ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信

Surprise AttackとTeam Fractal Alligatorのハッキングアドベンチャー『Hacknet』。ゲーム販売サイト「Itch.io」にて、本作の教育用一括ライセンスが発売されています。

PC Windows
ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信
  • ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信
  • ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信

Surprise AttackとTeam Fractal Alligatorのハッキングアドベンチャー『Hacknet』。ゲーム販売サイト「Itch.io」にて、本作の教育用一括ライセンスが発売されています。

今回配信された教育ライセンス版は、オリジナルの『Hacknet』から成年向けの表現を削除し、14歳以上の学生に最適化したバージョン。1ライセンスにつき通常価格の半額である5ドルで配信されており、最低価格50ドル(10ライセンスぶん)からダウンロードでのみ購入可能になっています。

なお、ゲーム自体はWindows/Mac/Linuxの全てをサポートしているスタンドアロンのDRMフリー版になっており、カスタムコンテンツを導入する「Hacknet Extensions」にも対応しているとのこと。しかしながら、対応言語については明らかになっておらず、配信されているバージョンで日本語がサポートされているかどうかは不明です(Steamで配信されている通常版は日本語対応済)。

ちなみに、記事執筆現在、Steamでは8月13日に迎えた同作の3周年を記念して、オリジナル版が通常価格の80%オフである202円で発売中。このようにセールの状況如何では割高になってしまうとはいえ、学生でも安心して使える作品がUNIXやCUI、GUIの学習を支援する商品としてリリースされるのはゲーマーでなくとも喜ばしいところなのはないでしょうか。今回の教育ライセンス版に関するその他の詳細はこちらから確認可能です。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『バトルフィールドV』チャプター5「太平洋の戦い」トレイラー公開! あの定番マップも?

    『バトルフィールドV』チャプター5「太平洋の戦い」トレイラー公開! あの定番マップも?

  2. 『マブラヴ オルタネイティヴ』の正当続編『INTEGRATE』発表!新作『PROJECT MIKHAIL』や『君が望む永遠』のリブート計画始動も明らかに

    『マブラヴ オルタネイティヴ』の正当続編『INTEGRATE』発表!新作『PROJECT MIKHAIL』や『君が望む永遠』のリブート計画始動も明らかに

  3. エレクトロニック・アーツがSteamでのPCゲーム販売を再開予定? データベースに気になる動き

    エレクトロニック・アーツがSteamでのPCゲーム販売を再開予定? データベースに気になる動き

  4. 淫魔が主役の地獄ホラー『SUCCUBUS』子供は見ちゃダメなゲームプレイ映像公開!

  5. 『LoL』初期チャンプのスプラッシュアートが期間限定で変更!ファンの入魂イラストがロード画面にズラリ

  6. PC版『CoD:MW』ローンチ時間が公開!日本では25日午前10時から

  7. Tスピンもできる…!?『オーバーウォッチ』プレイヤーが『テトリス』をワークショップで再現

  8. 放置系RPG『Clicker Warriors』PC/モバイル向けに配信―空いた時間にも冒険をチラ見!

  9. 今後のSteam大型セールの実施日を非公式データベースサイトが報告―ハロウィンセールは近日開催か

  10. 『Dead by Daylight』ハロウィンイベント「聖人の終焉」が延期―次回中間チャプターと同時に

アクセスランキングをもっと見る

1
page top