海外レビューハイスコア『Detroit: Become Human』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『Detroit: Become Human』

連載・特集 海外レビュー

海外レビューハイスコア『Detroit: Become Human』
  • 海外レビューハイスコア『Detroit: Become Human』
  • 海外レビューハイスコア『Detroit: Become Human』

Areajugones: 90/100
開発元のQuantic Dreamは、これまでに成し遂げてきたことをすべて、この『Detroit: Become Human』で凌駕した。大規模なシナリオは、スリリングな物語と、奴隷制度のようなテーマやアイデンティティの概念、人間であるための条件を同時に扱う、複数のレイヤーを内包している。このジャンルにおける真の傑作だ。

Post Arcade (National Post): 95/100
Shacknews: 90/100
DualShockers: 90/100
GamesRadar+: 90/100
『Detroit』の素晴らしく具現化された世界に身を委ね、キャラクターや物語を味わっていただきたい。きっとこのゲームを気に入ることだろう。

Wccftech: 85/100
Guardian: 80/100
Game Informer: 80/100
GameSpot: 70/100
『Detroit』はプレイする価値はとてもあるが、選択の自由と最終的にはゲームであることに気付かせる狭間で、適切なバランスを取るのに苦労している。CageとQuantic Dreamはこのスタイルのゲームに傾倒しつつあるが、そこには明らかな伸びしろがある。

Metro GameCentral: 60/100
VideoGamer: 40/100
『Detroit: Becom Human』はあなたの心を揺さぶろうとしてくる。物語を通して感情的な反応を引き出そうとしているが、実のところ、そんなことにはならない。フローチャートは素晴らしい仕組みでいくつかの分岐もあるが、ナラティブなシーンは不愉快かつひどく不器用な出来で、何度も繰り返し遊びたいとは思わないだろう。



5月25日発売のPS4向け新作アドベンチャー『Detroit: Become Human』のMetacritic海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは80点(総レビュー数75件)をマークしています。

膨大なスクリプトで語られる、奴隷制度的な社会問題とアンドロイド/人間のアイデンティティというテーマは、グラフィックスやキャラクターたちの個性とも相まってなかなかの好評。『Heavy Rain』や『BEYOND: Two Souls』の系譜を継ぐ今作はQuantic Dreamの最高傑作であると評されながらも、「伸びしろがある」「何度も繰り返して遊ぶ必要はない」という辛口コメントも見られました。


『Detroit: Become Human』は、通常版が6,900円(税抜)、Premium Editionが8,900円(税抜)で国内向けにも発売中です。
《キーボード打海》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 53 件

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top