海外プログラマーがスイッチJoy-Conの振動で自身の腫瘍を早期発見ー海外報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外プログラマーがスイッチJoy-Conの振動で自身の腫瘍を早期発見ー海外報道

海外のプログラマーである男性が、ニンテンドースイッチのJoy-コンから発される振動によって自身の腫瘍を発見したことが海外メディアのkotakuから報じられています。

ゲーム文化 カルチャー
海外プログラマーがスイッチJoy-Conの振動で自身の腫瘍を早期発見ー海外報道
  • 海外プログラマーがスイッチJoy-Conの振動で自身の腫瘍を早期発見ー海外報道
  • 海外プログラマーがスイッチJoy-Conの振動で自身の腫瘍を早期発見ー海外報道
  • 海外プログラマーがスイッチJoy-Conの振動で自身の腫瘍を早期発見ー海外報道

海外のプログラマー男性が、ニンテンドースイッチJoy-Conから発される振動によって自身の腫瘍を発見したと海外メディアのKotakuから報じられています。

報道によると、今回自身の腫瘍を発見したのはシドニー在住で28歳のプログラマーであるChris氏という名の男性。同氏は昨年3月にニンテンドースイッチを手に入れて『マリオカート8 デラックス』をプレイしていたところ、コインを拾った時に起こるJoy-Conの振動で、右手の手のひらから人差し指の第一関節にかけて激しい痛みが走ることに気づきました。しかし、スイッチのプレイ中にしか痛まないことや、当時仕事が忙しかったこともあり、単なるストレス性の症状だと思い込んでそのまま放置していたとのことです。

ですが、数週間経っても痛みがなくならない上に、Xbox Oneのコントローラーでは痛みが発生せず、さらに該当の箇所に覚えのない傷跡まで出来ていたことに気づいた同氏は遂に医師に相談。しかし、この時点では仕事中に手を使うことを気を付けるよう注意されたのみでした。

そしてさらに6か月後、同氏はスイッチをプレイしていない状態でも手を動かすと痛みを感じるようになり、改めて医師に相談したところ、検査の末に原因が腫瘍であることが判明。しかも、5%の確率ではあるものの癌の可能性があることも明らかになりました。

Chris氏は、既に腫瘍を手術によって切除済みしましたが、同氏はスイッチがなければ更に数か月後に手に異常が出るまで病院には行かなかっただろうとコメントしています。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 油彩画のようなビジュアルのオープンワールドRPG新作『DISCO ELYSIUM』配信日決定!

    油彩画のようなビジュアルのオープンワールドRPG新作『DISCO ELYSIUM』配信日決定!

  2. 実は小島監督も参加していた!?『DEATH STRANDING』実写再現映像の撮影舞台裏が公開

    実は小島監督も参加していた!?『DEATH STRANDING』実写再現映像の撮影舞台裏が公開

  3. Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除

    Valve、ドイツ規制機関の報告を受けSteamからナチス関連の壁紙やユーザープロファイルを削除

  4. Netflixドラマ「ウィッチャー」の最終予告編がお披露目―ローチに触るな!

  5. Ninjaが海外の料理YouTubeチャンネルに出演!プロ料理人と共にサンドイッチ作りに励む

  6. 「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

  7. ぽっちゃりサムが必死に荷物を運ぶ『DEATH STRANDING』実写再現映像が公開!

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. e-Sportsの法規制における現状の課題と経過、そしてビジネス活用法とは?「eSPORTS TRINITY」講演レポ

  10. 輸送シム『Transport Fever 2』がSteamで配信開始!3つの大陸で陸路、海路、空路をマネージメント

アクセスランキングをもっと見る

page top