ポップな雰囲気が魅力の対戦リズムアクション『PHRASEFIGHT』【TOKYO SANDBOX 2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ポップな雰囲気が魅力の対戦リズムアクション『PHRASEFIGHT』【TOKYO SANDBOX 2018】

4月14日から15日まで開催されたインディーゲームイベント「TOKYO SANDBOX 2018」。超OKブースでは、対戦リズムアクション『PHRASEFIGHT』の展示が行われていました。

PC Windows
ポップな雰囲気が魅力の対戦リズムアクション『PHRASEFIGHT』【TOKYO SANDBOX 2018】
  • ポップな雰囲気が魅力の対戦リズムアクション『PHRASEFIGHT』【TOKYO SANDBOX 2018】
  • ポップな雰囲気が魅力の対戦リズムアクション『PHRASEFIGHT』【TOKYO SANDBOX 2018】
  • ポップな雰囲気が魅力の対戦リズムアクション『PHRASEFIGHT』【TOKYO SANDBOX 2018】
  • ポップな雰囲気が魅力の対戦リズムアクション『PHRASEFIGHT』【TOKYO SANDBOX 2018】
  • ポップな雰囲気が魅力の対戦リズムアクション『PHRASEFIGHT』【TOKYO SANDBOX 2018】
  • ポップな雰囲気が魅力の対戦リズムアクション『PHRASEFIGHT』【TOKYO SANDBOX 2018】

4月14日から15日まで開催されたインディーゲームイベントTOKYO SANDBOX 2018」。超OKブースでは、対戦リズムアクション『PHRASEFIGHT』の展示が行われていました。

同作は、対戦型のリズムアクションで、プレイヤーと対戦相手が、楽曲中、交互に流れる一連のノートをクリアしていき、楽曲終了後にその総合結果を競うもの。



ゲーム上の効果はないようですが、鳴る音が違う4つのボタンを上手く使い分けていくのも、相手へのプレッシャーとなるでしょう。対戦は対人戦の他、AI相手の勝ち抜きモードも存在しています。

YouTube:https://youtu.be/-WGm8wsTmUg

なお、本作はオンライン対戦は搭載されておらず、ローカル対戦のみ。これは「集まって遊んだ際の楽しさ」を重視したものとのこと。現在はPC版のみのリリースですが、今後ニンテンドースイッチへの移植も予定にあるそうなので、その際には更に楽しめるのではないでしょうか。




『PHRASEFIGHT』は、DLSite.comにて1,080円で配信中。今後Steamでの配信も予定していますが、英語版との同時リリースを予定しており、翻訳作業の計画を立てている最中であるとのことです。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 映画「プレデター」の非対称対戦『Predator: Hunting Grounds』発売に先駆けた無料トライアルが3月27日より開始!【UPDATE】

    映画「プレデター」の非対称対戦『Predator: Hunting Grounds』発売に先駆けた無料トライアルが3月27日より開始!【UPDATE】

  2. 『レインボーシックス シージ』ディレクターが「基本プレイ無料化」の可能性に言及―「いつか、誰もがアクセスできるように」

    『レインボーシックス シージ』ディレクターが「基本プレイ無料化」の可能性に言及―「いつか、誰もがアクセスできるように」

  3. 『龍が如く0 誓いの場所』MSストアPC版/シリーズ初となるXbox One版が発売!

    『龍が如く0 誓いの場所』MSストアPC版/シリーズ初となるXbox One版が発売!

  4. 『The Wonderful 101: Remastered』6月11日発売決定!スイッチ版のほかPC/PS4版も展開するプラチナ初のパブリッシングタイトルに

  5. Steamの検索機能が新しくなって登場!ゲーム探しがより適格かつスムーズに

  6. 『ボーダーランズ3』が全プラットフォームで50%OFF!PC/XB1はシーズンパスもセール中

  7. 東プレの製作する「REALFORCE」シリーズにゲーミングマウスなどの商標が申請されていることが明らかに【UPDATE】

  8. 宇宙船ローグライクFPS『Genesis Alpha One』Steam/GOG版配信開始ー Epicの時限独占が終了

  9. 長き時を経て『Half-Life』リメイク『Black Mesa』がついに現地時間3月5日リリースへ

  10. 『サイバーパンク2077』参加アーティストのGrimesが女性サイボーグ“リズィー・ウィズィー”の背景を語る―なぜ彼女は“そう”なったのか

アクセスランキングをもっと見る

page top