映画版『コール・オブ・デューティー』に「ボーダーライン」続編監督が起用か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

映画版『コール・オブ・デューティー』に「ボーダーライン」続編監督が起用か

Activision Blizzardが、映画版『コール・オブ・デューティー(Call of Duty)』監督として、ステファノ・ソッリマを起用するべく交渉を進めていると、海外メディアより報じられています。

ゲーム文化 カルチャー
YouTube:https://youtu.be/ksa_L2OJ1QY
ステファノ・ソッリマ監督作「暗黒街」(2017)

Activision Blizzardが、映画版『コール・オブ・デューティー(Call of Duty)』監督として、ステファノ・ソッリマを起用するべく交渉を進めていると、海外メディアより報じられています。

ステファノ・ソッリマは映画「暗黒街」で知られるイタリア人映画監督。VarietyによればActivision Blizzard担当者から公式なコメントは寄せられなかったとのことですが、「ボーダーライン」続編「Sicario 2: Soldado」も手がけるソッリマ監督がメガホンを取ることになれば、ゲーマーに留まらない大勢の映画ファン層にとっても刺激的な銀幕デビューとなりそうです。

「マーベル級の世界構築」を目指していることで話題になっていた映画版『CoD』。第1作めは2018年にも公開予定と伝えられていましたが、その詳細は依然として明かされていません。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 小島監督とノーマン・リーダスがトライベッカ映画祭トークイベントに出演決定―『デススト』を語る

    小島監督とノーマン・リーダスがトライベッカ映画祭トークイベントに出演決定―『デススト』を語る

  2. 赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は

    赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は"戦争にもルールがあることを知らせるため"

  3. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

    『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  4. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  5. 個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

  6. ウソじゃない『Portal』のケーキを1から手作りする本格的お料理動画が公開

  7. 『Marvel's Spider-Man』コミカライズが海外で開始―キングピンとの死闘が描かれる冒頭4ページが公開

  8. サイバーパンクなトリップFPS『Project Downfall』早期アクセス開始!ゴロツキ共に正義の鉄槌を

  9. 『モータルコンバット』科学検証番組第3弾―サブゼロの氷の斧で物は切れるのか?

  10. 『DEATH STRANDING』は既にPS4で動作―小島監督がトライベッカで語る

アクセスランキングをもっと見る

1
page top