『デッドライジング』シリーズのCapcom Vancouverが閉鎖―カプコンは開発特損45億円を計上 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『デッドライジング』シリーズのCapcom Vancouverが閉鎖―カプコンは開発特損45億円を計上

カプコンは9月18日、IR資料「開発中止損の計上に関するお知らせ」を公開し、『デッドライジング』シリーズで知られるカプコン・ゲーム・スタジオ・バンクーバーの開発中作品を見直した結果、45億円の特別損失が発生したことを明らかにしました。

ニュース ゲーム業界
『デッドライジング』シリーズのCapcom Vancouverが閉鎖―カプコンは開発特損45億円を計上
  • 『デッドライジング』シリーズのCapcom Vancouverが閉鎖―カプコンは開発特損45億円を計上

カプコンは9月18日、IR資料「開発中止損の計上に関するお知らせ」を公開し、『デッドライジング』シリーズで知られるカプコン・ゲーム・スタジオ・バンクーバー(Capcom Vancouver)の開発中作品を見直した結果、45億円の特別損失が発生したことを明らかにしました。

海外メディアは、このニュースに関連して、Capcom Vancouverの閉鎖を報道。公式ツイッターも、閉鎖が事実であることを明らかにしています。


Capcom Vancouverは2005年に“Blue Castle Games”として創業、2K Sportsの野球ゲーム『The Bigs』シリーズなどを手がけました。2010年には、カプコンのゾンビパラダイスアクション『デッドライジング2』を手掛け、同年にカプコンが子会社化、以後は『デッドライジング』シリーズの開発を一手に引き受けてきました。

しかし、『デッドライジング4』の売り上げが低調だったことに加え、2018年2月には未公開タイトルの開発中止、モバイルゲーム『Puzzle Fighter』のサービス終了とスタジオに対する逆風は止まりませんでした。

なお、同スタジオの公式サイトは閉鎖され、アクセスするとカプコンのリージョナルサイト(日本からはカプコン公式サイト)へリダイレクトされるようになっています。
《岩井省吾》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 41 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Epic Games、『フォートナイト』のクロスプラットフォームマルチ技術を他デベロッパーに開放へ

    Epic Games、『フォートナイト』のクロスプラットフォームマルチ技術を他デベロッパーに開放へ

  2. サバイバルTPS『Daymare: 1998』最新ティーザーとSteamストアページが公開!―『バイオ2』非公式リメイクから誕生

    サバイバルTPS『Daymare: 1998』最新ティーザーとSteamストアページが公開!―『バイオ2』非公式リメイクから誕生

  3. ベセスダ親会社ゼニマックスとFacebookのOculus巡る係争が和解、条件は未公開

    ベセスダ親会社ゼニマックスとFacebookのOculus巡る係争が和解、条件は未公開

  4. 実写映画版『モンハン』、「受付嬢」役に日本の女優が抜擢!ミラも「ゲームから飛び出してきたみたい」

  5. 『スマブラSP』国内初週販売本数は122万本―Twitterでトレンド入り果たす

  6. 『鉄拳7』DLC9「ニーガン」PVと追加情報を国内向けに公開!ストーリー仕立ての特別映像も披露

  7. 『CoD:BO4』大型アップデート「作戦名:絶対零度」PS4先行配信!ハッカー「Zero」など新要素を各モード別に紹介

  8. 人喰いサメのアクションRPG『Maneater』はEpic Gamesストア先行配信に―独占期間は12ヶ月間

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 『フォートナイト』v7.01パッチノート!1マッチで1本しか現れない武器「インフィニティブレイド」が登場

アクセスランキングをもっと見る

page top