Valve、『ISIS Simulator』を手がけた小規模スタジオの作品をSteamから削除―「いたずら」に該当か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve、『ISIS Simulator』を手がけた小規模スタジオの作品をSteamから削除―「いたずら」に該当か

Valveは、『ISIS Simulator』や『AIDS Simulator』などを開発するパブリッシャーArcaneRaise及びデベロッパーBunchOD00dzのゲームタイトルをSteamより削除しています。

ゲーム文化 インディーゲーム
Valve、『ISIS Simulator』を手がけた小規模スタジオの作品をSteamから削除―「いたずら」に該当か
  • Valve、『ISIS Simulator』を手がけた小規模スタジオの作品をSteamから削除―「いたずら」に該当か
  • Valve、『ISIS Simulator』を手がけた小規模スタジオの作品をSteamから削除―「いたずら」に該当か

Valveは、『ISIS Simulator』や『AIDS Simulator』などを開発するパブリッシャーArcaneRaise及びデベロッパーBunchOD00dzのゲームタイトルをSteamより削除しています。

BunchOD00dzは、5分で完成したというほぼ平面のマップを歩くだけのゲーム『Asset Flip Simulator』、ISISと戦うという設定(しかし敵の衣装は正規軍に近い完全装備)のFPS『ISIS Simulator』、アフリカでHIVに感染した男が逆恨みでアフリカ人の大量殺戮を行うという設定のFPS『AIDS Simulator』などを開発。いずれも、いわゆる外部の“アセット”を多用したと見られる作りの非常に低予算なタイトルであると目されています。

『AIDS Simulator』においては、なんと“アセット”を多用したとの表現をストアページで自ら用いている

Valveより今回の削除に関するコメントは行われていませんが、先日Valveは、頻発したゲーム内表現の問題について、大きく規制を緩和した新たなSteam作品表現ルールを制定することを明らかにしたばかりです。

しかしながら今回の削除タイトルは、先日の学校銃乱射事件を題材にしたゲームなど、以前より度々削除が報告される「いたずら」に分類されるタイトルに類似する特徴を備えたもの。新ルール運用前とはいえ、最低限のストアの管理が行われている事実に安堵するユーザーや、この削除がValveの新方針に反する原因での削除ではないことを望む開発者は、多いのではないでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 力士やクマ人間とも戦う3D乱闘ACT『Beatdown Brawler』Steam早期アクセス開始!

    力士やクマ人間とも戦う3D乱闘ACT『Beatdown Brawler』Steam早期アクセス開始!

  2. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  3. スペイン産の江戸時代サイコホラー『Ikai -異界-』2021年Steam配信

    スペイン産の江戸時代サイコホラー『Ikai -異界-』2021年Steam配信

  4. 発掘復元から自由なジオラマ展示まで可能な恐竜化石採掘シム『Dinosaur Fossil Hunter』KickStarterキャンペーン開始

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. 映画「ソニック・ザ・ムービー」第2弾が決定!―海外報道

  7. Ninja主催の『フォートナイト』オンライントーナメントシリーズが近日開催、6週間にわたってMixerで配信

  8. 映画版『ボーダーランズ』のリリス役にケイト・ブランシェットさんが内定

  9. レイトレーシングと高解像度テクスチャでリアルになりすぎた『マインクラフト』映像!

  10. 何故『アサシン クリード ヴァルハラ』のアサシンブレードは目立つ場所に?開発者が理由を明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top