米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か

海外メディアのPolygonは、アメリカのラッパー"ソウルジャ・ボーイ・テレム"が自身の名前を冠した携帯ゲーム機と家庭用ゲーム機を発売したことを報じました。

ゲーム機 ハードウェア
米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か
  • 米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か
  • 米ラッパーが既存の携帯・家庭用ゲーム機に自身の名前を付けて転売か

海外メディアのPolygonは、アメリカのラッパー"ソウルジャ・ボーイ・テレム"が自身の名前を冠した携帯ゲーム機と家庭用ゲーム機を発売したことを報じました。


これらはそれぞれ「SouljaGame Handheld」「SouljaGame Console」と名付けられており、自身のウェブサイト"SouljaWatch"にて販売中。商品ページによれば、携帯ゲーム機は「ニンテンドースイッチ/3DS/Vita/NEOGEO/GBC/ゲームボーイ/GBA」に対応、家庭用ゲーム機は「SOULJAGAME/PS/NEOGEO/PC/セガ/GBA/NES(海外版ファミリーコンピュータ)」に対応しているとのことです。

しかし、この2つの機器はそれぞれ、様々なゲーム機を開発している企業"Anbernic"の「2018 Portable Video Handheld Game Console」「Retro Mini Video Game Console」と同一のものと見られ、独自に開発したものではなく、名前を変えて転売しているのではないかと思われます。また価格は、オリジナルの携帯ゲーム機が79.99ドル、家庭用ゲーム機が105.99ドルなのに対して、セール価格ですら99.99ドルと149.99ドル(通常価格はどちらも199.99ドル)と高値がつけられており、非常に怪しい商品となっています。

すでにTwitter上ではこうした事実を指摘する声が多数挙がっていますが、ソウルジャ・ボーイ自身は製品の購入者に感謝を述べゲーム事業の継続を宣言するのみで、目立った反応は示していません。
《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 国内PS VR版『ウォーキング・デッド: セインツ&シナーズ』日本語字幕入り公式トレイラー公開!

    国内PS VR版『ウォーキング・デッド: セインツ&シナーズ』日本語字幕入り公式トレイラー公開!

  2. 「サンディスク ウルトラ microSDXC UHS-Iカード」に1TBモデルが新登場! 本日10月23日より発売

    「サンディスク ウルトラ microSDXC UHS-Iカード」に1TBモデルが新登場! 本日10月23日より発売

  3. VRゾンビアクションADV『The Walking Dead: Saints & Sinners』が日本語に対応!

    VRゾンビアクションADV『The Walking Dead: Saints & Sinners』が日本語に対応!

  4. 心理学者監修リラックス用VR『Instacalm VR』配信開始―湖のほとりで癒やされる

  5. PSVR『ウォーキング・デッド: セインツ&シナーズ』国内版が10月28日発売! 最新アップデートを含めた“実質的完全版仕様”

  6. ZOWIE GEARが右手専用マウスのECシリーズ2製品を発表

  7. 原作映画から2年後の新たな恐怖をVR体験! VRホラーADV『Blair Witch:Oculus Quest Edition』海外10月29日リリース

  8. 『PONG』携帯ゲーム機に!Atari「Atari Mini PONG Jr」発表

  9. VRシューター『A-Tech Cybernetic VR』が正式リリース―銃を撃ち近接武器を振るってミュータントと戦え

  10. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top