Valve新作CCG『Artifact』はF2PでもPay to Winでもない―『MtG』デザイナーも制作に関与 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve新作CCG『Artifact』はF2PでもPay to Winでもない―『MtG』デザイナーも制作に関与

Valveは、同社の人気MoBA『Dota2』の世界観をベースにした新作CCG『Artifact』のお披露目発表会を開催、幾つかの詳細を明らかにしました。

ニュース 発表
Valve新作CCG『Artifact』はF2PでもPay to Winでもない―『MtG』デザイナーも制作に関与
  • Valve新作CCG『Artifact』はF2PでもPay to Winでもない―『MtG』デザイナーも制作に関与
Valveは、同社の人気MoBA『Dota2』の世界観をベースにした新作CCG『Artifact』のお披露目発表会を開催、幾つかの詳細を明らかにしました。

海外メディアPCGamesNによると、Valveのトップ、ゲイブ・ニューウェル氏は本作について、「Pay to Win」から離れるため、他の類似カードゲームと異なり、基本無料タイトルのスタイルではないとしました。マイクロトランザクションの導入については、その収入が『Dota2』同様、e-Sports大会における賞金のプールに。また、Steamマーケットプレイスを用いた、いわゆる物理的なカードゲームに近い売買システムや、トレードの存在も示唆しています。

Valveは、カードパックの開封がゲームを続けるための“定期的な家賃”のようなものになってはいけないとし、「ドラフト」や「シールドデッキ」などのプレイモードも用意されるようです。

そして『Artifact』の開発には「マジック・ザ・ギャザリング」や「デュエル・マスターズ」のデザイナーとして知られるリチャード・ガーフィールド氏が参加。同作は既に多くのプロカードゲームプレイヤーを交えた、いわゆる“クローズドベータ”段階であり、e-Sports的な動きも強く見据えているとのこと。すべてのスキルレベルを対象にした自動トーナメントと、プロトーナメントイベントがそれぞれ行われる模様で、2019年Q1には賞金100万ドルのトーナメントが予定されています。

なお、同作は『Dota2』の世界観をベースにしているものの、その決定は後になされたこともあり、逆に『Dota2』の世界観を拡張するものとなっていると説明。『Artifact』から『Dota2』へと登場するヒーローも存在するとしました。

『Artifact』は2018年内リリース予定。対応プラットフォームについてはまだ明らかにされていません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ナイトメアの予兆?『レッド・デッド・オンライン』で「ゾンビ」の目撃情報が相次ぐ

    ナイトメアの予兆?『レッド・デッド・オンライン』で「ゾンビ」の目撃情報が相次ぐ

  2. ポストソビエトなオープンワールドMMORPG『Stalker Online』が今秋Steam配信予定

    ポストソビエトなオープンワールドMMORPG『Stalker Online』が今秋Steam配信予定

  3. 『GOD EATER 3』無料アップデートVer.2.00配信開始!クレアに注目した新エピソード「過去との邂逅」を追加

    『GOD EATER 3』無料アップデートVer.2.00配信開始!クレアに注目した新エピソード「過去との邂逅」を追加

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. おとぎ話のような世界を自由に旅するTMORPG『Book of Travels』発表!『Shelter』シリーズ開発元新作【TGS2019】

  6. 新作ローグライク『MISTOVER』発表!『TERA』『PUBG』のKRAFTONが開発

  7. これこそクレイジー? タクシー運転手シム新作『Taxi Simulator』発表!

  8. 新作トラック運転シミュレーター『Truck Driver』がPC/PS4/XboxOne向けに発表!

  9. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  10. 机の上に小さな工場を建設する『Little Big Workshop』発表! 色々な製品を製造して出荷しよう

アクセスランキングをもっと見る

page top