物議を醸した学校銃乱射ゲームがSteamから削除ーデベロッパー/パブリッシャーも追放措置 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

物議を醸した学校銃乱射ゲームがSteamから削除ーデベロッパー/パブリッシャーも追放措置

先日、慈善団体などがValveへ削除申請を行っていた学校銃乱射事件テーマのFPS作品『Active Shooter』。同作が正式にSteamから登録を削除されたことが海外メディアより報じられています。

ゲーム文化 カルチャー
物議を醸した学校銃乱射ゲームがSteamから削除ーデベロッパー/パブリッシャーも追放措置
  • 物議を醸した学校銃乱射ゲームがSteamから削除ーデベロッパー/パブリッシャーも追放措置
  • 物議を醸した学校銃乱射ゲームがSteamから削除ーデベロッパー/パブリッシャーも追放措置

先日、慈善団体などがValveへ削除申請を行っていた学校銃乱射事件テーマのFPS作品『Active Shooter』。同作が正式にSteamから登録を削除されたことが海外メディアより報じられています。

PC Gamerによると、Valveは『Active Shooter』を削除した原因として、同作のデベロッパーである「Revived Games」とパブリッシャーである「Acid」が、過去にSteamから追放措置を受けた「[bc]Interactive」と「Elusive Team」に携わっていたAta Berdiyevという1人の人物であったことを説明。

同氏は過去にもいわゆる釣り行為や著作権違反、レビュー操作などの迷惑行為を行っていたとのこと。そして今回、同氏が新しい名義を利用して活動を再開していたことが発覚したことから、『Active Shooter』と「Revived Games」および「Acid」をSteamから削除することを決定したことが明かされています。

なお、筆者が確認したところ、同作のストアページならびに「Revived Games」と「Acid」のゲームリストは既に削除されていました。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に【UPDATE】

    海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に【UPDATE】

  2. 海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

    海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

  3. 終末カーアクションストラテジー『Dark Future: Blood Red States』配信日決定!

    終末カーアクションストラテジー『Dark Future: Blood Red States』配信日決定!

  4. 『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

  5. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  6. アダルト宇宙RPG『Subverse』のクラウドファンディング調達額が100万ドルに迫る勢い―目標の約10倍

  7. 『Days Gone』と「DIESEL」がコラボ!ワイルドなデニムジャケットやTシャツなど

  8. 天野喜孝氏が『マジック:ザ・ギャザリング』カードアートに参戦!人気キャラ・リリアナ描く

  9. 『SEKIRO』属性ダメージ追加MODが登場ー『ソウル』シリーズのような攻撃が可能に

  10. キモかっこいい「名探偵ピカチュウ」ファンメイド映像―海外ドラマ「True Detective」パロディ…

アクセスランキングをもっと見る

1
page top