PS2ホラー『サイレントヒル2』で新たな裏技見つかる…17年越しに発掘されたのは「ミニマップ&どこでもセーブ機能」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS2ホラー『サイレントヒル2』で新たな裏技見つかる…17年越しに発掘されたのは「ミニマップ&どこでもセーブ機能」

海外ゲーマーの報告より、2001年にコナミデジタルエンタテインメントから発売されたホラーアドベンチャー『サイレントヒル2』に「ミニマップ表示」や「どこでもセーブできる機能」を利用する裏技が存在したことが明らかになりました。

家庭用ゲーム PlayStation 2
PS2ホラー『サイレントヒル2』で新たな裏技見つかる…17年越しに発掘されたのは「ミニマップ&どこでもセーブ機能」
  • PS2ホラー『サイレントヒル2』で新たな裏技見つかる…17年越しに発掘されたのは「ミニマップ&どこでもセーブ機能」
  • PS2ホラー『サイレントヒル2』で新たな裏技見つかる…17年越しに発掘されたのは「ミニマップ&どこでもセーブ機能」

海外ゲーマーの報告より、2001年にコナミデジタルエンタテインメントから発売されたホラーアドベンチャー『サイレントヒル2』に「ミニマップ表示」や「どこでもセーブできる機能」を利用する裏技が存在したことが明らかになりました。

ゲームのリバースエンジニアリングや未使用データ、デバッグメニューなどを発掘する海外のゲーマー@punk_7890さんによると、「いぬ」エンディングクリア後にゲーム内で「スタート+L2+□+L3」を入力し、四角型のミニマップを画面右上に表示することができるとのこと。インベントリ画面に入り、一旦終了してからスタートボタンを押したまま、残りのボタン操作を入力する必要があると伝えられています。

また、「どこでもセーブできる機能」は「十字キー左+Lスティック左+Rスティック左+L2+L1+L3」という複雑なキー入力で実際に利用できたのだとか。ミニマップ機能の存在は内部データから確認されていましたが、ゲーム内で実際に利用するための手段は長い間分かっていませんでした。これにより、発売から17年越しの「裏技発見」が実現したということになります。

なお、『サイレントヒル2』インターナショナル版ではコントローラータイプが「2」の状態でないと再現できないと報告されています。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. スイッチ版『Apex Legends』リリースに先駆け、米任天堂がビギナーガイド映像を公開―ゲームディレクターがTipsを紹介

    スイッチ版『Apex Legends』リリースに先駆け、米任天堂がビギナーガイド映像を公開―ゲームディレクターがTipsを紹介

  2. カプコンが『バイオハザード ヴィレッジ』の日本国内版と海外版の差異を明らかに

    カプコンが『バイオハザード ヴィレッジ』の日本国内版と海外版の差異を明らかに

  3. 『スマブラSP』リオレウスを追って『モンハン』からハンター参戦!追加Miiコスチューム第9弾公開

    『スマブラSP』リオレウスを追って『モンハン』からハンター参戦!追加Miiコスチューム第9弾公開

  4. スイッチ版『Apex Legends』はジャイロ操作に対応することが明らかに【Nintendo Direct】

  5. 今どこで買える?販売方法は?「PS5」の販売情報まとめ【3月5日】―「エディオンアプリ」にて新たな抽選受付開始

  6. 『GTA V』の次世代機版は「ただの移植ではない」ロックスター親会社テイクツーCEOが語ったリマスター戦略

  7. 『モンハンライズ』「ゴシャハギ」&「百竜夜行」クエの実機プレイを3月9日20時、世界初公開!“「過去一無慈悲」”と話題になった撃龍槍の威力はいかに

  8. 「禁酒法」の裏では“カクテル”が発展していた―『エンパイア・オブ・シン』の舞台・1920年代米国を揺るがした悪法を「お酒」と共に紐解く

  9. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

  10. スイッチ版『Apex Legends』3月10日配信決定! クロスプレイなど、他プラットフォーム同様の機能がサポート

アクセスランキングをもっと見る

page top