『ウィッチャー』シリーズが全世界3,300万本セールスを突破、『グウェント』「GoG.com」も好調―CDPR業績報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ウィッチャー』シリーズが全世界3,300万本セールスを突破、『グウェント』「GoG.com」も好調―CDPR業績報告

CD Projekt Redは 2017会計年度における業績報告を発表し、『ウィッチャー』シリーズのセールス記録が全世界で3,300万本を突破したことを明かしました。

ニュース ゲーム業界
『ウィッチャー』シリーズが全世界3,300万本セールスを突破、『グウェント』「GoG.com」も好調―CDPR業績報告
  • 『ウィッチャー』シリーズが全世界3,300万本セールスを突破、『グウェント』「GoG.com」も好調―CDPR業績報告
YouTube:https://youtu.be/nlYXBQ3j2zc

CD Projekt Redは 2017会計年度における業績報告を発表し、『ウィッチャー』シリーズのセールス記録が全世界で3,300万本を突破したことを明かしました。

報告によれば、『ウィッチャー』『ウィッチャー2 王の暗殺者』『ウィッチャー3 ワイルドハント』を始めとしたシリーズ作品のセールス記録は、第1作目の販売から10年が経つ2017年末までで、合計3,300万本を超えたとのこと。特に『ウィッチャー3』の販売数は再び増加し、前年度を上回っていたことも明かされています。

また、CDPRはFY2017において売上高4億6,300万ポーランドズウォティ(約143億円)、純利益2億ポーランドズウォティ(約62億円)を達成。3年連続で高い純利益率を維持し、同会計年度では43%に達したと伝えています。GoG.com部門および『グウェント』も好調で、CDPRのグループとしての収益に特に影響したということです。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. マイクロソフトがベセスダ・ソフトワークスの親会社ZeniMax Mediaを買収…金額は約7,843億円【UPDATE】

    マイクロソフトがベセスダ・ソフトワークスの親会社ZeniMax Mediaを買収…金額は約7,843億円【UPDATE】

  2. AppleがEpic Gamesの訴訟を『フォートナイト』の人気低迷による“炎上商法”だと主張―Epicはデータを挙げて反論

    AppleがEpic Gamesの訴訟を『フォートナイト』の人気低迷による“炎上商法”だと主張―Epicはデータを挙げて反論

  3. 『スカルガールズ』Lab Zero Games元開発者らが新スタジオ「Future Club」設立―すでに新作の計画も?

    『スカルガールズ』Lab Zero Games元開発者らが新スタジオ「Future Club」設立―すでに新作の計画も?

  4. 『No Man's Sky』新たなアップデート「Origins」発表―詳細情報は来週配信時に公開

  5. 「GeForce RTX 30」シリーズ発表!「3070」は79,980円から―「3080」を皮切りに9月17日より順次発売

  6. Epic Gamesストアにて『ウォッチドッグス2』『Football Manager 2020』『Stick It To The Man!』期間限定無料配信開始

  7. 『スカルガールズ』のLab Zero Games、スタッフほぼ全員がレイオフ―パワハラ・セクハラ等渦中のCEO判断

  8. PLAYISM取り扱いSteam作品のセール開始―『ジラフとアンニカ』『Bright Memory』などが対象

  9. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top