銃乱射事件対応VRソフト『EDGE』“教師用”導入へ―学校での事件を体験する教育用ソフト | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

銃乱射事件対応VRソフト『EDGE』“教師用”導入へ―学校での事件を体験する教育用ソフト

海外メディアGizmodoは、銃乱射事件対応訓練に用いられているVRシミュレーターソフト『EDGE(Enhanced Dynamic Geo-Social Environment)』に、教師用の更新版がリリースされることを報じています。

ゲーム文化 カルチャー
銃乱射事件対応VRソフト『EDGE』“教師用”導入へ―学校での事件を体験する教育用ソフト
  • 銃乱射事件対応VRソフト『EDGE』“教師用”導入へ―学校での事件を体験する教育用ソフト
  • 銃乱射事件対応VRソフト『EDGE』“教師用”導入へ―学校での事件を体験する教育用ソフト

海外メディアGizmodoは、銃乱射事件対応訓練に用いられているVRシミュレーターソフト『EDGE(Enhanced Dynamic Geo-Social Environment)』に、教師用の更新版がリリースされることを報じています

『EDGE』は、米国陸軍および国土安全保障省が560万ドルを投じて開発したVRシミュレーターソフト。米国内で度々発生する痛ましい銃乱射事件に対して、消防署や警察機関が対応するための訓練用として開発されました。

今回導入される“教師用”では、教師、犯人役、警察官役ーの3つの役割が存在しています。教師はパニックに陥った生徒を集めて安全な場所へと避難することが主な目的。一方、犯人役は生徒を可能な限り殺すこと、警察官役は犯人を射殺することが目的となっています。

この更新について、『EDGE』のチーフエンジニア、Tamara Griffith氏は、「経験が豊かになればなるほど、生存の機会は増えます。『EDGE』により、あなたは経験を重ねて、何が効果的で何が効果がないかを知ることができます。」とコメントしました。なお、この更新にあたっては、バージニア工科大学とサンディフック小学校の事例の音声や、関係者証言から、よりリアルな事件環境を構築することへと挑戦しているようです。

現実では体験できないであろう環境を体験可能なのもVRの特徴。ソフト内にロールプレイ要素があるだけに、一見ただのゲームのようにも思えてしまうかも知れませんが、こういったシミュレーションソフトが人の命を救うことについては、ゲーマーならずとも期待したいところでしょう。

『EDGE』教師版は2018年春リリース予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 世界初となる「FFXIV ウエディング」の申し込み受付がスタート!壮大な楽曲と精巧に再現した武器で、感動の結婚式を実現

    世界初となる「FFXIV ウエディング」の申し込み受付がスタート!壮大な楽曲と精巧に再現した武器で、感動の結婚式を実現

  2. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

    白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  3. Constantin Filmが『ジャストコーズ』の映画化権を獲得!「ジョン・ウィック」の脚本家も参加

    Constantin Filmが『ジャストコーズ』の映画化権を獲得!「ジョン・ウィック」の脚本家も参加

  4. 「何でチートするの?」ストリーマーShroudが『Apex Legends』チーターへのコンタクトに成功

  5. 『Dead by Daylight』3周年を記念した“最大の”ライブストリームが日本時間6月1日より配信決定

  6. Tfueが所属チームFaZeを訴える―劣悪な労働契約を主張もチーム側は全面否定

  7. 俯瞰視点クライムアクション『American Fugitive』配信開始!「正義が合法とは限らない」

  8. PvPvEのアクションルーターシューター『XERA: Survival』が近日Steam早期アクセス開始!

  9. 揺れる!破れる!美少女格ゲー『Fight Angel』早期アクセス開始―詳細なキャラカスタマイズ機能も

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

1
page top