『バトルフィールドV』オープンベータは9月6日開始!―条件次第では2日早い参加も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『バトルフィールドV』オープンベータは9月6日開始!―条件次第では2日早い参加も

Electronic Artsは、シリーズ最新作『Battlefield V』のオープンベータが9月6日から始まることを発表しました。

ニュース 発表
『バトルフィールドV』オープンベータは9月6日開始!―条件次第では2日早い参加も
  • 『バトルフィールドV』オープンベータは9月6日開始!―条件次第では2日早い参加も
Electronic Artsは、シリーズ最新作『バトルフィールドV』のオープンベータが9月6日から始まることを発表しました。

対象となるのはPS4/Xbox One/PC。EA Access、Origin Access、Origin Access Premierのメンバーであるか、本作を予約注文することで2日早い9月4日からオープンベータに参加できるということです。細かな参加条件などは公式サイトをご確認ください。

開始日時
ベータは9月6日から一般向けに公開され、一定期間のみ実施されます。9月になったら一緒にプレイできるように友達に今から伝えておきましょう。

事前ダウンロードは日本時間9月3日5:00PMから利用可能です。

早期参加の方法
EA Access、Origin Access、Origin Access Premierのメンバーであるか、「Battlefield V」を本日PC、Xbox One、PlayStation 4で予約注文すれば、オープンベータに9月4日から先行アクセスすることが可能になります。

利用可能なマルチプレイヤーマップ&モード
最大64人が参加するコンクエストモードをプレイ可能で、戦場と化したオランダの都市が舞台のRotterdamマップと、凍てついたノルウェーのナルヴィクが舞台のArctic Fjordマップが利用可能です。コンクエストでは、巨大なマルチプレイヤーマップで新登場の構築やけん引可能な兵器、分隊増援要請システムを使って鍵となる地点の支配権を巡って戦います。

また、オープンベータではグランド・オペレーションの2作戦日を利用可能です。これは歴史上の出来事をテーマにしたモジュラー型のストーリー体験で、1作戦日が1ラウンドとなっており、プレイヤーの行動が次のラウンドに直接的な影響を与えます。最大64人のプレイヤーがArctic Fjordマップでエアボーンとブレークスルーの各モードに出撃可能です。

タイド・オブ・ウォーのプレビュー
また、9月には数ヶ月ごとに新たな歴史の一幕が追加されて、常に進化し続ける第二次世界の旅を楽しめる「タイド・オブ・ウォー」のプレビューも体験できます。タイド・オブ・ウォーの各チャプターは特定の時代にフォーカスし、それぞれのユニークなゲーム体験がプレイに新たな風を吹き込むでしょう。

オープンベータではタイド・オブ・ウォーの5つのパートからなるチャプターが体験可能です。チャプターを完了したプレイヤーは「Battlefield V」のリリース時に限定のゲーム内ドッグタグを受け取ることができます。

『バトルフィールドV』は、PS4/Xbox One/PC向けに2018年10月19日発売予定です。
《SEKI》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 13 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

    『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  2. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

    PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  3. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

    『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  4. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『リネージュ M』日本語版の事前登録が開始─長い歴史を持つシリーズの原点がモバイルで

  7. SFMMOシューター『PlanetSide Arena』リリースが2019年夏に延期ー海外PS4版も発表

  8. 残虐格ゲー『Mortal Kombat 11』女暗殺者「ジェイド」参戦決定―凄惨なフェイタリティも

  9. 『鉄拳7』サウジアラビア出身の新キャラが現地新聞に掲載、アラビアンな原田氏の姿も

  10. プラチナゲームズ橋本祐介氏が退社―『ベヨネッタ』プロデューサーなど【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top