『GTA: SA』スピードラン記録達成を阻んだのは……ゲームに隠された仕様の悲劇 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GTA: SA』スピードラン記録達成を阻んだのは……ゲームに隠された仕様の悲劇

Rockstar Gamesのクライムアクション『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』。海外プレイヤーが同作のスピードランに挑んでいる途中で、とあるアクシデントが発生し、記録が無効化されてしまう事態が起きました。

ゲーム文化 カルチャー
『GTA: SA』スピードラン記録達成を阻んだのは……ゲームに隠された仕様の悲劇
  • 『GTA: SA』スピードラン記録達成を阻んだのは……ゲームに隠された仕様の悲劇
  • 『GTA: SA』スピードラン記録達成を阻んだのは……ゲームに隠された仕様の悲劇

Rockstar Gamesのクライムアクション『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』。海外プレイヤーが同作のスピードランに挑んでいる途中で、とあるアクシデントが発生し、記録が無効化されてしまう事態が起きました。

Eurogamerによれば、この事態に見舞われたのはスピードランナーのLelReset氏。氏は自身の『GTA: SA』世界記録を塗り替えるためのチャレンジに挑戦中でしたが、突如として画面にヘリコプターが出現。氏は意図せずして「ヘリコプター出現」のチートコードを用いてしまったのです。

チートコードの利用は、今回LelReset氏が挑戦していたルールでは認められなかったため、氏はチャレンジを無効化されてしまうことに……。しかし、なぜ突如としてチートコードが発動してしまったのか。この事態が起こった背景には『GTA: SA』に隠されたある“仕様”の存在があります。

その仕様とは「WSADの組み合わせでチートコードの発動ができてしまう」というもの。このような事態に陥ったスピードランナーは初ではなく、他のスピードランでも同様の悲劇の報告がなされています。

スピードランとあれば、通常のプレイより細やかな操作を求められるもの。この“仕様”は今後も同作を極めようとするプレイヤーたちの前に立ちふさがっていくことになるのかもしれません。
《Arkblade》
Arkblade

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『サブノーティカ』開発元新作がgamescom 2022にて発表予定!SF世界が舞台のターン制ゲームに

    『サブノーティカ』開発元新作がgamescom 2022にて発表予定!SF世界が舞台のターン制ゲームに

  2. 28年前のSFCボクシングゲーム『スーパーパンチアウト!!』2人対戦が可能な隠しコマンドが明らかに

    28年前のSFCボクシングゲーム『スーパーパンチアウト!!』2人対戦が可能な隠しコマンドが明らかに

  3. 利用者は会員のわずか1%…2021年11月開始の「Netflixゲーム」現在までの利用状況が明らかに

    利用者は会員のわずか1%…2021年11月開始の「Netflixゲーム」現在までの利用状況が明らかに

  4. 迫力満点!『ELDEN RING』の「歩く霊廟」をレゴで再現―過去には『スカイリム』も題材に

  5. とってもキュートで芸達者!『S.T.A.L.K.E.R.』開発が世界猫の日を記念してネコちゃんを公開―新作に出るかも…?

  6. 『FF14』学者ジョブを実際の本とペンでプレイ!没入感たっぷりに魔法を撃てるけどやりにくそう

  7. ぶいすぽっ!15名が『VALORANT』で夏の大勝負!3チームに分かれた頂上決戦は池袋にて!?8月20日(土)に配信決定!

  8. 悍ましい世界が舞台の『DOOM』サバイバルホラーMod「Divine Frequency」新デモ公開!

  9. ピック率0%のエージェントが輝きを見せる―EMEA LCQで「Team Liquid」ScreaM選手がフェニックスを使用

  10. バンダイナムコが「パックマン」実写映画プロジェクト発表!海外メディア報道では制作スタッフの情報なども

アクセスランキングをもっと見る

page top