海外PS4版『Fallout 76』Day1アップデート容量は51GBと判明―海外メディア報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外PS4版『Fallout 76』Day1アップデート容量は51GBと判明―海外メディア報道

11月14日に発売を控える、Bethesda Softworksによる海外PS4版『Fallout 76』のDay1アップデート容量が51GBであることが判明しました。

家庭用ゲーム PS4
海外PS4版『Fallout 76』Day1アップデート容量は51GBと判明―海外メディア報道
  • 海外PS4版『Fallout 76』Day1アップデート容量は51GBと判明―海外メディア報道
  • 海外PS4版『Fallout 76』Day1アップデート容量は51GBと判明―海外メディア報道
  • 海外PS4版『Fallout 76』Day1アップデート容量は51GBと判明―海外メディア報道
  • 海外PS4版『Fallout 76』Day1アップデート容量は51GBと判明―海外メディア報道

11月14日に発売を控える、Bethesda Softworksによる海外PS4版『Fallout 76』のDay1アップデートのデータサイズが51GBであることが判明しました。


海外メディアPSUによれば、最初に要求されるインストールデータのサイズは45GB、次に54GBのアップデートデータのダウンロードを要求されるとのことです(実際のダウンロードサイズは51.6GB)。その為、ストレージの空き容量として約100GBが必要とされています。アップデートファイルはクライアントのデータと置き換わる可能性があります。

アップデートには、先日開発元がreddit上で公表していた、フレンドの招待、チームの作成機能の不具合修正、空腹ゲージの不具合修正、うるさい銃声の修正などが含まれているものと思われます。

PC版ではB.E.T.A.クライアントがそのまま製品版へとアップデートされる一方、コンソール版では、製品版データを改めてインストールする必要があるとされています。プレイの進捗状況はPC版コンソール版双方でB.E.T.A.のものを引き継げる予定です。


その他、現在redditや公式フォーラム上でPC版のB.E.T.A.クライアントがアンインストールできない問題も一部のユーザーから報告されています。自分で購入した場合、あるいはフレンドから参加できるコードを貰った場合のいずれか問わず、B.E.T.A.をアンインストールしようとするとログインを要求するランチャーの通知がポップアップ。ログインしての再度の試行でもアンインストールされないといった現象です。海外メディアVG247では、発売を迎え、サーバーが稼働を開始した後にアンインストールができるようになる可能性を報じています。

『Fallout 76』は日本国内において、PS4/Xbox One/PCを対象に11月15日発売予定です。
《technocchi》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. スイッチ『スーパーリアル麻雀PV』が配信停止―表現修正漏れが原因か

    スイッチ『スーパーリアル麻雀PV』が配信停止―表現修正漏れが原因か

  2. 『Days Gone』には機能充実のフォトモード搭載!発売日から利用可能

    『Days Gone』には機能充実のフォトモード搭載!発売日から利用可能

  3. 『ディビジョン2』複数のバグを修正するアップデート情報が海外公式フォーラムで公開

    『ディビジョン2』複数のバグを修正するアップデート情報が海外公式フォーラムで公開

  4. 『バトルフィールドV』バトロワ「ファイアストーム」トレイラーを初公開―3月25日開戦!

  5. 80年代スウェーデンシューター『Generation Zero』国内発売日決定!海外版と同日に

  6. 『ディビジョン2』イヤー1向け追加コンテンツや有料アイテムに関する情報が国内公開!

  7. これで『ディビジョン2』を完全理解!ゲーム内容や設定を一挙紹介する新トレイラー公開

  8. 『Days Gone』一匹狼とバイクの過酷な旅にロマンはあるか─崩壊した世界の生存術を学べ!

  9. 『バトルフィールドV』バトロワ「Firestorm」日本時間3月14日22時より初の本格トレイラーが公開予定

  10. 『Apex Legends』シーズン1、バトルパス、新レジェンドの詳細は「近日公開予定」―データマイニングへの警告も

アクセスランキングをもっと見る

1
page top