EA、『BFV』コンテンツアンロックを説明―Pay to Winによらない公平なバランスを根幹に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EA、『BFV』コンテンツアンロックを説明―Pay to Winによらない公平なバランスを根幹に

エレクトロニック・アーツは、シリーズ新作『バトルフィールドV』のコンテンツアンロックについて説明する公式ブログエントリを公開しました。

家庭用ゲーム PS4
EA、『BFV』コンテンツアンロックを説明―Pay to Winによらない公平なバランスを根幹に
  • EA、『BFV』コンテンツアンロックを説明―Pay to Winによらない公平なバランスを根幹に
  • EA、『BFV』コンテンツアンロックを説明―Pay to Winによらない公平なバランスを根幹に

エレクトロニック・アーツは、シリーズ新作『バトルフィールドV』のコンテンツアンロックについて説明する公式ブログエントリを公開しました。

従来作品のようにプレミアムパスを採用していない同作。武器やビークル、兵士のコレクション「中隊」はゲームプレイに伴うプログレッションと、プログレッションの進行やデイリーミッション、一部のスペシャル任務で手に入る“コイン”を用いたシステムそれぞれにより、兵士のビジュアルや武器、ビークル、武器パーツ、専門技能などをアンロック可能です。

プログレッションは、ゲーム全体のプレイで上昇する「キャリアランク」、各兵科ごとのプレイで向上する「兵科ランク」、武器やビークル使用で向上する「武器ランク」「ビークルランク」、そして新コンテンツ“タイド・オブ・ウォー”の継続プレイで上昇させることができる「チャプターランク」の計5種類。


“コイン”には通常のコインの他に、「バトルフィールドコイン」と呼ばれる課金通貨も導入されるとのことですが、これは“特定のビジュアルアイテム”の購入のみに用いられます。なお、「バトルフィールドコイン」の導入は製品発売後、後日実装になるとしました。

エレクトロニック・アーツは、同シリーズでは常に、各要素がバランスの取れた三つ巴を織りなすことがゲームの根幹であり、「課金することで有利を勝ち取る、ペイ・トゥ・ウイン、ペイ・フォア・パワーといった流れは決してシリーズに持ち込んではならないものだと考えています。」と同エントリ内で課金要素について述べています。

『バトルフィールドV』は2018年11月20日にPS4/Xbox One/PC向けに発売予定です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場

    みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場

  2. 『エースコンバット7』DLC第1弾配信開始!ADF-11F「レーベン」がUAVで獲物を喰らうトレイラーも

    『エースコンバット7』DLC第1弾配信開始!ADF-11F「レーベン」がUAVで獲物を喰らうトレイラーも

  3. クトゥルフADV『The Sinking City』主人公が訪れるロケーションに注目した海外トレイラー

    クトゥルフADV『The Sinking City』主人公が訪れるロケーションに注目した海外トレイラー

  4. 『オーバーウォッチ』3周年記念イベント「アニバーサリー 2019」開幕!

  5. 『Apex Legends』新パッチ更新内容が公開―オーディオエンジンの最適化、ジブラルタルのシールド貼り付け修正など

  6. 『フォートナイト』v9.10アップデートのパッチノート公開―戦利品を運ぶホットスポットやホーンテッドヒルズテーマ、スペースロックが追加

  7. 『ジャストコーズ4』バージョン1.11配信―古代のデーモンが登場するDLC第2弾は7月3日配信

  8. 『オーバーウォッチ』“ワークショップ”機能が一般公開!新たなゲームルールが自作可能に

  9. モンスター協力ハンティング『Dauntless』正式サービス開始日が5月21日に決定!

  10. 『Brothers: A Tale of Two Sons』海外ニンテンドースイッチ版が5月28日発売―日本向け展開も示唆

アクセスランキングをもっと見る

1
page top