SNSでゲームクリエイター達が開発テクを告白、『FEZ』の小ネタや『バイオショック インフィニット』の意外な秘話も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SNSでゲームクリエイター達が開発テクを告白、『FEZ』の小ネタや『バイオショック インフィニット』の意外な秘話も

インディーゲームスタジオVlambeerのクリエイターがTwitterで「個人的に使ってるゲーム開発の小ネタ」を募集し、『バイオショック インフィニット』や『FEZ』を始めとしたゲームの開発秘話が多数寄せられています。

ゲーム機 技術
SNSでゲームクリエイター達が開発テクを告白、『FEZ』の小ネタや『バイオショック インフィニット』の意外な秘話も
  • SNSでゲームクリエイター達が開発テクを告白、『FEZ』の小ネタや『バイオショック インフィニット』の意外な秘話も

インディーゲームスタジオVlambeerのクリエイターがTwitterで「個人的に使ってるゲーム開発の小ネタ」を募集し、『バイオショック インフィニット』や『FEZ』を始めとしたゲームの開発秘話が多数寄せられています。

Rami Ismail氏のツイートに反応した『FEZ』開発スタッフは、同作の昼夜サイクルをとても小さなテクスチャとフィルタリングした低速なスキャンで実現したと、開発時に使った小ネタを明かしました。


その他にも多数のインディーゲームクリエイターから返信が寄せられ、「銃の先端から上手く弾を発射できなかったので、弾が出る場所に小さなオブジェクトを追加して隠した」「絵が下手なので、コードを使ってシェーダーでアートピースを呼び出すようにしがち」といったものから、ゲームジャムで「10秒間のタイマー」が必要になった際、40%の低速化と浮動小数点数を追加して「実際には10秒ではなかったが誰も気付かなかった」というエピソードなどが披露されました。


更に、『バイオショック インフィニット』参加スタッフによれば、建築物として制作したちょっとしたパーツ(ほぼ装飾用)は、レベルデザイナーによって「飛空艇」や「エレベーター」、移動用通路などに変えられていたのだとか。最終的には「開発中の小ネタ・テク」というよりも「実際の作品要素」になったということですが、印象的な飛行都市の出自に驚きを隠せない方もいるのではないでしょうか。
《キーボード打海》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 『BF』ライクなVRFPS『WAR DUST | 32 vs 32 Battles』早期アクセス開始ー空中戦や戦車戦も楽しめる

    『BF』ライクなVRFPS『WAR DUST | 32 vs 32 Battles』早期アクセス開始ー空中戦や戦車戦も楽しめる

  2. あの「シャークネード」が遂にVRゲーム化!『Sharknado VR: Eye of the Storm』Steamストアページ登場

    あの「シャークネード」が遂にVRゲーム化!『Sharknado VR: Eye of the Storm』Steamストアページ登場

  3. スタンドアロンVR「Vive Focus」国内発売決定!「Vive Pro」のスターターキットも上陸

    スタンドアロンVR「Vive Focus」国内発売決定!「Vive Pro」のスターターキットも上陸

  4. 「GeForce RTX 2070」第三者ゲームベンチマーク結果が公開―GTX1080比15%近い向上のケースも

  5. 純金とダイヤモンドで装飾されたPS4コントローラー登場―恐ろしくてレバガチャできない…【UPDATE】

  6. SteamVRにHTC Vive向けフレーム補間機能がベータ実装!低GPU性能環境でのVR快適度アップ

  7. 小型メガドラ互換機「Mega SG」海外発表―遅延なしの1080pアップスケール、メガCDとの併用にも対応

  8. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

  9. 『Atomic Heart』と同じ世界観のVRゲーム『Soviet Lunapark VR』早期アクセス!

  10. Oculus、“ゲーム向け”新スタンドアロンヘッドセット「Oculus Quest」発表!―6DOF対応、399ドル

アクセスランキングをもっと見る

page top