容赦ないゴア描写、そしてこの爽快感はクセになる!Bethesda新作『RAGE 2』ハンズオン【E3 2018】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

容赦ないゴア描写、そしてこの爽快感はクセになる!Bethesda新作『RAGE 2』ハンズオン【E3 2018】

米ロサンゼルスで開催中のゲーム見本市E3にて、Betehsdaの新作シューター『RAGE 2』がプレイアブル出展されていました。編集部はメディア向けの試遊台でプレイすることができましたので、ハンズオンをお届けします。

ゲーム文化 イベント
容赦ないゴア描写、そしてこの爽快感はクセになる!Bethesda新作『RAGE 2』ハンズオン【E3 2018】
  • 容赦ないゴア描写、そしてこの爽快感はクセになる!Bethesda新作『RAGE 2』ハンズオン【E3 2018】
  • 容赦ないゴア描写、そしてこの爽快感はクセになる!Bethesda新作『RAGE 2』ハンズオン【E3 2018】
  • 容赦ないゴア描写、そしてこの爽快感はクセになる!Bethesda新作『RAGE 2』ハンズオン【E3 2018】
  • 容赦ないゴア描写、そしてこの爽快感はクセになる!Bethesda新作『RAGE 2』ハンズオン【E3 2018】
  • 容赦ないゴア描写、そしてこの爽快感はクセになる!Bethesda新作『RAGE 2』ハンズオン【E3 2018】

米ロサンゼルスで開催されたゲーム見本市E3にて、Betehsdaの新作シューター『RAGE 2』がプレイアブル出展されていました。Game*Sparkとインサイド編集部はメディア向けの試遊台でプレイすることができましたので、ハンズオンをお届けします。

『RAGE』は、2011年に発売された、『DOOM』のid Softwareが開発するオープンワールド風FPSタイトル。荒廃した世界を舞台に鉄と錆にまみれたビークルを駆り、人間やミュータントを容赦なく血祭りに上げていく世界観に、多くのゲーマーが引き込まれました。満を辞して登場となる『RAGE 2』も、広大なフィールドにビークル、アドベンチャーのようなキャラクターの強化要素だけでなく、強力な近接スキル攻撃など、前作をはるかに上回るものに仕上がりつつあるようです。


デモはPC版で用意されており、Xbox Oneコントローラでのプレイ。Bethesdaのカンファレンスでも公開された敵のモヒカン軍団のアジトに攻め込むシークエンスからスタートです。攻撃として用意されているアクションは、エイムダウンサイトありの銃での攻撃と右スティック押し込みによる近接攻撃、RBでグレネードなどのサブウェポン、LB&Y or Aボタンで繰り出せる2種類の近接特殊スキル。敵をキルしていくことでゲージが溜まり、MAXの状態でLB&RB同時に押すと「オーバードライブ」が発動します。「オーバードライブ」は、一定時間だけプレイヤーの速度や攻撃力が大幅にパワーアップする能力で、硬いアーマーを着た敵でも数発で体をバラバラにするほど強力です。

本作の魅力の一つとしてあげられるのは、id Softwareらしい容赦のないゴア描写。敵は基本的にアーマーを着ているので、弾を何発か当ててアーマーを剥がさないと倒すことができません。アーマーが全て弾け飛んだら、次に弾け飛ぶのは敵の頭、そして四肢。それは男女の敵ともに一切の容赦がありません。オーバードライブ状態であれば、辺り一面が敵の体だったものが四散しているほど。


デモ版で使用できたメイン武器は、アサルトライフル、ショットガン、ハンドガンの三種。サブウエポンは、基本装備のグレネードと(映画プレデターの手裏剣のような)ブーメラン。特にブーメラン攻撃は、敵をロックしておけば、オブジェクトの裏まで回り込んで隠れている敵を倒すことができ、非常に使い勝手がよかったです。

本デモでは広大なフィールドやビークルを確認することはできませんでしたが、id Softwareらしいしっかりと作り込まれたシューターになっていました。敵をバラバラになるまで戦うスタイルは、日頃溜まった鬱憤を晴らすには最適なゲームになるかもしれません。

《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  2. 海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

    海外ゲーマー、亡き義母がコントローラーに書き残したメッセージの保存方法を尋ねる―2,000コメントを超える反響

  3. 『ペルソナ5』がリアル脱出ゲームに!「東京ミステリーパレスからの脱出」新宿にて2019年7月開催

    『ペルソナ5』がリアル脱出ゲームに!「東京ミステリーパレスからの脱出」新宿にて2019年7月開催

  4. 海外『スマブラ』e-Sports大会、優勝者に“死んだ蟹”が投げられる…投てき者は永久出禁に【UPDATE】

  5. 『SEKIRO』を「タルコンガ」でプレイする猛者現る―ついにはゲームをクリア!?

  6. 『アサシン クリード ユニティ』無料配布を受けて「逆」レビュー爆撃が発生―直近では「非常に好評」に

  7. 『Fallout: New Vegas』およそ1万3,000点のテクスチャを高解像度にするテクスチャパックが公開

  8. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  9. 海中を冒険するダイビングシム『Deep Diving Simulator』配信日決定!

  10. アダルト宇宙RPG『Subverse』のクラウドファンディング調達額が100万ドルに迫る勢い―目標の約10倍

アクセスランキングをもっと見る

1
page top