米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か

海外メディアのPolygonは、アメリカのラッパー"ソウルジャ・ボーイ・テレム"が自身の名前を冠した携帯ゲーム機と家庭用ゲーム機を発売したことを報じました。

ゲーム機 ハードウェア
米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か
  • 米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か
  • 米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か

海外メディアのPolygonは、アメリカのラッパー"ソウルジャ・ボーイ・テレム"が自身の名前を冠した携帯ゲーム機と家庭用ゲーム機を発売したことを報じました。


これらはそれぞれ「SouljaGame Handheld」「SouljaGame Console」と名付けられており、自身のウェブサイト"SouljaWatch"にて販売中。商品ページによれば、携帯ゲーム機は「ニンテンドースイッチ/3DS/Vita/NEOGEO/GBC/ゲームボーイ/GBA」に対応、家庭用ゲーム機は「SOULJAGAME/PS/NEOGEO/PC/セガ/GBA/NES(海外版ファミリーコンピュータ)」に対応しているとのことです。

しかし、この2つの機器はそれぞれ、様々なゲーム機を開発している企業"Anbernic"の「2018 Portable Video Handheld Game Console」「Retro Mini Video Game Console」と同一のものと見られ、独自に開発したものではなく、名前を変えて転売しているのではないかと思われます。また価格は、オリジナルの携帯ゲーム機が79.99ドル、家庭用ゲーム機が105.99ドルなのに対して、セール価格ですら99.99ドルと149.99ドル(通常価格はどちらも199.99ドル)と高値がつけられており、非常に怪しい商品となっています。

すでにTwitter上ではこうした事実を指摘する声が多数挙がっていますが、ソウルジャ・ボーイ自身は製品の購入者に感謝を述べゲーム事業の継続を宣言するのみで、目立った反応は示していません。
《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

    オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

  2. BenQスクリーンバー「e-Reading Lampモニター掛け式ライト」はゲームプレイにどれほど役立つ?『バイオ7』など3タイトルで検証!

    BenQスクリーンバー「e-Reading Lampモニター掛け式ライト」はゲームプレイにどれほど役立つ?『バイオ7』など3タイトルで検証!

  3. 「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

    「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

  4. これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

  5. PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

  6. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  7. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

  8. 可変フレームで快適に!度付レンズも使える「ゲーミングメガネ」登場

  9. 「nasne」の出荷が終了へ…PS4やPC等でテレビ番組が録画・視聴できるネットワークレコーダー

  10. プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

アクセスランキングをもっと見る

page top