ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信

Surprise AttackとTeam Fractal Alligatorのハッキングアドベンチャー『Hacknet』。ゲーム販売サイト「Itch.io」にて、本作の教育用一括ライセンスが発売されています。

PC Windows
ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信
  • ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信
  • ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信

Surprise AttackとTeam Fractal Alligatorのハッキングアドベンチャー『Hacknet』。ゲーム販売サイト「Itch.io」にて、本作の教育用一括ライセンスが発売されています。

今回配信された教育ライセンス版は、オリジナルの『Hacknet』から成年向けの表現を削除し、14歳以上の学生に最適化したバージョン。1ライセンスにつき通常価格の半額である5ドルで配信されており、最低価格50ドル(10ライセンスぶん)からダウンロードでのみ購入可能になっています。

なお、ゲーム自体はWindows/Mac/Linuxの全てをサポートしているスタンドアロンのDRMフリー版になっており、カスタムコンテンツを導入する「Hacknet Extensions」にも対応しているとのこと。しかしながら、対応言語については明らかになっておらず、配信されているバージョンで日本語がサポートされているかどうかは不明です(Steamで配信されている通常版は日本語対応済)。

ちなみに、記事執筆現在、Steamでは8月13日に迎えた同作の3周年を記念して、オリジナル版が通常価格の80%オフである202円で発売中。このようにセールの状況如何では割高になってしまうとはいえ、学生でも安心して使える作品がUNIXやCUI、GUIの学習を支援する商品としてリリースされるのはゲーマーでなくとも喜ばしいところなのはないでしょうか。今回の教育ライセンス版に関するその他の詳細はこちらから確認可能です。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』アッシュのADS不具合は修正中―ジェフ・カプラン氏がコメント

    『オーバーウォッチ』アッシュのADS不具合は修正中―ジェフ・カプラン氏がコメント

  2. アクションカードゲーム『Overdungeon』早期アクセス開始!ローグライク×タワーディフェンスな新感覚タイトル

    アクションカードゲーム『Overdungeon』早期アクセス開始!ローグライク×タワーディフェンスな新感覚タイトル

  3. 『PUBG』「FIX PUBG」キャンペーンが完了―マッチメイキングなど次なる目標も

    『PUBG』「FIX PUBG」キャンペーンが完了―マッチメイキングなど次なる目標も

  4. 『シヴィライゼーション VI』新拡張「Gathering Storm」Steamで予約開始!今度は自然環境がテーマ

  5. ミュータント戦術ADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』PC版要求スペックが公開!

  6. 『リーグ・オブ・レジェンド』新チャンピオン「ニーコ」がPBEに登場!味方チャンピオンに擬態できるカメレオンガール【UPDATE】

  7. 人気農業シム最新作『Farming Simulator 19』海外向けに発売!―ローンチトレイラーも公開

  8. 『Half-Life』リメイク『Black Mesa』Xen新トレイラー!リリース時期も決定

  9. DMM版『Identity V』プレイレポ!PCで遊ぶ『第五人格』はどう変化した?【TGS2018】

  10. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

アクセスランキングをもっと見る

page top