VRHMDをUSBタイプC1本だけで接続できる新規格「VirtualLink」発表ーOculusやValve、Microsoftらが参画 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

VRHMDをUSBタイプC1本だけで接続できる新規格「VirtualLink」発表ーOculusやValve、Microsoftらが参画

NVIDIA、Oculus、Valve、AMD、およびMicrosoftが参画する業界コンソーシアムは、VRヘッドマウントディスプレイとPCを接続する新たな新規格「VirtualLink」を発表しました。

ゲーム機 VR
VRHMDをUSBタイプC1本だけで接続できる新規格「VirtualLink」発表ーOculusやValve、Microsoftらが参画
  • VRHMDをUSBタイプC1本だけで接続できる新規格「VirtualLink」発表ーOculusやValve、Microsoftらが参画
  • VRHMDをUSBタイプC1本だけで接続できる新規格「VirtualLink」発表ーOculusやValve、Microsoftらが参画

NVIDIA、Oculus、Valve、AMD、およびMicrosoftが参画する業界コンソーシアムは、VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)とPCを接続する新たな新規格「VirtualLink」を発表しました。

「VirtualLink」は、VRHMDイとPCをUSBタイプCコネクタ1本のみで接続することが可能な新たな業界標準規格。これを利用することで、今まで複数本のケーブルでデータや電力のやり取りをしていたVRHMDの接続を、単一のコードで完結させることができ、今までより簡易なセットアップが実現します。

また、「VirtualLink」を利用すれば、これまでポート数の問題でVRHMDを扱えなかったノートPCや小型PCでもVR環境を構築可能。加えて、「VirtualLink」は高解像度ディスプレイ向けの4レーンHBR3 DisplayPort、ヘッドセットカメラとセンサー用のUSB3.1 Gen2 SuperSpeed、最大27ワットの電力供給に対応しており、次世代のVRデバイスもサポートする予定であるとのこと。

ハイエンドVRデバイスを手掛ける大手企業が軒並み参加しているだけあって、普及への期待度は高まるばかり。今後は企業向けの「VirtualLink 1.0」規格を発表する予定であるとのことなので、以降の続報に期待しましょう。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」の最新情報が公開

    プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」の最新情報が公開

  2. 2,780以上のゲームボーイ系ソフトに対応する携帯機「Analogue Pocket」海外で2020年発売

    2,780以上のゲームボーイ系ソフトに対応する携帯機「Analogue Pocket」海外で2020年発売

  3. 「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

    「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

  4. ソニー次世代機の正式名称は「プレイステーション 5」!2020年年末商戦に発売【UPDATE】

  5. 可変フレームで快適に!度付レンズも使える「ゲーミングメガネ」登場

  6. 『マイクラ』だけじゃない! レイトレーシング対応タイトル ショーケース―『CoD:MW』や『Watch Dogs』新作も【gamescom 2019】

  7. オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

  8. Oculus、“ゲーム向け”新スタンドアロンヘッドセット「Oculus Quest」発表!―6DOF対応、399ドル

  9. 「PlayStation VR」4月末より追加販売、高橋名人と杉山愛が激突するVRテニス映像も

  10. BenQスクリーンバー「e-Reading Lampモニター掛け式ライト」はゲームプレイにどれほど役立つ?『バイオ7』など3タイトルで検証!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top