ディストピアアクションADV『We Happy Few』オーストラリアでの審査に合格、発売可能に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ディストピアアクションADV『We Happy Few』オーストラリアでの審査に合格、発売可能に

Compulsion Gamesは、ディストピアアクションアドベンチャー『We Happy Few』がオーストラリア等級審査委員会による再審査の結果、“R18+”(18歳未満禁止)レーティングにて認定されたことを発表しています。

ニュース ゲーム業界
ディストピアアクションADV『We Happy Few』オーストラリアでの審査に合格、発売可能に
  • ディストピアアクションADV『We Happy Few』オーストラリアでの審査に合格、発売可能に
  • ディストピアアクションADV『We Happy Few』オーストラリアでの審査に合格、発売可能に

Compulsion Gamesは、ディストピアアクションアドベンチャー『We Happy Few』がオーストラリア等級審査委員会による再審査の結果、“R18+”(18歳未満禁止)レーティングにて認定されたことを発表しています。

これは、同作のディストピア設定の根幹をなす特殊薬物“ジョイ”の服用描写などを巡り、「性的表現、薬物の乱用や常習表現、犯罪や暴行、残虐行為などが許容範囲を超えている」としてレーティング分類が拒否され、事実上の発禁措置となっていた問題にまつわるもの。開発元のCompulsion Gamesは問題となった描写について薬物を批判する形で扱っているとして対話を続け、2018年7月3日には再審査が実施される流れとなっていました。

今回、インタラクティブなドラッグ利用描写の存在を受け“R18+”レーティングとはなったものの、審査自体には合格したということで、晴れて『We Happy Few』はオーストラリアでの販売許可を得ました。ファンは一安心といったところではないでしょうか。

『We Happy Few』はPC及び海外PS4/Xbox One向けに、2018年8月10日より正式発売予定。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「#BlackLivesMatter」スクウェア・エニックスが黒人を支援する団体などに25万ドルの寄付を発表

    「#BlackLivesMatter」スクウェア・エニックスが黒人を支援する団体などに25万ドルの寄付を発表

  2. テンセントによる株式購入の話は「真実ではない」―Bohemia InteractiveのCEOが公式フォーラムで噂を否定する投稿

    テンセントによる株式購入の話は「真実ではない」―Bohemia InteractiveのCEOが公式フォーラムで噂を否定する投稿

  3. PS Storeにて対象作品が最大85%オフとなるセール「Days of Play」開催! 『バイオハザード RE:3』や『仁王2』が登場

    PS Storeにて対象作品が最大85%オフとなるセール「Days of Play」開催! 『バイオハザード RE:3』や『仁王2』が登場

  4. テンセントが『Arma 3』『DayZ』などを手掛けるBohemia Interactiveの株式の過半数を取得―しかし現役スタッフとマーケティング責任者は否定【UPDATE】

  5. PS5発表延期ツイート、53万を超える「いいね」を獲得―ゲーム関連のツイートで最多

  6. Twitch、6月のPrime会員特典無料ゲームの配信を開始―『オブザーバー』『Project Warlock』など5タイトル

  7. Humble Bundleが黒人ゲーム開発者に100万ドルの資金援助、人種差別に抗議する声明

  8. 『CoD:MW』『Warzone』の新シーズン配信が延期―「今は平等、正義、変化のために声を上げる人たちの時間」

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 極寒世界ターンベースストラテジー『1971 Project Helios』プレイ動画公開―発売は6月9日

アクセスランキングをもっと見る

page top