2D横スクの軽快ローグライトアクション『Dungreed』Steamで日本語対応アップデート配信 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2D横スクの軽快ローグライトアクション『Dungreed』Steamで日本語対応アップデート配信

TEAM HORAYは、2Dローグライトアクション『Dungreed』にアップデートを実施、日本語に対応したことを発表しました。

PC Windows
2D横スクの軽快ローグライトアクション『Dungreed』Steamで日本語対応アップデート配信
  • 2D横スクの軽快ローグライトアクション『Dungreed』Steamで日本語対応アップデート配信
  • 2D横スクの軽快ローグライトアクション『Dungreed』Steamで日本語対応アップデート配信
  • 2D横スクの軽快ローグライトアクション『Dungreed』Steamで日本語対応アップデート配信
  • 2D横スクの軽快ローグライトアクション『Dungreed』Steamで日本語対応アップデート配信
  • 2D横スクの軽快ローグライトアクション『Dungreed』Steamで日本語対応アップデート配信
  • 2D横スクの軽快ローグライトアクション『Dungreed』Steamで日本語対応アップデート配信
  • 2D横スクの軽快ローグライトアクション『Dungreed』Steamで日本語対応アップデート配信

TEAM HORAYは、2Dローグライトアクション『Dungreed』にアップデートを実施し、日本語に対応したことを発表しました。

同作は、毎回変わるダンジョンの中を探索していくアクションRPG。ダンジョンに飲み込まれた町の人々を救出、町の再建と、事態の解決を目指していくのが目的です。やられてしまうとアイテムを失うローグライト的な進行が特徴です。


『ローグ・レガシー』と『Enter The Gungeon』からの影響も強く、軽快なアクション性が特徴的なポイント。剣などの近距離武器だけでなく、銃器や弓を用いた遠距離戦闘も可能です。



また、『朧村正』に影響を受けたという精細なドットで描かれた食べ物も魅力のひとつ。今回の日本語対応でキャラクターの会話だけでなく、アイテムや食事の内容なども分かりやすく、より気軽にプレイ可能になっています。




『Dungreed』はSteamにてPC/Mac向けに1,010円で配信中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

    Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  2. ハクスラARPG『Warhammer: Chaosbane』予約者向け第2回ベータを4月24日まで実施中―新トレイラーも公開

    ハクスラARPG『Warhammer: Chaosbane』予約者向け第2回ベータを4月24日まで実施中―新トレイラーも公開

  3. 2DドットアクションRPG『Dark Devotion』PC版が4月25日発売決定―死闘を制し寺院の闇を解明せよ

    2DドットアクションRPG『Dark Devotion』PC版が4月25日発売決定―死闘を制し寺院の闇を解明せよ

  4. ローポリトップダウンシューター『DESERT KILL』早期アクセス開始―悪の軍団を残忍に破壊せよ

  5. Steam版『ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~』日本語対応で5月21日発売決定

  6. 祖母VS孫シム『Granny Simulator』配信ー家事を終わらせたいおばあちゃんと残虐イタズラ孫バトル、開幕

  7. ゲーミングキーボード「Razer BlackWidow」2019年モデルが発表―4月26日発売

  8. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  9. 『アサシン クリード ユニティ』PC版の要求スペックが公開― 最小にGTX680を要求

  10. 『東方』第17弾『東方鬼形獣 ~ Wily Beast and Weakest Creature.』発表!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top