『オーバーウォッチ』日本代表とファンが交流!韓国強豪とも激突したFLASH OPS TOKYO 2018 SUMMER現地レポ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『オーバーウォッチ』日本代表とファンが交流!韓国強豪とも激突したFLASH OPS TOKYO 2018 SUMMER現地レポ

Overwatchコミュニティは、 7月22日・池袋にあるe-sports施設「LFS池袋」で、開発元のBlizzard Entertainment公認オフラインイベント「FLASH OPS TOKYO 2018 SUMMER(以下、FLASH OPS)」を開催。今回は、そのレポートをお届けします。

ゲーム文化 e-Sports
『オーバーウォッチ』日本代表とファンが交流!韓国強豪とも激突したFLASH OPS TOKYO 2018 SUMMER現地レポ
  • 『オーバーウォッチ』日本代表とファンが交流!韓国強豪とも激突したFLASH OPS TOKYO 2018 SUMMER現地レポ
  • 『オーバーウォッチ』日本代表とファンが交流!韓国強豪とも激突したFLASH OPS TOKYO 2018 SUMMER現地レポ
  • 『オーバーウォッチ』日本代表とファンが交流!韓国強豪とも激突したFLASH OPS TOKYO 2018 SUMMER現地レポ
  • 『オーバーウォッチ』日本代表とファンが交流!韓国強豪とも激突したFLASH OPS TOKYO 2018 SUMMER現地レポ
  • 『オーバーウォッチ』日本代表とファンが交流!韓国強豪とも激突したFLASH OPS TOKYO 2018 SUMMER現地レポ
  • 『オーバーウォッチ』日本代表とファンが交流!韓国強豪とも激突したFLASH OPS TOKYO 2018 SUMMER現地レポ
  • 『オーバーウォッチ』日本代表とファンが交流!韓国強豪とも激突したFLASH OPS TOKYO 2018 SUMMER現地レポ
  • 『オーバーウォッチ』日本代表とファンが交流!韓国強豪とも激突したFLASH OPS TOKYO 2018 SUMMER現地レポ

世界規模で人気を集める対戦型アクションシューティングゲーム『オーバーウォッチ』。アメリカで世界初の通年e-sportsリーグ「オーバーウォッチ リーグ」が実施され、8月には、世界大会「オーバーウォッチ ワールドカップ 2018(以下、OWWC2018)」が開催されるなど、リリースから3年目に突入しても話題が絶えません。

来月にOWWC2018を控える中、『オーバーウォッチ』コミュニティは、 7月22日・池袋にあるe-sports施設「LFS池袋 esports Arena」で、開発元のBlizzard Entertainment公認オフラインイベント「FLASH OPS TOKYO 2018 SUMMER(以下、FLASH OPS)」を開催しました。今回は、そのレポートをお届けします。

国内初の公式オフラインイベント「FLASH OPS TOKYO SUMMER 2018」



FLASH OPSのプログラムは2部構成になっており、第1部は、日本代表チームの壮行会とエキシビジョンマッチといった、日本代表にスポットを当てたプログラム。第2部では、参加者が対戦や講習会などの展示を楽しむ内容に。実力に自信があるプレイヤーは、アーケードモードでの1on1や3on3対戦、腕を磨きたいプレイヤーは、日本代表選手とマンツーマンで講習を受けられるなど、どんなプレイヤーでも楽しめるような展示内容になっていました。


当日は、80名先着申し込みであったにもかかわらず、キャンセル待ちの人も散見されました。初の公式認定オフラインイベントは、『オーバーウォッチ』ファンにとって注目度の高いイベントだったようです。

左から主催者のみずイロ氏、イベントMCのシンイチロォ氏
ステージの開演とともに、イベントMCのシンイチロォ氏と、主催者のみずイロ氏が登壇。両氏の紹介で登場した、OWWC2018の日本代表ジェネラルマネージャー・Jerophilip氏やヘッドコーチのXQQ氏、日本代表各選手が挨拶する形でイベントがスタートしました。


上からジェネラル・マネージャーのJerophilip氏、ヘッドコーチのXQQ氏


日本代表が戦うOWWC2018予選グループには、韓国やフィンランドをはじめとした強豪国がひしめきます。各選手は、予選グループについて、「厳しい戦いになると思いますが、本戦に出られるように頑張ります」と意気込みを語りました。


また、選手たちがエキシビジョンマッチのスタンバイをしている間は、シンイチロォ氏とみずイロ氏がトークを交えながら直近の『オーバーウォッチ』ニュースを紹介していました。

好プレーに参加者も拍手喝采!エキシビジョンマッチは日本代表が勝利!


第1ラウンドはコントロールマップ・Oasis。XQQ氏によると、「Oasisはチームの得意なマップです」とのこと

日本代表のエキシビジョンマッチは、韓国の強豪チーム「Monster Shield KR」との3本勝負。第1ラウンド序盤は、「Monster Shield KR」のエース・Crazy氏を起点とした猛攻に押し込まれる日本代表でしたが、素早く立ち回りを修正し、勝利を収めました。


第2ラウンドはエスコートマップ・Rialto。2018年4月に追加されたばかりの最新マップにどれだけ対応できるかが鍵になる中、新しく日本代表に加入したDep選手が大活躍。日本代表がマッチ序盤から終始主導権を握り、そのまま勝利。試合中の好プレーには参加者から歓声と拍手が起こり、会場は一体感に包まれていました。

最終ラウンドは、『オーバーウォッチ』の代表的なハイブリッドマップ・King’s Row。過去の大会でも幾度と無く激闘が繰り広げられ、名シーンが生まれた

ここでは、日本代表がすでに2本先取して勝利が確定しているものの、第3ラウンドではMonster Shield KRが意地を見せました。Monster Shield KRは、エース・Crazy氏を筆頭に破竹の勢いで進撃。日本代表に立て直す時間を与えず、一気にラウンドを取得しました。

最終ラウンドでは敗れてしまったものの、強豪チーム相手に2対1で勝利した日本代表。OWWC2018でも大きな期待が持てそうです。

次ページ:最後まで大盛り上がり!ファンと選手の交流も
《KamaJei》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. いたずらってレベルじゃねえ!『バイオハザード RE:2』タイラントを「ガチョウ」に変えるModが制作進行中

    いたずらってレベルじゃねえ!『バイオハザード RE:2』タイラントを「ガチョウ」に変えるModが制作進行中

  2. 『GTA VI』発売まで続く『GTA V』耐久レースが進行中…まもなく900周に突入、既に2週間以上が経過

    『GTA VI』発売まで続く『GTA V』耐久レースが進行中…まもなく900周に突入、既に2週間以上が経過

  3. 『エルシャダイ』一部フリー素材化─商用利用も可能でいいの? 「大丈夫だ、問題ない」

    『エルシャダイ』一部フリー素材化─商用利用も可能でいいの? 「大丈夫だ、問題ない」

  4. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  5. 80年代の音楽レコードにコモドール64のプログラムが隠されていた! カセットテープに録音して実行可能

  6. もう怖くない?PC版『バイオハザード RE:2』からタイラントを削除するModが登場

  7. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. ガチョウになって悪戯しまくるステルスACT『Untitled Goose Game』配信開始!

  10. 『CoD:MW』初日から30連続キルを叩き出したNgt選手に聞く新作ならではのコツ─「今までのように“最強AR”と呼ばれ続けたい」【TGS2019】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top