ユービーアイ製ゲームを最も好むのはPS4ユーザー?機種/地域別セールス統計―2017年度第3四半期業績 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ユービーアイ製ゲームを最も好むのはPS4ユーザー?機種/地域別セールス統計―2017年度第3四半期業績

ニュース 発表

ユービーアイ製ゲームを最も好むのはPS4ユーザー?機種/地域別セールス統計―2017年度第3四半期業績
  • ユービーアイ製ゲームを最も好むのはPS4ユーザー?機種/地域別セールス統計―2017年度第3四半期業績
  • ユービーアイ製ゲームを最も好むのはPS4ユーザー?機種/地域別セールス統計―2017年度第3四半期業績
  • ユービーアイ製ゲームを最も好むのはPS4ユーザー?機種/地域別セールス統計―2017年度第3四半期業績
  • ユービーアイ製ゲームを最も好むのはPS4ユーザー?機種/地域別セールス統計―2017年度第3四半期業績
ユービーアイソフトは、2017年度第3四半期の業績を発表し、その中で同時期におけるプラットフォームや地域別セールスの統計を公表しています。

発表によると、2017年度第3四半期の地域別売り上げの割合はヨーロッパが39%、北アメリカが47%、その他が14%。前年同時期と比べてみると、ヨーロッパが3%減少し、代わりに北アメリカが3%上昇した結果になっています。

また、2017年度第3四半期のプラットフォーム別売り上げはPS4が44%、Xbox Oneが25%、PCが15%、ニンテンドースイッチが6%、XBOX 360/PS3/ Wii/ Wii Uが4%、モバイルなどその他が6%となっており、PS4ユーザーが最もユービーアイソフト製のゲームタイトルを購入していることがわかります。

前年同時期のプラットフォーム別売り上げと比較すると、PS4が46%、Xbox Oneが26%、PCが13%、XBOX 360、PS3、 Wii、 Wii Uが10%、その他が5%とあまり変化がないように見えます。しかし、前年はニンテンドースイッチ自体が発売されていなかったこと、そしてスイッチ本体の販売が好調であることを考えると、今後、プラットフォーム別のソフト販売比率に変化が現れる可能性は十分にあるかもしれません。

そのほか、今回の発表の詳細については、公式サイト(英語)からご覧ください。
《吉河卓人》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 23 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

    スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

  2. 噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

    噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

  3. 米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

    米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

  4. 米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

  5. 『ゼルダの伝説 BotW』がGOTYを獲得! 第21回「D.I.C.E. Awards」受賞作品リスト

  6. 不定形エイリアンとなって人間を襲う逆ホラーゲーム『Carrion』発表! 強烈なビジュアルが刺激的

  7. PS4/XB1向けリマスター『Burnout Paradise Remastered』発表! 高解像度テクスチャや4Kにも対応

  8. 米トランプ大統領「映画やゲームには規制が必要だ」―パークランド銃撃事件受け

  9. 54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

  10. 硬派中世RPG『Kingdom Come: Deliverance』100万本セールスを突破

アクセスランキングをもっと見る

page top