ロシア産の不良高校生ACT『The friends of Ringo Ishikawa』が日本語対応! 石河倫吾の物語を堪能しよう | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロシア産の不良高校生ACT『The friends of Ringo Ishikawa』が日本語対応! 石河倫吾の物語を堪能しよう

今年5月よりSteamにて配信が開始されていた、日本が舞台の不良高校生アクションゲーム『The friends of Ringo Ishikawa』ですが、本日のアップデートにて待望の日本語対応が行われました。

PC Windows
ロシア産の不良高校生ACT『The friends of Ringo Ishikawa』が日本語対応! 石河倫吾の物語を堪能しよう
  • ロシア産の不良高校生ACT『The friends of Ringo Ishikawa』が日本語対応! 石河倫吾の物語を堪能しよう
  • ロシア産の不良高校生ACT『The friends of Ringo Ishikawa』が日本語対応! 石河倫吾の物語を堪能しよう
  • ロシア産の不良高校生ACT『The friends of Ringo Ishikawa』が日本語対応! 石河倫吾の物語を堪能しよう
  • ロシア産の不良高校生ACT『The friends of Ringo Ishikawa』が日本語対応! 石河倫吾の物語を堪能しよう
  • ロシア産の不良高校生ACT『The friends of Ringo Ishikawa』が日本語対応! 石河倫吾の物語を堪能しよう
  • ロシア産の不良高校生ACT『The friends of Ringo Ishikawa』が日本語対応! 石河倫吾の物語を堪能しよう
  • ロシア産の不良高校生ACT『The friends of Ringo Ishikawa』が日本語対応! 石河倫吾の物語を堪能しよう
  • ロシア産の不良高校生ACT『The friends of Ringo Ishikawa』が日本語対応! 石河倫吾の物語を堪能しよう

今年5月よりSteamにて配信が開始されていた、日本が舞台の不良高校生アクションゲーム『The friends of Ringo Ishikawa』ですが、本日のアップデートにて待望の日本語対応が行われました。あわせてSteamページの説明も日本語となっています。

高校3年の最後の秋。不良グループのリーダー、石河倫吾はその親友"マブダチ”たちと共に過ごしていく。

もし以下に興味があるなら、是非この体験を手にしてみてください!

1) 対話で読み解く良き"成長物話"
2) ベルトスクロールアクションの戦闘システム(多彩でユニークな戦闘を約束します!)
3) 古き良き不良の美学があります。

基本的には、学生生活をどのように楽しむかというシム要素を含むオープンワールド形式のゲームです。 昼夜1日のサイクルの中で、探索する町があり、NPCはその時間帯で行動しています。戦闘スキルを高めたり、真面目に学校で勉強したり、ミニゲームで時間をつぶしたり(ピンポン、ビリヤード、ビデオポーカー、TVゲーム...)、そのスタイルは様々です。

しかし、私が伝えたいこと、それはストーリーです。物語を感じること、私はそのようにゲームをデザインしています。だからこれはただの不良グループのライバルや抗争についての物語ではありません。ただそこで生活し、感じて欲しい。それだけです。








ロシア産とは思えないほど日本の風景が見事に描かれている『The friends of Ringo Ishikawa』。本作はSteamにて1,490円で配信中です。

なお、Game*Sparkでは、本作の開発者Vadim Gilyazetdinov氏へのインタビューを掲載しています。Gilyazetdinov氏の父親がキャラクターアーティストを手掛けることになったいきさつなどが語られていますので、興味のある方は、過去記事を参照ください。
《RIKUSYO》

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』10年以上の早期アクセス期間を経て6月ついに正式リリース!ロードマップも公開

    クラフトゾンビサバイバル『7 Days to Die』10年以上の早期アクセス期間を経て6月ついに正式リリース!ロードマップも公開

  2. 実写ドラマの興奮冷めやらず『Fallout 76』にファンが続々参戦。Steam版同接は過去最高の5万人を記録

    実写ドラマの興奮冷めやらず『Fallout 76』にファンが続々参戦。Steam版同接は過去最高の5万人を記録

  3. 『ドラゴンズドグマ 2』次回アップデートではポーン関連の調整が多め。4月配信パッチ内容公開

    『ドラゴンズドグマ 2』次回アップデートではポーン関連の調整が多め。4月配信パッチ内容公開

  4. ラジコンカーで街中を爆走するレースゲーム『Volt Recharge』発表―カスタマイズした機体で白熱の画面分割/オンライン対戦に挑め

  5. 穏やかな森の中で暮らすサバイバル『Under Canopies』Steamストアページ公開―動物の飼育や料理を楽しみながら自然と調和して生活

  6. 『Cities: Skylines II』圧倒的不評なDLC「Beach Properties」の返金対応が発表―開発方針も見直しへ

  7. モンスター収集RPGホラー『Monstronomy』Steamでリリース―ダークウェブで発見された“ポケモン”風ゲームに隠された恐怖とは

  8. 基本プレイ無料の王道SRPG『鈴蘭の剣:この平和な世界のために』正式リリースが2024年夏に決定。ファイナルCBTも実施予定

  9. 発売から4年“非常に好評”『No one lives under the lighthouse Director's cut』日本語に対応!一人称視点灯台ホラーADV

  10. 画面が増え続けるトンデモ『テトリス』無料リリース。『Baba is You』作者による新作落ち物パズル

アクセスランキングをもっと見る

page top