『レインボーシックス シージ』ゲーム内の表現の変更を海外向けに告知―“アジア圏向け展開”が目的 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『レインボーシックス シージ』ゲーム内の表現の変更を海外向けに告知―“アジア圏向け展開”が目的

ユービーアイソフトは、人気対戦タクティカルシューター『レインボーシックス シージ』において、ゲーム内のいくつかの表現内容の変更を行うことを海外向けに告知しました。

ゲーム文化 カルチャー
『レインボーシックス シージ』ゲーム内の表現の変更を海外向けに告知―“アジア圏向け展開”が目的
  • 『レインボーシックス シージ』ゲーム内の表現の変更を海外向けに告知―“アジア圏向け展開”が目的
  • 『レインボーシックス シージ』ゲーム内の表現の変更を海外向けに告知―“アジア圏向け展開”が目的
  • 『レインボーシックス シージ』ゲーム内の表現の変更を海外向けに告知―“アジア圏向け展開”が目的
  • 『レインボーシックス シージ』ゲーム内の表現の変更を海外向けに告知―“アジア圏向け展開”が目的
  • 『レインボーシックス シージ』ゲーム内の表現の変更を海外向けに告知―“アジア圏向け展開”が目的
ユービーアイソフトは、人気対戦タクティカルシューター『レインボーシックス シージ』において、ゲーム内のいくつかの表現内容の変更を行うことを海外向けに告知しました。

これは同作のアジア圏向け展開のためとのことですが、開発ブログでは、開発側の作業負担を減らすためなどを目的に、グローバル全体での適応となるとコメントしました。しかしながら『レインボーシックス シージ』のゲーム性には一切の影響を与えない旨を約束しています。

具体的な変更点は次の通り。

■ アクションフィードアイコンの変更


■ ドクロ表現の変更


■ ギャンブル関連表現の削除


■ 環境オブジェクト上の血糊表現の削除


■ 性的示唆コンテンツの変更


この告知内の「アジア圏」がどの地域までを指しているのかは明確にはされていませんが、海外メディアPCGamerは中国圏におけるゲームのドクロの規制などを中心とした表現規制内容に触れており、その多くは今回の規制内容に合致するものとなっています。

しかしながら、中国では依然として新規オンラインゲームの審査停止が続く状況。なお、2018年3月時点で、テンセントが『レインボーシックス シージ』の中国展開を行う旨がVentureBeatにより報じられていました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』サントラが売上10万枚突破でゴールドディスクに!B’zと椎名林檎に挟まれる

    『ニーア オートマタ』サントラが売上10万枚突破でゴールドディスクに!B’zと椎名林檎に挟まれる

  2. 2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに

    2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに

  3. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

    白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  4. 15年間の「GOTY」毎年1本ずつ挙げるなら?海外Twitterでタグ「#15YearsOfGOTY」が流行の兆し

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. ファンが作る『HL2: EP3』「Project Borealis」最新開発映像! 雰囲気が分かるプレイシーンも

  7. 大量のゾンビが迫りくるスチームパンク風ストラテジー『They Are Billions』正式リリース!

  8. まるで別ゲーム?『Fallout 4』に本格アニメ顔Mod「AnimeRace Nanakochan」登場!

  9. 米オーディション番組に現れた謎の4人組『モータルコンバット』を超人的な動きで表現―「Flawless Victory!!」

  10. スイッチで遊べる『カプコン 大人の名作シリーズ』Twitterキャンペーン開催!抽選でオリジナルクオカードをプレゼント

アクセスランキングをもっと見る

page top