『DOOM II』、24年越しに不可能と考えられたシークレットの達成方法が判明―ジョン・ロメロ氏も祝辞 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『DOOM II』、24年越しに不可能と考えられたシークレットの達成方法が判明―ジョン・ロメロ氏も祝辞

id SoftwareのFPS『DOOM II』。同作発売から24年もの間達成不可能とされていたある「シークレット」の達成方法が判明した模様です。

ゲーム文化 カルチャー
『DOOM II』、24年越しに不可能と考えられたシークレットの達成方法が判明―ジョン・ロメロ氏も祝辞
  • 『DOOM II』、24年越しに不可能と考えられたシークレットの達成方法が判明―ジョン・ロメロ氏も祝辞

id SoftwareのFPS『DOOM II』。同作発売から24年もの間達成不可能とされていたある「シークレット」の達成方法が判明した模様です。

『DOOM II』では、マップ上に隠された様々な隠し通路などが「シークレット」として存在しており、ステージクリア後にはシークレット達成率が表示される仕組みとなっています。今回話題となったのは、レベル15「Industrial Zone」にて、通常のプレイでは侵入不可能なテレポーター内の位置に、このカウントされるシークレットが設定されており、長らく同レベルのシークレット最大達成率が90%とされていた問題。

今回このシークレットを達成することに成功したのはスピードランナーのZero Master氏。氏は、敵を召喚する能力を持つペインエレメンタルがプレイヤーの上に敵を召喚した際に発生する一瞬のノックバック時に、理論上のシークレットカウント条件を達成できることを発見、今回の100%シークレットを達成したとしています。映像では3:00前後でそのシーンを確認することが可能です。

同マップを制作した元id Softwareのジョン・ロメロ氏は、Twitterにてこの偉業を称えるとともに、内容を解説。シークレット達成を祝っています。

24年もの間愛され続ける『DOOM II』。シリーズ新作『DOOM Eternal』が発表されてなお、人々を惹きつけて止まないようです。
《Arkblade》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 奪われた土地を取り戻す先住民族オープンワールドサバイバル『This Land Is My Land』正式リリース!

    奪われた土地を取り戻す先住民族オープンワールドサバイバル『This Land Is My Land』正式リリース!

  2. TBS宇内アナ、『Bloodborne』ゴースの遺子撃破に歓喜の叫び!初クリアを思い出させる、微笑ましい喜びっぷりを披露

    TBS宇内アナ、『Bloodborne』ゴースの遺子撃破に歓喜の叫び!初クリアを思い出させる、微笑ましい喜びっぷりを披露

  3. 初期バイオ風サバイバルホラー『RESIDENCE of EVIL: VIGIL』最新開発映像!

    初期バイオ風サバイバルホラー『RESIDENCE of EVIL: VIGIL』最新開発映像!

  4. 香川「ゲーム依存症対策条例」新たな裁判が勃発、“頭脳プレイ”は功を奏するのか

  5. 映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』原作ゲームの1つ『RE:2』とのディテール表現にこだわった比較映像公開

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. めっちゃ笑顔な宇宙ウサギの撃ちまくりアクション『Spectacular Sparky』配信開始

  8. 殺人ウサギが襲いかかる! 初代PS風ホラー『MURDER HOUSE』Steam配信開始

  9. オールドスクールな2D格闘ゲーム『Dual Souls: The Last Bearer』正式リリース!『ストIII』『月華』などからインスパイア

  10. デッキ構築型ローグライト+脱出パズル+サイコホラーな『Inscryption』配信開始!『Pony Island』開発元の新作

アクセスランキングをもっと見る

page top