『FIFA 19』にW杯で話題をさらった「VAR」搭載されず―あのジェスチャーは見れないのか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『FIFA 19』にW杯で話題をさらった「VAR」搭載されず―あのジェスチャーは見れないのか

フランスが20年振りに優勝して幕を閉じたサッカーの祭典「FIFA ワールドカップ ロシア大会」では「ビデオアシスタントレフェリー(VAR」制度が大きな話題となりましたが、EAの『FIFA 19』にはこの制度が搭載されないことが海外メディアより伝えられています。

ゲーム文化 カルチャー
『FIFA 19』にW杯で話題をさらった「VAR」搭載されず―あのジェスチャーは見れないのか
  • 『FIFA 19』にW杯で話題をさらった「VAR」搭載されず―あのジェスチャーは見れないのか

先日、フランスが20年振りに優勝して幕を閉じたサッカーの祭典「FIFA ワールドカップ ロシア大会」。この大会では「ビデオアシスタントレフェリー(VAR」制度が大きな話題となりましたが、EAのサッカーゲーム最新作『FIFA 19』にはこの制度が搭載されないことが海外メディアより伝えられています。

「ビデオアシスタントレフェリー」制度は、ピッチ上にいる主審に対して、映像で判定を補助するシステム。主審が角度などの問題で、反則を見逃してしまうことなどを防ぐものとして、ワールドカップにおいては、ロシア大会で初めて導入されました。

海外メディアEurogamerによると、この制度はFIFAの公式ゲームシリーズ最新作『FIFA 19』には搭載されないとのこと。同メディアは"『FIFA』は既に「VAR」を持っている"と表現しており、最後にボールを触ったプレイヤー、オフサイドといった判定をゲームが間違えることは決して無いことを挙げています。

また、クリエイティブディレクターのMatt Prior氏はEurogamerに対して、「正確な位置を全部知っているから、技術的にはゲーム内にVARを持っているんですよ」とコメントしました。

ゲーム内で判定を下すのは、当然、人の目ではなく、ゲームシステム。非搭載は当たり前といえば当たり前ではありますが、『FIFA 19』内でも「VAR」を示す、あの四角いジェスチャーが見てみたい、という方も多いかもしれません。

『FIFA 19』は、PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ/PCを対象に9月28日発売予定です。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

    ブラックホールがすべてを飲み込み『フォートナイト』のシーズン10が終了―不気味な静寂が続く

  2. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  3. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

    “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  4. 「政治的発言でプレイヤーをBANすることはない」Epic Gamesが海外メディアに伝える

  5. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

  6. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  7. ボイチャ必須の南極Co-opパズルADV『We Were Here Together』配信開始!

  8. トランプ大統領が公式Twitchチャンネルを開設!既にフォロワーは2万8千人超

  9. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  10. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

アクセスランキングをもっと見る

page top