『バットマン アーカム』シリーズ開発元が「次世代機向けAAAタイトル」を示唆―“大いに期待のかかる”作品 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『バットマン アーカム』シリーズ開発元が「次世代機向けAAAタイトル」を示唆―“大いに期待のかかる”作品

『バットマン アーカム』シリーズの開発で知られるRocksteady Studiosは、同社求人ページにて、未発表AAAタイトルの存在を示唆しました。

ニュース ゲーム業界
『バットマン アーカム』シリーズ開発元が「次世代機向けAAAタイトル」を示唆―“大いに期待のかかる”作品
  • 『バットマン アーカム』シリーズ開発元が「次世代機向けAAAタイトル」を示唆―“大いに期待のかかる”作品
  • 『バットマン アーカム』シリーズ開発元が「次世代機向けAAAタイトル」を示唆―“大いに期待のかかる”作品
バットマン アーカム』シリーズの開発で知られるRocksteady Studiosは、同社求人情報ページにて、未発表AAAタイトルの存在を示唆しました。

現時点で、Rocksteadyが開発する新作の詳細は不明ですが、公式Webサイトに記載されている“Community Manager”の求人情報によれば、未発表でかつ大いに期待のかかるAAAタイトルであるとのこと。そのほか、“Lead Rendering Programmer”の項では次世代機向けのタイトルであることが示唆されています。

また、“Senior Producer”などではコミックや小説、ゲーム、映画などのポピュラーなカルチャーについて幅広い知識を条件としているため、『アーカム』シリーズのような原作のあるゲームである可能性も考えられます。

いつごろ発表されるのかはわかりませんが、評価の高いシリーズを生み出しているRocksteadyだけに、新作がどのようなタイトルとなるのか期待がかかります。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

    『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

  2. 『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

    『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

  3. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

    『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  4. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

  5. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  6. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  7. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  8. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

  9. 「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

  10. PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

アクセスランキングをもっと見る

1
page top