアプリ「CameraFi Live」を使用(対象機種はこちら)。このような形で、映像内に「自撮りワイプ」を挿入してみています。イベント会場や街中のレポートにも使えそうですね。


「BU110」が使用可能な温度は「0~50度」ですが、パラパラと雪が降り始めた雪山の中でも無事に動作できました。ひととおり準備も完了したところで、早速maskoさんに生配信に挑戦してもらいます。実際に雪山で撮影した映像はこちらです!


……お分かりいただけたでしょうか。


Game*Spark編集部は「BU110」での野外撮影中、偶然にもかの有名な「タンクトップおじさん」と遭遇。Wikipediaやオカルト系ブログ、コンビニで売っている「謎のUMA大百科」的な雑誌でしか見たことのない彼の貴重な姿を収めることができました……。



タンクトップおじさんに突然キムチ鍋を振る舞われたmaskoさん。「スカイリムでもこんなことは起きない」「ビッグフットはフェイクだったはず……」とうわ言を並べることしかできなかった編集部の面々ですが、maskoさんは持ち前の胆力で打ち解けることに成功。今回の実験に付き合ってもらえるよう説得してもらいました。


ということで、タンクトップおじさんを仲間に加えた編集部一行は室内に戻り、「BU110」とニンテンドースイッチを接続したゲーム映像のキャプチャーにも挑戦。maskoさんとタンクトップおじさんに『マリオカート8 デラックス』をプレイしてもらいました。今回はニンテンドースイッチ本体(TVモード)と「BU110」、スマートフォンを接続し、4G回線で配信。非WiFi環境下のためネットワークは若干不安定でしたが、キャプチャーした映像のラグは少なく、スマホを画面にしながらも問題なくプレイできています。

YouTube:https://youtu.be/qdmXcVxv894
プレイの結果、タンクトップおじさんがmaskoさんを打ち負かして見事1位に。タンクトップの隙間からマリオサーキット(SFC版)柄のタトゥーをチラつかせる、威圧的ダーティープレーで勝利を手にしました。



完膚無きまでにmaskoさんを叩きのめしたタンクトップおじさんは、どうやら動画の出来にも満足したらしく、笑顔で雪山へと帰りました。「今までは『マリカー』とキムチ鍋の素しか話し相手がいなかった。でも……」とつぶやく彼の瞳に「BU110」が映っていたのは、敢えて語ることでもないでしょう。



……といった具合に雪山でもゲーム動画をキャプれる「BU110」は、27,000円前後(税抜)で発売中。いつでもどこでもゲーム映像をキャプチャーしたい方やPicture in Pictureでのワイプ機能を駆使してみたい方はこちらからチェックしてみてはいかがでしょうか!


(取材協力:たんばらスキーパーク
《Game*Spark》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 33 件

編集部おすすめの記事

特集

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

    【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

  2. 初心者でも動画で分かる『LoL』Topレーンの戦い方(ダリウス編)

    初心者でも動画で分かる『LoL』Topレーンの戦い方(ダリウス編)

  3. 【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

    【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

  4. 【特集】生き物大好き!『動物が出てくる名作ゲーム』10選

  5. 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?(11/7更新)

  6. 【PUBG攻略】初心者に捧げるドン勝宅配便!覚えておきたい小ネタ・豆知識編

  7. グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

  8. 超硬派アドベンチャー『OBDUCTION』を今から遊ぶべき5つの理由

  9. 【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選

  10. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

アクセスランキングをもっと見る

page top