『GTA: SA』スピードラン記録達成を阻んだのは……ゲームに隠された仕様の悲劇 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GTA: SA』スピードラン記録達成を阻んだのは……ゲームに隠された仕様の悲劇

Rockstar Gamesのクライムアクション『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』。海外プレイヤーが同作のスピードランに挑んでいる途中で、とあるアクシデントが発生し、記録が無効化されてしまう事態が起きました。

ゲーム文化 カルチャー
『GTA: SA』スピードラン記録達成を阻んだのは……ゲームに隠された仕様の悲劇
  • 『GTA: SA』スピードラン記録達成を阻んだのは……ゲームに隠された仕様の悲劇
  • 『GTA: SA』スピードラン記録達成を阻んだのは……ゲームに隠された仕様の悲劇

Rockstar Gamesのクライムアクション『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』。海外プレイヤーが同作のスピードランに挑んでいる途中で、とあるアクシデントが発生し、記録が無効化されてしまう事態が起きました。

Eurogamerによれば、この事態に見舞われたのはスピードランナーのLelReset氏。氏は自身の『GTA: SA』世界記録を塗り替えるためのチャレンジに挑戦中でしたが、突如として画面にヘリコプターが出現。氏は意図せずして「ヘリコプター出現」のチートコードを用いてしまったのです。

チートコードの利用は、今回LelReset氏が挑戦していたルールでは認められなかったため、氏はチャレンジを無効化されてしまうことに……。しかし、なぜ突如としてチートコードが発動してしまったのか。この事態が起こった背景には『GTA: SA』に隠されたある“仕様”の存在があります。

その仕様とは「WSADの組み合わせでチートコードの発動ができてしまう」というもの。このような事態に陥ったスピードランナーは初ではなく、他のスピードランでも同様の悲劇の報告がなされています。

スピードランとあれば、通常のプレイより細やかな操作を求められるもの。この“仕様”は今後も同作を極めようとするプレイヤーたちの前に立ちふさがっていくことになるのかもしれません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 小島監督とノーマン・リーダスがトライベッカ映画祭トークイベントに出演決定―『デススト』を語る

    小島監督とノーマン・リーダスがトライベッカ映画祭トークイベントに出演決定―『デススト』を語る

  2. 赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は

    赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は"戦争にもルールがあることを知らせるため"

  3. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

    『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  4. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  5. シリア・ラッカ奪還に参加した狙撃隊員、『コール・オブ・デューティー』で「戦場で生き残る術を学んだ」―海外報道

  6. 個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

  7. ウソじゃない『Portal』のケーキを1から手作りする本格的お料理動画が公開

  8. Twitch主催『Apex Legends』初の公式大会でNinja率いるチームが優勝

  9. 新作サイバーパンクADV『VirtuaVerse』Steamページ公開!クールすぎる最新トレイラーも

  10. 『モータルコンバット』科学検証番組第3弾―サブゼロの氷の斧で物は切れるのか?

アクセスランキングをもっと見る

1
page top