『デススト』ファンが“伝説の配達人”をLEGO化!―「制作を応援したいという気持ちで作りました」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『デススト』ファンが“伝説の配達人”をLEGO化!―「制作を応援したいという気持ちで作りました」

ゲーム文化 カルチャー

『デススト』ファンが“伝説の配達人”をLEGO化!―「制作を応援したいという気持ちで作りました」
  • 『デススト』ファンが“伝説の配達人”をLEGO化!―「制作を応援したいという気持ちで作りました」

KOJIMA PRODUCTIONSが手掛ける期待の新作ゲーム『DEATH STRANDING』。Twitterユーザーの潜水艇タカリクさんは、本作の主人公であるサム・ポーター・ブリッジスをLEGOブロックで再現しています。


あのノーマン・リーダス演じるサム・ポーター・ブリッジスがLEGOブロックによって可愛らしいデフォルメキャラクターに。ただ可愛らしいだけではなく、サムが着用しているスーツの特徴をしっかりと押えており、まるでオフィシャルグッズのようなクオリティです。

Game*Spark編集部が潜水艇タカリクさんにお話を伺ったところ、「デフォルメ的な可愛いアレンジをしていますが、可愛いに寄り過ぎないように頭身のバランスには気を使いました」と作品のこだわりを語ってくれました。


キャラクターのポーズは、E3 2018公開のトレイラーにあった、サムが銃を展開して崖上から見下ろすシーンをイメージいるそうです。バックパックのロゴ部分も再現されている徹底っぷりは感服してしまいます。

作品の制作期間は構想1週間、実制作1週間くらいであるとのこと。本作のキャラクターをいつかLEGOブロックで作りたいなと思っていたところ、小島秀夫監督がサムの設定画を公開していたので十分な資料が揃った事と、「ブリックヘッズ」というLEGOの製品シリーズを応用する事を思いついたのが制作のきっかけなんだとか。



この作品は、小島秀夫監督もRTしており、その事を潜水艇タカリクさんは「素直に嬉しいです。ファンとして制作を応援したいという気持ちもあったので、見ていただけて本当に良かったです」と嬉々として話してくれました。

ちなみに、本作に期待する事を訊いてみると、「ルーデンス君のコスチュームが隠し要素とかで使えたら大興奮すると思います!」という素晴らしいアイディアをいただきました。これはぜひ実装してほしいですね……。

ゲームディティールや発売日が明かされていないにも関わらず、このようにファンが作品を作ってしまうほど注目されている『DEATH STRANDING』に期待感が膨らむばかりです。
《真ゲマ》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『PUBG』や『HITMAN』などに注目!コミケ94 洋ゲー系コスプレイヤーフォトレポ【後編】

    『PUBG』や『HITMAN』などに注目!コミケ94 洋ゲー系コスプレイヤーフォトレポ【後編】

  2. 暑い中でも『D:BH』『R6S』コスプレが光る!コミケ94 洋ゲー系コスプレイヤーフォトレポ【前編】

    暑い中でも『D:BH』『R6S』コスプレが光る!コミケ94 洋ゲー系コスプレイヤーフォトレポ【前編】

  3. gamescom 2018のオープニングセレモニーで各社が新作や新情報を発表予定…Ubisoftやスクウェア・エニックスなど

    gamescom 2018のオープニングセレモニーで各社が新作や新情報を発表予定…Ubisoftやスクウェア・エニックスなど

  4. 「死霊のはらわた」はまだ終わらない?ブルース・キャンベルが新作ビデオゲームの発売を示唆

  5. ケイン・コスギがTwitchで『LoL』配信をスタート!スポンサー登録で「パーフェクバァディ」が聞ける【UPDATE】

  6. 声優・石塚運昇さん死去―アニメ『ポケモン』『バイオショック』『CoD:MW3』など

  7. DONTNOD手がける吸血鬼アクションRPG『Vampyr』のTVシリーズ化が決定!

  8. Valve、新映像配信プラットフォーム「Steam TV」を準備中…公開は『Dota2』世界大会で【UPDATE】

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. さながらサンタクロース!『No Man's Sky』で高額アイテムの配布を予告するプレイヤー現る

アクセスランキングをもっと見る

page top