バトルロイヤル/FPSスキルの訓練ゲーム『Range Royale』が早期アクセス開始! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

バトルロイヤル/FPSスキルの訓練ゲーム『Range Royale』が早期アクセス開始!

e-Sportsのコーチングプラットフォームを展開しているGamer Senseiは、バトルロイヤルやファースト・パーソン・シューターのスキルを訓練するための『Gamer Sensei's Range Royale』をSteam早期アクセスにて配信しました。

PC Windows
バトルロイヤル/FPSスキルの訓練ゲーム『Range Royale』が早期アクセス開始!
  • バトルロイヤル/FPSスキルの訓練ゲーム『Range Royale』が早期アクセス開始!
  • バトルロイヤル/FPSスキルの訓練ゲーム『Range Royale』が早期アクセス開始!
  • バトルロイヤル/FPSスキルの訓練ゲーム『Range Royale』が早期アクセス開始!
  • バトルロイヤル/FPSスキルの訓練ゲーム『Range Royale』が早期アクセス開始!
  • バトルロイヤル/FPSスキルの訓練ゲーム『Range Royale』が早期アクセス開始!
  • バトルロイヤル/FPSスキルの訓練ゲーム『Range Royale』が早期アクセス開始!
  • バトルロイヤル/FPSスキルの訓練ゲーム『Range Royale』が早期アクセス開始!
  • バトルロイヤル/FPSスキルの訓練ゲーム『Range Royale』が早期アクセス開始!

e-Sportsのコーチングプラットフォームを展開しているGamer Senseiは、バトルロイヤルやファースト・パーソン・シューターのスキルを訓練するための『Gamer Sensei's Range Royale』をSteam早期アクセスにて配信しました。


e-Sportsの専門家によって設計された本作では、一般的なバトルロイヤルゲームの武器やゲームモード、独創的な練習場での高度に調整されたソロ体験を提供。それによりプレイヤーは他のプレイヤーの目を気にすること無くスキルを磨くことが可能となっています。





Gamer SenseiのCEOであるJim Drewry氏は「私たちはGamerSensei.comの堅牢なコーチングプラットフォームを通じて何千人ものゲーマーのスキルアップに貢献しています。そして今ユニークなトレーニングゲーム『Range Royale』のリリースで、プレイヤーを勝利に導くさらなる方法を提供できることを嬉しく思います」と語っています。






『Range Royale』は通常価格620円で配信中(9月25日までは15%オフの527円)。早期アクセスはユーザーのフィードバックに応じて3~6ヶ月間行われ、正式リリース版ではより多くのモードや武器、統計や実績などが追加予定とのことです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. PC版『レッド・デッド・リデンプション2』がSteamにて配信開始!

    PC版『レッド・デッド・リデンプション2』がSteamにて配信開始!

  2. Epic Gamesストアから『Jotun: Valhalla Edition』の無料配布がスタート、次回は『The Escapists』

    Epic Gamesストアから『Jotun: Valhalla Edition』の無料配布がスタート、次回は『The Escapists』

  3. 『ボーダーランズ3』ストーリーDLC「モクシィのハンサム・ジャックポット乗っ取り大作戦」冒頭13分の映像公開

    『ボーダーランズ3』ストーリーDLC「モクシィのハンサム・ジャックポット乗っ取り大作戦」冒頭13分の映像公開

  4. サイバーパンクADV新作『Beyond a Steel Sky』の発売は2020年に―『Beneath A Steel Sky』の続編

  5. 『ディビジョン2』日本時間12月11日よりアップデート「TU6.1」配信ーパーマデス仕様のハードコアモードが追加

  6. 『真・三國無双8』DLCセットの特別版3種が発売!追加武器、追加シナリオ、シーズンパスなど

  7. 半裸男たちの肉弾バトル『Paunch』Steam配信開始!何これ……

  8. フライトシム『DCS: JF-17 Thunder』リリース!中パ共同開発戦闘機の実力とは

  9. PC/Xbox One版『Halo: Reach』配信開始! Steamだけでピーク時約16万人がプレイ、日本語吹替・字幕対応

  10. 「『ディアブロ IV』のシステムデザイン」更新―今回のテーマは「アイテムのコンセプトについて」

アクセスランキングをもっと見る

1
page top