『GUILTY GEAR』20周年! 個性を詰め込み2D格ゲーを再燃─石渡太輔氏も公式サイトで思いを語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GUILTY GEAR』20周年! 個性を詰め込み2D格ゲーを再燃─石渡太輔氏も公式サイトで思いを語る

連載・特集 特集

『GUILTY GEAR』20周年! 個性を詰め込み2D格ゲーを再燃─石渡太輔氏も公式サイトで思いを語る
  • 『GUILTY GEAR』20周年! 個性を詰め込み2D格ゲーを再燃─石渡太輔氏も公式サイトで思いを語る

プレイヤー同士が熱い火花を散らす、対戦型格闘ゲーム。その歴史の節目には、様々なタイトルが登場し、時代ごとに大きな盛り上がりを見せました。高いシリーズ人気を獲得したものもあり、その中には現在も最前線で活躍するものもあります。

そんな人気シリーズのひとつに数えられる『GUILTY GEAR』の記念すべき一作目が、今日からちょうど20年前となる1998年5月14日に発売されました。シリーズ2作目となる『GUILTY GEAR X』は、アーケードや様々なハードで展開されましたが、シリーズの幕開けを飾った『GUILTY GEAR』は、プレイステーションのみのリリースでした。(後に、復刻版がアーカイブス化))

本シリーズは、家庭用向けの対戦格闘ゲームとして登場し、後の作品でゲームセンターなどにも熱いバトルを提供。世界的な対戦型格闘ゲームの大会「Evolution Championship Series」(略称:EVO)のタイトルにも選出され、人気・知名度ともに格闘ゲーム史に残る人気シリーズへと成長しました。その原点となった『GUILTY GEAR』を、今回あらためて振り返ってみたいと思います。

◆2D対戦格闘ゲームに一石を投じた『GUILTY GEAR』


2D対戦格闘ゲームの歴史がどこから始まったのか、人によって解釈は様々かと思います。例えば、1vs1で戦う『イー・アル・カンフー』(1985年)は、しかし対人戦プレイが当時は用意されておらず、CPUとの対戦のみでした。『イー・アル・カンフー』は対戦格闘の先駆けではありますが、現在主流となっている対人戦の草分け的存在という意味では、『ギャラクティックウォーリアーズ』(1985年)の方が色濃いかもしれません。

しかし、『ストリートファイターII』(1991年)が2D対戦格闘ゲームの大きな転機となったのは、間違いありません。それまで、前作に当たる『ストリートファイター』を含め、格ゲーはいくつか出ていましたが、いずれも大ヒットには至らず。ですが、『ストII』が爆発的なヒットを遂げたことで、格ゲーというジャンル自体が大きなムーブメントとなりました。

その勢いを更に後押しするように、『餓狼伝説 宿命の闘い』や『龍虎の拳』、『サムライスピリッツ』に『ヴァンパイア The Night Warriors』、『ザ・キング・オブ・ファイターズ '94』などがゲーム業界を賑わせます。ですが、どんなブームも永続することはありません。それは格ゲーに関しても同様で、最盛期の勢いは少しずつ失われ、年間のリリース総数も減り始めていきます。

そんな、ブームの陰りが見え始めた1998年に、『GUILTY GEAR』がリリースされました。格ゲーブームが落ち着き始めた頃に登場しながらも、本作が埋もれることなく注目を集めたのは、グラフィック・ゲーム性・設定など、いずれも個性的だったためです。その際立った個性こそが、格ゲーに新たな可能性を提示し、後の2D対戦格闘ゲームに影響を与えました。

◆『GUILTY GEAR』が持つ個性と魅力


本作は家庭用向けだったため、『GUILTY GEAR』との出会いは雑誌が中心でした(当時はまだ、インターネットが普及しておらず)。『GUILTY GEAR』に登場するキャラクターの多くは非常にシャープでキレがあり、一見ユーモラスなキャラにも凄みを感じさせるデザイン。各キャラを初めて見たユーザーは、紙面に目を奪われるほどでした。

格ゲーが飽和していた当時においても、そのロックでヘビィなビジュアルはインパクトが十分あり、しかもそのデザインをゲーム上でしっかりと再現。この見た目だけでも、当時のユーザーは大きな衝撃を受け、完全新規の格ゲーながらも多くの方が手を出しました。そして、見た目だけのゲームでないことも、同時に思い知ります。

『GUILTY GEAR』が革新的だった点のひとつは、かつてないスピード感。これまでの格ゲーを上回るスピード感で繰り出すコンボの数々は、ユーザーに新たな刺激と爽快感を与えます。また、それぞれの技を描くグラフィックもパワフルかつ美麗で、格ゲーで得られる“手応え”をより増幅してくれます。

そして、ゲーム性とは少し離れますが、世界観やキャラクター設定の細かさも、これまでの格ゲーとは一線を画するものでした。その世界背景をしっかりと堪能するには、1戦ごとに料金がかかるアーケードよりも、家で遊び放題の家庭用の方が向いています。また、家庭用版なら、メインキャラ以外にも手を出しやすく、その結果、本作の世界を更に深く知ることになります。プレイステーション専用として登場したことで、『GUILTY GEAR』世界のベースを多くのユーザーが知り、この下地が後の展開に繋がるきっかけになったのかもしれません。

シリーズ1作目ということもあり、ゲームバランスやシステム的に荒い部分も存在しますが、その荒さも押し切る“熱意”がこめられた一作でした。現在の2D対戦格闘ゲームがよりスピーディとなった点を考えても、その“熱意”は新たな時代に向けた先駆けだったと言えるでしょう。もちろん、シリーズ作を重ねるにしたがって、その完成度は高まりました。それもすべて、1作目の『GUILTY GEAR』があってこそ、です。



この記念すべき日を迎え、総監督である石渡太輔氏が、20周年を迎えた所感を公式サイトで綴っています。既存の格闘ゲームに感銘を受けた数名の学生スタッフが生み出した、小さなタイトルとして出発した『GUILTY GEAR』。その歩みを振り返り、本シリーズが持つ魅力や、新たな挑戦への意欲を露わとしています。シリーズファンにとっては、感慨深い言葉も多いことでしょう。時間が許す方は、そちらも合わせてご覧ください。


■総監督 所感~GUILTY GEARシリーズ20周年を迎えて~
http://www.arcsystemworks.jp/portal/post-9937/

【関連記事】
『スーパーファミコンウォーズ』本日20周年! “母ちゃんたちには内緒にしたい”名作SLGを振り返り─今遊ぶ方法もチェック
『サクラ大戦2 ~君、死にたもうことなかれ~』が20周年! 続編への期待に堂々と応えた名作、ソレッタやレニも参戦
PS『パラサイト・イヴ』が20周年! アヤ・ブレアの数奇な運命はここから始まる
『星のカービィ3』、本日3月27日で20周年─そして懐かしの相棒“グーイ”が帰ってくる!
サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る
20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを寄せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作
『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』本日2月10日で30周年! その歩みや魅力的な特徴を振り返る
『ゼルダの伝説 BotW』3月3日で一周年! 歩んだ軌跡や発売後の展開を辿る
《臥待 弦》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top