アマゾンを生きるオープンワールド『Green Hell』Steamで高評価―サバイバルのスタンダードなるか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アマゾンを生きるオープンワールド『Green Hell』Steamで高評価―サバイバルのスタンダードなるか

Creepy Jarはアマゾンの熱帯雨林を舞台にしたオープンワールドサバイバル『Green Hell』のSteam早期アクセスを開始しています。

PC Windows
アマゾンを生きるオープンワールド『Green Hell』Steamで高評価―サバイバルのスタンダードなるか
  • アマゾンを生きるオープンワールド『Green Hell』Steamで高評価―サバイバルのスタンダードなるか
  • アマゾンを生きるオープンワールド『Green Hell』Steamで高評価―サバイバルのスタンダードなるか
  • アマゾンを生きるオープンワールド『Green Hell』Steamで高評価―サバイバルのスタンダードなるか
  • アマゾンを生きるオープンワールド『Green Hell』Steamで高評価―サバイバルのスタンダードなるか
  • アマゾンを生きるオープンワールド『Green Hell』Steamで高評価―サバイバルのスタンダードなるか

8月29日よりSteam早期アクセスが開始されているCreepy Jarのオープンワールドサバイバル『Green Hell』ですが、Steamで高評価を維持しています。

『Green Hell』は一人称視点のオープンワールドサバイバル。記事執筆時点での評価は、非常に好評、となっており、評価が二分されやすいサバイバルジャンルにおいては、健闘しています。本作の舞台となるアマゾンの熱帯雨林では、ワニや蜂、ヒルに、原住民など様々な危険が潜んでおり、まさに「緑の地獄(Green Hell)」。そんな極限の環境下、心身を蝕まれながら生還を目指します。



火起こし、罠の設置や怪我の治療など、リアルなサバイバルシミュレーションが軸の1つ。それだけではなく、パラメーターとして「精神状態」が紹介されており、己との戦いも大きな特徴とされています。助けのない孤独な状態での生存、「正気を保て(STAY SANE)」という言葉に象徴されるように、重要な要素の1つとなっています。



早期アクセスは3ヶ月を予定しており、フルバージョンではプレイエリアの拡張やストーリーモードの実装などを予定しているとのこと。また、早期アクセス終了後は価格を引き上げて販売するという予告もあるので今のうちに手に入れておくのも1つの手段かもしれません。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. ボス戦特化の非対称対戦ACT『BOSSGARD』早期アクセス開始―個性豊かなボスとして対戦相手を迎え撃て

    ボス戦特化の非対称対戦ACT『BOSSGARD』早期アクセス開始―個性豊かなボスとして対戦相手を迎え撃て

  2. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

    Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  3. レトロ風オープンワールドRPG『Knights of Tartarus』正式版がSteam配信開始

    レトロ風オープンワールドRPG『Knights of Tartarus』正式版がSteam配信開始

  4. 『Arma 3』初のサードパーティ開発DLC「Global Mobilization - Cold War Germany」発表

  5. 2DオープンワールドACT『Forager』PC向けに配信開始!様々なスタイルで世界を拡げろ

  6. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  7. ダークなトップダウンシューターRPG『Beyond The Veil』配信―弾幕をくぐり抜けて生き残れ

  8. 『Cuphead』日本語対応を含むアップデート配信ー新アニメーションやキャラクター選択機能なども追加

  9. 8bit風アクションADV『アスタロン: 地球の涙』かわいいキャラの冒険を描くゲームプレイトレイラー!

  10. ハクスラARPG『Warhammer: Chaosbane』予約者向け第2回ベータを4月24日まで実施中―新トレイラーも公開

アクセスランキングをもっと見る

1
page top