ナイアンティック、『ポケモンGO』プレイデータを基に3D拡張現実マップを開発へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ナイアンティック、『ポケモンGO』プレイデータを基に3D拡張現実マップを開発へ

ナイアンティックのCEO・John Hanke氏はロイターのインタビューに応じ、『ポケモンGO』のデータを使って「3Dの拡張現実マップ(ARマップ)」を開発していく方針であると語りました。

アプリゲーム iOS
ナイアンティック、『ポケモンGO』プレイデータを基に3D拡張現実マップを開発へ
  • ナイアンティック、『ポケモンGO』プレイデータを基に3D拡張現実マップを開発へ
ナイアンティックのCEO・John Hanke氏はロイターのインタビューに応じ、『ポケモンGO』のデータを使って「3Dの拡張現実マップ(ARマップ)」を開発していく方針であると語りました。

これはナイアンティック製ゲームのプレイデータを基にするもので、ユーザーのカメラ付きデバイスから現実の地図情報を集めて、ARマップを制作していく計画になる模様。ロイターによれば、Hanke氏は「遊びたいと思うゲームボードをプレイヤーに作ってもらいたい」とコメントしながら、この技術が「新しい種類のソーシャルアクティビティ」を豊かにする旨を述べたということです。

「AR機能を通して現実の建物にテクスチャを写す」といったような形で、広場や公園など公共施設での展開が予想されるこの新技術ですが、ローンチやマッピングの開始時期は明かされず、『ポケモンGO』『Harry Potter : Wizards Unite』などナイアンティック作品への導入にも言及されていません。しかしながら、Hanke氏はサードパーティに対してARマップ機能を使用させることを認めていたということです。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. モバイル版『テラリア』が大型アップデート!「Journey's End」まで一気に配信

    モバイル版『テラリア』が大型アップデート!「Journey's End」まで一気に配信

  2. 人気Co-opホラー『Phasmophobia』の存在しないモバイル版がGoogle Playストアで配信

    人気Co-opホラー『Phasmophobia』の存在しないモバイル版がGoogle Playストアで配信

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』ライクなアクションRPG『オーシャンホーン2:亡国の騎士』スイッチ版が今秋発売

    『ゼルダの伝説 BotW』ライクなアクションRPG『オーシャンホーン2:亡国の騎士』スイッチ版が今秋発売

  4. 『原神』iOSでのクリップボード取得問題が修正

  5. 悪路ドライブシム『MudRunner』のモバイル版が7月15日iOS/Android向けに配信―予約注文受付中

  6. スマホ版『2064: Read Only Memories』iOS版がリリース開始!序盤は無料プレイ可

  7. 【吉田輝和の絵日記】『PUBG MOBILE』でドン勝初体験!おじさんの実力を括目せよ!

  8. 『ポケモンGO』によって60キロ以上の減量に成功した男性が、新しく変わった人生を語る

  9. 『原神』モバイル版も事前DL開始!DL容量は約4~6GB程度に

  10. 『The Elder Scrolls: Blades』海外iOS/Android向け先行予約開始!リリースは9月1日予定

アクセスランキングをもっと見る

page top