SCARZが『LoL』部門を一時休止―LJLはBurning Coreとして出場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SCARZが『LoL』部門を一時休止―LJLはBurning Coreとして出場

SCARZは、『リーグ・オブ・レジェンド』(League of Legends)部門を一時休止すると発表しました。

ゲーム文化 e-Sports
SCARZが『LoL』部門を一時休止―LJLはBurning Coreとして出場
  • SCARZが『LoL』部門を一時休止―LJLはBurning Coreとして出場
  • SCARZが『LoL』部門を一時休止―LJLはBurning Coreとして出場
SCARZは、『リーグ・オブ・レジェンド』(League of Legends)部門を一時休止すると発表しました。

SCARZは、2月7日にSCARZ-LoLとBurning Coreと合併する形で、2部リーグ「LJLCS 2018 Splint Split」を「SCARZ Burning Core」として戦い、「LJL 2018 Promotion Series」に勝利し、1部リーグである「LJL 2018 Summer Split」へと昇格しました。しかし、Summer Split開幕を前に、SCARZは『LoL』での活動を一時休止することを決定し、Burning Coreとして活動していくことを発表しました。

また、Burning Coreからも発表がなされており、SCARZの所属であったMidレーナーのROKI選手は、本人の希望でBurning Coreへと移籍するとのこと。さらにSCARZ Burning CoreではSCARZのロゴが使用されていましたが、Burning Coreのロゴを一新し、新ロゴで運用されるとのこと。


Burning Coreからは新ロゴについて以下のような声明が発表されています。

選手を護る盾でありたい。
また、護るだけでなく攻める姿勢を持ち、「Burning Core」の名前に同じく、内なる情熱をエネルギーに変えてLJLへ挑みたい。
そんなチームの想いが形(ロゴ)になりました。

Dara選手引退の一件もあり、選手のケアを強く意識したコメントにも受け取れますが、再び1部リーグに帰ってきたBurning Coreの活躍に期待したいところです。
《kuma》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

    『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

  2. 『Marvel's Spider-Man』誰も気付かなかったイースターエッグが判明―自撮りモード中の世界がわかる裏側も

    『Marvel's Spider-Man』誰も気付かなかったイースターエッグが判明―自撮りモード中の世界がわかる裏側も

  3. 『SEKIRO』属性ダメージ追加MODが登場ー『ソウル』シリーズのような攻撃が可能に

    『SEKIRO』属性ダメージ追加MODが登場ー『ソウル』シリーズのような攻撃が可能に

  4. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  5. 公式ボードゲーム版『Bloodborne』トレイラー! オリジナル版の映像とともにシステム紹介

  6. 『Diablo』×『MOTHER』な新作ARPG『Kingdom of Night』Kickstarter開始!

  7. PC版『オブリビオン』高解像度テクスチャ化Modが公開―ディープラーニングを活用

  8. 『アサシンクリード』が火災被害受けたノートルダム大聖堂再建に役立つ? 過去にゲームに登場

  9. 『ファイナルファンタジーVII』ゲーム映像付きサウンドトラックが7月24日に発売!

  10. 中世剣戟アクション『MORDHAU』Steam配信日決定! 最新トレイラーも披露

アクセスランキングをもっと見る

1
page top