『GTA V』は「史上最大のエンタメ作品」…売上規模は「スター・ウォーズ」など大作映画を遥かに凌ぐ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GTA V』は「史上最大のエンタメ作品」…売上規模は「スター・ウォーズ」など大作映画を遥かに凌ぐ

海外金融メディアの報道より、『Grand Theft Auto V』は2013年のリリースから9,000万本セールスを突破し、Take-Two Interactiveの総売上高は60億ドル近くに達していることが明らかになりました。

ニュース ゲーム業界
『GTA V』は「史上最大のエンタメ作品」…売上規模は「スター・ウォーズ」など大作映画を遥かに凌ぐ
  • 『GTA V』は「史上最大のエンタメ作品」…売上規模は「スター・ウォーズ」など大作映画を遥かに凌ぐ
海外金融メディアの報道より、『Grand Theft Auto V』は2013年のリリースから9,000万本セールスを突破し、Take-Two Interactiveの総売上高は60億ドル近くに達していることが明らかになりました。

COWENのアナリストDoug Creutz氏がMarketWatchに語ったところによると、『GTA V』が収めたこの売上は映画「スター・ウォーズ」シリーズの各作品や「風と共に去りぬ」に代表されるヒット映画が記録した30億ドル以上(現在の紙幣価値に換算)を遥かに上回っているとのこと。DVDやストリーミングなどいくつかのプラットフォームを考慮しても、ブロックバスター級の映画でさえ『GTA V』のセールス記録には匹敵しないとも伝えられています。

『GTA V』内でプレイできる『GTA Online』は現在も継続してアップデートが配信され、先日には2人1組の新モード「ターゲットアサルトレース」が実装されていました。海外アナリストは『GTA Online』にも注目し、「人々がオンライン要素にお金を費やすことでRockstar Gamesは更なるコンテンツ開発に取り組めて、プレイヤーの支出が増える」と好循環が生じていることを示しています。
《キーボード打海》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 34 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  2. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

    『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  3. アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

    アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

  4. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  5. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  6. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  7. シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作移植版

  8. 「Momodora」開発元による横スクロールアクション『Minoria』発表―手描きとトゥーンレンダリングの融合作品

  9. 【e-Sportsの裏側】追求し、共感を受けて、そして今の僕がいる。プロゲーマーPunkインタビュー

  10. 『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

アクセスランキングをもっと見る

page top