“ソウル”ライクな骨太激ムズボスラッシュACT『SINNER: Sacrifice for Redemption』【TOKYO SANDBOX 2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“ソウル”ライクな骨太激ムズボスラッシュACT『SINNER: Sacrifice for Redemption』【TOKYO SANDBOX 2018】

4月14日から15日まで開催されたインディーゲームイベント「第3回 TOKYO SANDBOX」。Another Indieブースでは、DARK STARが手がけるアクションゲーム『SINNER: Sacrifice for Redemption』が展示されていました。

家庭用ゲーム PS4
“ソウル”ライクな骨太激ムズボスラッシュACT『SINNER: Sacrifice for Redemption』【TOKYO SANDBOX 2018】
  • “ソウル”ライクな骨太激ムズボスラッシュACT『SINNER: Sacrifice for Redemption』【TOKYO SANDBOX 2018】
  • “ソウル”ライクな骨太激ムズボスラッシュACT『SINNER: Sacrifice for Redemption』【TOKYO SANDBOX 2018】
  • “ソウル”ライクな骨太激ムズボスラッシュACT『SINNER: Sacrifice for Redemption』【TOKYO SANDBOX 2018】
  • “ソウル”ライクな骨太激ムズボスラッシュACT『SINNER: Sacrifice for Redemption』【TOKYO SANDBOX 2018】

4月14日から15日まで開催されたインディーゲームイベント「第3回 TOKYO SANDBOX」。Another Indieブースでは、DARK STARが手がけるアクションゲーム『SINNER: Sacrifice for Redemption』が展示されていました。

同作は、『ダークソウル』シリーズの影響も色濃い、いわゆる“死にゲー”と呼ばれるような高難度のファンタジーアクションゲーム。とは言え、RPG的な要素は薄く、殆どボス戦のみで構成されているというボスラッシュな作りになっています。戦闘については、スタミナ切れに気をつけながら、回避とダッシュでスキを伺いつつ、大振り目の武器攻撃で少しづつボスの体力を削っていく形です。


ファンタジーであることも含めて、一見『ダークソウル』的な空気感が強いながらも、しっかりと作られており、思う存分強大なボスたちへと挑戦を行っていける、歯ごたえのある内容を垣間見ることができました。


ストーリーはマルチエンディングになっており、各ボスへととどめを刺したかどうかなどによって展開が変わる造りです。パブリッシャーのAnother Indieの方によれば、装備についても、1周目は変化が少ないものの、一度ゲームクリア後は、ボスが持っていた様々な武器を用いて2週目へと挑戦できると、複数回のゲームプレイを意識した作りになっています。


『SINNER: Sacrifice for Redemption』はPS4/ニンテンドースイッチ/Steam、及び海外Xbox One向けに2018年秋配信予定です。ゲーム自体は現時点で殆ど完成しているものの、スイッチ版移植作業などを鑑みて発売日延期を決定したばかりだとのことです。
《Arkblade》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 新しいクソリプも追加されっぞ!配信者育成ADV『NEEDY GIRL OVERDOSE』スイッチ版発表―ハードを跨いで轟けインターネットエンジェル【INDIE Live Expo 2022】

    新しいクソリプも追加されっぞ!配信者育成ADV『NEEDY GIRL OVERDOSE』スイッチ版発表―ハードを跨いで轟けインターネットエンジェル【INDIE Live Expo 2022】

  2. 『聖剣伝説』開発スタッフらの新作『PROJECT-TRITRI』発表!スイッチ/PS5/PS4対応―タイトルロゴには「聖」の字も…

    『聖剣伝説』開発スタッフらの新作『PROJECT-TRITRI』発表!スイッチ/PS5/PS4対応―タイトルロゴには「聖」の字も…

  3. 延期していた世界滅亡後サバイバル『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』の国内版発売日が決定!

    延期していた世界滅亡後サバイバル『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』の国内版発売日が決定!

  4. 『スカイリム AE』待望のスイッチ版登場か?台湾のレイティング機関のリストにて見つかる

  5. 畑でゾンビを栽培できる自給自足サバイバルACT『DEADCRAFT(デッドクラフト)』配信開始!

  6. 新生PS Plusではクラシック作品にもトロフィーが?PS1『サイフォンフィルター』のトロフィー対応が明らかに

  7. 『エースコンバット7』と「トップガン マーヴェリック」コラボDLC機体がお目見え―5月26日発売

  8. 配信直後に削除されたスイッチ向け初代PS風ホラー『殺しの館』が復活!

  9. スイッチ向けインディーゲーム紹介映像「Indie World 2022.5.11」ひとまとめ【UPDATE】

  10. PS向けにも大復活!巨大ロボシム『MechWarrior 5』PS4/PS5版が海外で9月23日発売決定

アクセスランキングをもっと見る

page top