海外スタジオが『モンハン:ワールド』スイッチ移植に意欲―カプコン制作チームにラブコール | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外スタジオが『モンハン:ワールド』スイッチ移植に意欲―カプコン制作チームにラブコール

カプコンの人気ハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』。同社の元ディレクターがCEOを務める海外のゲームスタジオIron Galaxy Studiosは、同作の制作チームに対し、技術的に困難とされているニンテンドースイッチへの移植をツイッター上で提案しています。

ニュース ゲーム業界
海外スタジオが『モンハン:ワールド』スイッチ移植に意欲―カプコン制作チームにラブコール
  • 海外スタジオが『モンハン:ワールド』スイッチ移植に意欲―カプコン制作チームにラブコール

カプコンの人気ハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』。海外のゲームスタジオIron Galaxy Studiosは、同作の制作チームに対し、技術的に困難とされているニンテンドースイッチへの移植をツイッター上で提案しています。

今回ツイッター上で提案を行ったのはIron Galaxy StudiosのCEOであるAdam Boyes氏。カプコンの元制作ディレクターで、2016年までソニー・インタラクティブエンタテインメントにも勤めていた同氏はカプコンと『モンスターハンター:ワールド』の制作チームに対し、海外メディアであるkotakuの記事を引用しつつ「『モンスターハンター:ワールド』をニンテンドースイッチへ移植することが困難なのは理解しているが、Iron Galaxy Studiosならきっとやれる。ぜひ挑戦させてほしい、失望はさせない」と投稿しています。

これに対し、記事執筆現在カプコン並びに『モンスターハンター:ワールド』の制作チームからは回答がなされていないものの、海外メディアのGame N Guidesからは同作の海外ファンが好意的な反応を見せており、両社の協力を求める声が上がっていることが報じられています。
《吉河卓人》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 「サイバーパンク エッジランナーズ」好きなキャラ調査は意外な結果に―TRIGGER社長がCD PROJEKT本社へ潜入した動画公開

    「サイバーパンク エッジランナーズ」好きなキャラ調査は意外な結果に―TRIGGER社長がCD PROJEKT本社へ潜入した動画公開

  2. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  3. 『FF7 リバース』クリアまでコントローラーを手放したくない!「フィールド」「バトル」「ストーリー」に衝撃を受け、30時間が一瞬で溶けた【プレイレビュー】

    『FF7 リバース』クリアまでコントローラーを手放したくない!「フィールド」「バトル」「ストーリー」に衝撃を受け、30時間が一瞬で溶けた【プレイレビュー】

  4. Ryzen 9搭載のミニPCがAmazonで24%オフセール。64GBメモリ&1TB SSDで9万円切り

  5. 『ELDEN RING』の商標権がフロム・ソフトウェアに譲渡されていたと海外で話題に―ゲームそのものの譲渡とは別との見解も

  6. 【PC版無料配布開始】『Wreckfest』開発元による破壊表現と珍競技が特徴のレースシリーズ初作『FlatOut』セール開催中のGOGにて

  7. 『ヘブンバーンズレッド』はなぜ大ブレイクしたのか―2周年を迎え、まだまだ盛り上がりをみせる本作の魅力に迫る!

  8. 古代アジアサバイバル『Myth of Empires』と恐竜サバイバル『ARK』、ソースコード盗用疑惑訴訟の和解が成立―『Myth of Empires』2024年の再リリースにはSnail Gamesも全面協力へ

  9. ナホビノの勇姿がまた見られる?韓国審査機関に『真・女神転生V』新バージョン一時登録の報で、ウワサ深まる…

  10. リズムアクション『Hi-Fi RUSH』や海賊ゲー『Sea of Thieves』など!他プラットフォームに展開される4つの「Xbox向けタイトル」の詳細が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top