ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信

Surprise AttackとTeam Fractal Alligatorのハッキングアドベンチャー『Hacknet』。ゲーム販売サイト「Itch.io」にて、本作の教育用一括ライセンスが発売されています。

PC Windows
ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信
  • ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信
  • ハッキングADV『Hacknet』が教育用ライセンスを配信開始、通常価格の半額で配信

Surprise AttackとTeam Fractal Alligatorのハッキングアドベンチャー『Hacknet』。ゲーム販売サイト「Itch.io」にて、本作の教育用一括ライセンスが発売されています。

今回配信された教育ライセンス版は、オリジナルの『Hacknet』から成年向けの表現を削除し、14歳以上の学生に最適化したバージョン。1ライセンスにつき通常価格の半額である5ドルで配信されており、最低価格50ドル(10ライセンスぶん)からダウンロードでのみ購入可能になっています。

なお、ゲーム自体はWindows/Mac/Linuxの全てをサポートしているスタンドアロンのDRMフリー版になっており、カスタムコンテンツを導入する「Hacknet Extensions」にも対応しているとのこと。しかしながら、対応言語については明らかになっておらず、配信されているバージョンで日本語がサポートされているかどうかは不明です(Steamで配信されている通常版は日本語対応済)。

ちなみに、記事執筆現在、Steamでは8月13日に迎えた同作の3周年を記念して、オリジナル版が通常価格の80%オフである202円で発売中。このようにセールの状況如何では割高になってしまうとはいえ、学生でも安心して使える作品がUNIXやCUI、GUIの学習を支援する商品としてリリースされるのはゲーマーでなくとも喜ばしいところなのはないでしょうか。今回の教育ライセンス版に関するその他の詳細はこちらから確認可能です。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 吸血鬼RPG『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』“Thinblood”種を紹介する新トレイラー!

    吸血鬼RPG『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』“Thinblood”種を紹介する新トレイラー!

  2. PC日本語版『キングダムカム・デリバランス』発売日決定!中世ボヘミア好き垂涎の限定版内容も

    PC日本語版『キングダムカム・デリバランス』発売日決定!中世ボヘミア好き垂涎の限定版内容も

  3. 深海サバイバル『Subnautica: Below Zero』無料アップデート「Snowfox」配信ー乗り物やバイオームなど追加

    深海サバイバル『Subnautica: Below Zero』無料アップデート「Snowfox」配信ー乗り物やバイオームなど追加

  4. 新要素たっぷりな『マインクラフト』最新アップデート「Village & Pillage」実施!

  5. ディストピアADV『Backbone』無料デモ版配信開始ー主人公はアライグマさん探偵なのだ

  6. 『Fallout 76』で「修理キット」などが実装されるパッチ8.5配信―パッチノートも公開

  7. 人狼×雪山サバイバル『Project Winter』正式版配信が5月23日に決定―あなたは「どちら」側?

  8. 全ての流通を網羅する輸送シム続編『Transport Fever 2』が発表!2019年後半に配信

  9. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  10. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top