SNSでゲームクリエイター達が開発テクを告白、『FEZ』の小ネタや『バイオショック インフィニット』の意外な秘話も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SNSでゲームクリエイター達が開発テクを告白、『FEZ』の小ネタや『バイオショック インフィニット』の意外な秘話も

インディーゲームスタジオVlambeerのクリエイターがTwitterで「個人的に使ってるゲーム開発の小ネタ」を募集し、『バイオショック インフィニット』や『FEZ』を始めとしたゲームの開発秘話が多数寄せられています。

ゲーム機 技術
SNSでゲームクリエイター達が開発テクを告白、『FEZ』の小ネタや『バイオショック インフィニット』の意外な秘話も
  • SNSでゲームクリエイター達が開発テクを告白、『FEZ』の小ネタや『バイオショック インフィニット』の意外な秘話も

インディーゲームスタジオVlambeerのクリエイターがTwitterで「個人的に使ってるゲーム開発の小ネタ」を募集し、『バイオショック インフィニット』や『FEZ』を始めとしたゲームの開発秘話が多数寄せられています。

Rami Ismail氏のツイートに反応した『FEZ』開発スタッフは、同作の昼夜サイクルをとても小さなテクスチャとフィルタリングした低速なスキャンで実現したと、開発時に使った小ネタを明かしました。


その他にも多数のインディーゲームクリエイターから返信が寄せられ、「銃の先端から上手く弾を発射できなかったので、弾が出る場所に小さなオブジェクトを追加して隠した」「絵が下手なので、コードを使ってシェーダーでアートピースを呼び出すようにしがち」といったものから、ゲームジャムで「10秒間のタイマー」が必要になった際、40%の低速化と浮動小数点数を追加して「実際には10秒ではなかったが誰も気付かなかった」というエピソードなどが披露されました。


更に、『バイオショック インフィニット』参加スタッフによれば、建築物として制作したちょっとしたパーツ(ほぼ装飾用)は、レベルデザイナーによって「飛空艇」や「エレベーター」、移動用通路などに変えられていたのだとか。最終的には「開発中の小ネタ・テク」というよりも「実際の作品要素」になったということですが、印象的な飛行都市の出自に驚きを隠せない方もいるのではないでしょうか。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. ついに「PCエンジン mini」発売決定!32年の時を経て懐かしの人気ハードが帰ってくる

    ついに「PCエンジン mini」発売決定!32年の時を経て懐かしの人気ハードが帰ってくる

  2. コモドール64復刻版「The C64」が海外で12月5日リリース決定!HD画質やBASICプログラミングにも対応

    コモドール64復刻版「The C64」が海外で12月5日リリース決定!HD画質やBASICプログラミングにも対応

  3. VRでスパイダーマン体験『Spider-Man: Far From Home Virtual Reality』無料で配信開始

    VRでスパイダーマン体験『Spider-Man: Far From Home Virtual Reality』無料で配信開始

  4. 新小型コンピュータ「Raspberry Pi 4」登場!―大幅スペックアップ、デュアル4Kサポートも

  5. 80年代ノスタルジー満載の新作VRゲーム『Duck Season』配信開始!―スピルバーグ的ホラー作品

  6. 『Portal』テーマのVRテックデモ『Aparture Hand Lab』配信―「Valve Index」なら指まで動かせる

  7. 「nasne」の出荷が終了へ…PS4やPC等でテレビ番組が録画・視聴できるネットワークレコーダー

  8. プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

  9. VR向け『Five Nights at Freddy's VR Help Wanted』の発売は5月28日に

  10. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

アクセスランキングをもっと見る

page top