ナイアンティック、『ポケモンGO』プレイデータを基に3D拡張現実マップを開発へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ナイアンティック、『ポケモンGO』プレイデータを基に3D拡張現実マップを開発へ

ナイアンティックのCEO・John Hanke氏はロイターのインタビューに応じ、『ポケモンGO』のデータを使って「3Dの拡張現実マップ(ARマップ)」を開発していく方針であると語りました。

アプリゲーム iOS
ナイアンティック、『ポケモンGO』プレイデータを基に3D拡張現実マップを開発へ
  • ナイアンティック、『ポケモンGO』プレイデータを基に3D拡張現実マップを開発へ
ナイアンティックのCEO・John Hanke氏はロイターのインタビューに応じ、『ポケモンGO』のデータを使って「3Dの拡張現実マップ(ARマップ)」を開発していく方針であると語りました。

これはナイアンティック製ゲームのプレイデータを基にするもので、ユーザーのカメラ付きデバイスから現実の地図情報を集めて、ARマップを制作していく計画になる模様。ロイターによれば、Hanke氏は「遊びたいと思うゲームボードをプレイヤーに作ってもらいたい」とコメントしながら、この技術が「新しい種類のソーシャルアクティビティ」を豊かにする旨を述べたということです。

「AR機能を通して現実の建物にテクスチャを写す」といったような形で、広場や公園など公共施設での展開が予想されるこの新技術ですが、ローンチやマッピングの開始時期は明かされず、『ポケモンGO』『Harry Potter : Wizards Unite』などナイアンティック作品への導入にも言及されていません。しかしながら、Hanke氏はサードパーティに対してARマップ機能を使用させることを認めていたということです。
《キーボード打海》
キーボード打海

「キーボードうつみ」と読みます キーボード打海

特集記事の企画・編集を担当。「ハードコアゲーマー・インタビューズ」「異国ファストトラベル」「ハードコアゲーマー占い」などを立ち上げる。『サイバーパンク2077 コレクターズエディション』を持っていることが唯一の自慢で、黄色くて鬼バカでかい紙の箱に圧迫されながら日々を過ごしている。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. Fresh Meat!『ディアブロ』と「バーガーキング」コラボバーガーを美少女試食「まるで自分が焼かれているよう」

    Fresh Meat!『ディアブロ』と「バーガーキング」コラボバーガーを美少女試食「まるで自分が焼かれているよう」

  2. 『サイバーパンク2077』内ミニゲームがモバイルに登場!横スクACT『ローチレース』iOS/Android向けに無料配信

    『サイバーパンク2077』内ミニゲームがモバイルに登場!横スクACT『ローチレース』iOS/Android向けに無料配信

  3. 現役生が手がける大学院生体験SLG『大学院生TRPG』Steam/iOS/Android向けに2023年リリース―期待溢れる学生生活は苦難や素晴らしい未来が待ち受けている?【UPDATE】

    現役生が手がける大学院生体験SLG『大学院生TRPG』Steam/iOS/Android向けに2023年リリース―期待溢れる学生生活は苦難や素晴らしい未来が待ち受けている?【UPDATE】

  4. おしゃべりしすぎ!『原神』のキャラクター「パイモン」に不満を抱くプレイヤーが多発―redditでは大議論に

  5. 『クトゥルフ神話TRPGルールブック』のアプリ化決定!関連書籍やソースブックが1つに、各種便利ツールも搭載

  6. 学校をぶっ壊してストレス発散!?破壊系アプリ『ブレイクスクールシミュレーター』がiOSでも配信中

  7. Googleが手掛ける地球規模の陣取りゲーム『Ingress』、iOS版がリリース開始

  8. 『Call of Duty: Mobile』コントローラー対応とゾンビモード、マップ、バトルパスの大型アップデートを日本時間11月23日14時に配信

  9. 60種類以上のミニで大暴れ!『ウォークラフト アークライト ランブル』のこだわりを開発陣に聞く【インタビュー】

  10. iOS版『Tomb Raider II』がリリース― 言語欄に日本語表記あり

アクセスランキングをもっと見る

page top