ロンドンのゲームストア「GAME」に潜入―地下にはゲーマーのための空間が広がっていた | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロンドンのゲームストア「GAME」に潜入―地下にはゲーマーのための空間が広がっていた

某大作FPSの発表がイギリス・ロンドンで行われたこともあり、筆者はロンドンに数日間滞在。現地のゲームストアを取材してきました。

連載・特集 特集
ロンドンのゲームストア「GAME」に潜入―地下にはゲーマーのための空間が広がっていた
  • ロンドンのゲームストア「GAME」に潜入―地下にはゲーマーのための空間が広がっていた
  • ロンドンのゲームストア「GAME」に潜入―地下にはゲーマーのための空間が広がっていた
  • ロンドンのゲームストア「GAME」に潜入―地下にはゲーマーのための空間が広がっていた
  • ロンドンのゲームストア「GAME」に潜入―地下にはゲーマーのための空間が広がっていた
  • ロンドンのゲームストア「GAME」に潜入―地下にはゲーマーのための空間が広がっていた
  • ロンドンのゲームストア「GAME」に潜入―地下にはゲーマーのための空間が広がっていた
  • ロンドンのゲームストア「GAME」に潜入―地下にはゲーマーのための空間が広がっていた
  • ロンドンのゲームストア「GAME」に潜入―地下にはゲーマーのための空間が広がっていた

某大作FPSの発表がイギリス・ロンドンで行われたこともあり、筆者はロンドンに数日間滞在。現地のゲームストアを取材してきました。

取材したのは、ロンドン・ソーホー地区・ウォードー通り(Wardour Street)にある「GAME」。GAMEはイギリス国内に300以上の店舗を持つ、国内最大手のゲーム小売チェーン店です。


まずは取材許可を取り、モダンな雰囲気の店内を観察。平日の開店直後ということもあり、他にお客さんはほとんどいません。店内はPS4、ニンテンドースイッチ、PC、XboxOneのコーナーに分かれており、他にもフィギュアやTシャツなど、ゲームグッズも販売しています。







ちなみに各ハード、ソフトの値段はおおよそ下記の通り:

PS4 Slim 500GB + ゲーム3本 + NOW TV 2ヶ月パス(*):260英ポンド(約38,000円)
XboxOne 1TB + ゲーム3本 + NOW TV 2ヶ月パス:240英ポンド(約35,000円)
スイッチ + ゲーム1本:300英ポンド(約43,800円)

*:特別なテレビ番組が視聴できるサービス

新作PS4ソフト:約50英ポンド(約7,300円)
新作XboxOneソフト:約50英ポンド(約7,300円)
新作スイッチソフト:約45英ポンド(約6,500円)

なお、ハードはどれもバンドルの値段ですが、店員さんによると本体単体でも同じ値段とのこと。バンドルの方がお買い得ということです。


ちなみに店舗の端っこではスマートフォンの販売も行っていました。


すべて店舗内を見終わったかな…と思った矢先、目に飛び込んできたのは、地下に伸びる謎の階段。地下があるゲームストアは地下が面白い…それを経験的に知っている筆者は、何やら薄暗い地下を目指して階段を降ります。


スタイリッシュな空間にずらりと並ぶゲーミングPC。ソファの前に設置された巨大スクリーン。そしてViveやPSVRをなども設置されています。係りの人に話を聞くと、このエリアは「BELONG」と呼ばれ、GAMEの一部店舗に併設されているゲーミングスペースなのだとか。1時間毎に利用料金(通常は7英ポンド(約1,000円)、オフピーク時は5英ポンド(約730円)から)を支払うことで、高性能のゲーミングPCを使用し様々なPCゲームをプレイできます。遊べるゲームは『カウンターストライク』、『リーグ・オブ・レジェンド』、『オーバーウォッチ』など、約10タイトルが最初から入っており、アカウント毎にどんなゲームでも追加することが可能とのこと。その場で友達とローカルプレイをすることはもちろん、普通のオンライン環境でのプレイも可能です。


ソファに座り巨大スクリーンでのプレイは1時間5英ポンドから。VR体験は10分5英ポンドから。また、一番奥のコーナーにはPS4が数台設置してあり、最新タイトルを1人最大1時間試遊することができ、料金は無料。取材時には『ゴッド・オブ・ウォー』を快適な環境でプレイできました。




係りの人によると、友達と一緒に遊ぶ場としてはもちろん、パーティー会場になったり、定期的にゲーム大会も行われているとのこと。ロンドン市内でBELONGがある店舗はここだけということで、他の都市との対抗戦、例えば「ロンドン vs. マンチェスター」のような大会が実際に様々なタイトルで開かれているということです。

ゲーマーが集まり、一緒に楽しめるBELONG。ネットカフェとはまた違う、ゲームを通して人々が交流する場として、イギリスで拡大を続けているということです。
《SEKI》

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top