米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か

海外メディアのPolygonは、アメリカのラッパー"ソウルジャ・ボーイ・テレム"が自身の名前を冠した携帯ゲーム機と家庭用ゲーム機を発売したことを報じました。

ゲーム機 ハードウェア
米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か
  • 米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か
  • 米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か

海外メディアのPolygonは、アメリカのラッパー"ソウルジャ・ボーイ・テレム"が自身の名前を冠した携帯ゲーム機と家庭用ゲーム機を発売したことを報じました。


これらはそれぞれ「SouljaGame Handheld」「SouljaGame Console」と名付けられており、自身のウェブサイト"SouljaWatch"にて販売中。商品ページによれば、携帯ゲーム機は「ニンテンドースイッチ/3DS/Vita/NEOGEO/GBC/ゲームボーイ/GBA」に対応、家庭用ゲーム機は「SOULJAGAME/PS/NEOGEO/PC/セガ/GBA/NES(海外版ファミリーコンピュータ)」に対応しているとのことです。

しかし、この2つの機器はそれぞれ、様々なゲーム機を開発している企業"Anbernic"の「2018 Portable Video Handheld Game Console」「Retro Mini Video Game Console」と同一のものと見られ、独自に開発したものではなく、名前を変えて転売しているのではないかと思われます。また価格は、オリジナルの携帯ゲーム機が79.99ドル、家庭用ゲーム機が105.99ドルなのに対して、セール価格ですら99.99ドルと149.99ドル(通常価格はどちらも199.99ドル)と高値がつけられており、非常に怪しい商品となっています。

すでにTwitter上ではこうした事実を指摘する声が多数挙がっていますが、ソウルジャ・ボーイ自身は製品の購入者に感謝を述べゲーム事業の継続を宣言するのみで、目立った反応は示していません。
《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」発表!外部センサーも必要なし

    新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」発表!外部センサーも必要なし

  2. VRホラーADV『Human Sacrifice』Steam配信開始ー不気味な儀式の謎を解き明かし脱出せよ

    VRホラーADV『Human Sacrifice』Steam配信開始ー不気味な儀式の謎を解き明かし脱出せよ

  3. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

    VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  4. 「Steamリンク」ベータ版アップデートで接続ネットワーク制限解除―いつでもどこでもPCゲーム?

  5. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

  6. NVIDIA、3D立体視「3DVision」のサポート終了を発表

  7. 『メガドライブ ミニ(仮)』2019年へ延期―海外ファンの反響を受けモデルチェンジ

  8. Oculus、“ゲーム向け”新スタンドアロンヘッドセット「Oculus Quest」発表!―6DOF対応、399ドル

  9. Windows Mixed Reality対応VRヘッドセット「AH501」発売決定ー「2つの世界初」を搭載

  10. あの「シャークネード」が遂にVRゲーム化!『Sharknado VR: Eye of the Storm』Steamストアページ登場

アクセスランキングをもっと見る

1
page top