海外スタジオが『モンハン:ワールド』スイッチ移植に意欲―カプコン制作チームにラブコール | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外スタジオが『モンハン:ワールド』スイッチ移植に意欲―カプコン制作チームにラブコール

カプコンの人気ハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』。同社の元ディレクターがCEOを務める海外のゲームスタジオIron Galaxy Studiosは、同作の制作チームに対し、技術的に困難とされているニンテンドースイッチへの移植をツイッター上で提案しています。

ニュース ゲーム業界
海外スタジオが『モンハン:ワールド』スイッチ移植に意欲―カプコン制作チームにラブコール
  • 海外スタジオが『モンハン:ワールド』スイッチ移植に意欲―カプコン制作チームにラブコール

カプコンの人気ハンティングアクション『モンスターハンター:ワールド』。海外のゲームスタジオIron Galaxy Studiosは、同作の制作チームに対し、技術的に困難とされているニンテンドースイッチへの移植をツイッター上で提案しています。

今回ツイッター上で提案を行ったのはIron Galaxy StudiosのCEOであるAdam Boyes氏。カプコンの元制作ディレクターで、2016年までソニー・インタラクティブエンタテインメントにも勤めていた同氏はカプコンと『モンスターハンター:ワールド』の制作チームに対し、海外メディアであるkotakuの記事を引用しつつ「『モンスターハンター:ワールド』をニンテンドースイッチへ移植することが困難なのは理解しているが、Iron Galaxy Studiosならきっとやれる。ぜひ挑戦させてほしい、失望はさせない」と投稿しています。

これに対し、記事執筆現在カプコン並びに『モンスターハンター:ワールド』の制作チームからは回答がなされていないものの、海外メディアのGame N Guidesからは同作の海外ファンが好意的な反応を見せており、両社の協力を求める声が上がっていることが報じられています。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』がGOTY!「Golden Joystick Awards 2019」受賞作品リスト ― 生涯功労賞は鈴木裕氏

    『バイオハザード RE:2』がGOTY!「Golden Joystick Awards 2019」受賞作品リスト ― 生涯功労賞は鈴木裕氏

  2. オープンワールドサバイバル『Rust』Xbox One版に続きPS4版も発表!

    オープンワールドサバイバル『Rust』Xbox One版に続きPS4版も発表!

  3. Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

    Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

  4. 『聖剣伝説3 TRIALS of MANA』プレイヤーを迷わせる魅力的な力「クラス3」の情報が公開!光と闇の計4クラス…君はどれを選ぶ?

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『DEATH STRANDING』コレクターズエディション開封の儀!BBポッドの圧倒的存在感、小旅行にも使えるBRIDGESケースなどが同梱

  7. 『FF7 リメイク』マテリアや召喚獣を加えたバトルシステムを公開!対アプス戦の映像で新要素をまとめてチェック

  8. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  9. 『ボーダーランズ3』最新ホットフィックスを配信―血まみれ収穫祭は12月5日まで

  10. Amazonパントリーキャンペーンの賞品に『ポケモン ソード・シールド』200本が追加!

アクセスランキングをもっと見る

page top