中国で新たなゲーム審査機関が明らかに、既に20タイトルを審査―海外メディア報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

中国で新たなゲーム審査機関が明らかに、既に20タイトルを審査―海外メディア報道

中国で新たにオンラインゲームの審査機関が発足し、既に20タイトルを審査したことが判明しました。同機関の存在が公になったのは、これが初となります。

ニュース ゲーム業界
中国で新たなゲーム審査機関が明らかに、既に20タイトルを審査―海外メディア報道
  • 中国で新たなゲーム審査機関が明らかに、既に20タイトルを審査―海外メディア報道
中国で新たにオンラインゲームの審査機関が発足し、既に20タイトルを審査したことが判明しました。同機関の存在が公になったのは、これが初となります。

海外メディアSouth China Morning Post(SCMP)によれば、中国の国営放送である中国中央テレビの報道で、オンラインゲームの審査機関が新たに最近発足されたことが判明。既に20タイトルが審査され、その内9タイトルが中国国内での公開が却下、残りの11タイトルに関しては内容の修正が指示されたとのことです。

中国国内のビデオゲームの承認は、政府が行政の再編を開始した3月以来から凍結されており、4月以降、国家行政報道出版局(State Administration of Press and Publications(SAPP))へと審査、規制の権限が移行されていました。また9月には、習近平国家主席による児童と青年を対象に近視を防止する施策の指示を受け、各省庁がそれぞれ具体策を公表。子供の運動の奨励や、電子製品の使用時間を制限する国家の指針が発表されるなか、11月には中国で多数のゲームを手掛けるTencentが、自社のゲームのラインナップ全体に年齢認証システムを導入予定と発表していました

今回新たに発足した審査機関がSAPPの一部かは不明で、ウェブサイトを持たず、連絡先を公表していないためSCMPではコメントを得ることはできなかったと報じています。

Gameindustry.bizでは、今回の中国での新たな審査機関の発足を「有望な兆しである」と、証券会社Jefferiesの見解を引き合いに伝えています。
《technocchi》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『アノ1800』初の大型DLCとなる「海の底の宝」の詳細な内容を発表―新天地や潜水鐘など

    『アノ1800』初の大型DLCとなる「海の底の宝」の詳細な内容を発表―新天地や潜水鐘など

  2. 『モンハン:ワールド』5つの「アステラ祭」が7月26日より5週連続開催!『アイスボーン』に向けて未入手装備を狙え

    『モンハン:ワールド』5つの「アステラ祭」が7月26日より5週連続開催!『アイスボーン』に向けて未入手装備を狙え

  3. 『Crackdown 3』などの開発手掛けるSumo Digitalが2Kと新プロジェクトを進行中

    『Crackdown 3』などの開発手掛けるSumo Digitalが2Kと新プロジェクトを進行中

  4. 『モンハン:ワールド』全世界出荷本数1,300万本に到達―攻撃珠などの記念アイテムパックが7月26日配信

  5. 『MORDHAU』今後のアップデート計画を公開―乱雑な町や地中海風の城など新マップやランクモードも

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 【UPDATE】チェルノブイリ原発事故の処理に挑む『Chernobyl Liquidators Simulator』発表―モンスターは出ない現実路線

  8. 『ボーダーランズ 3』過去シリーズキャラの吹替声優は全て続投―山路和弘/檜山修之ら新キャストも発表

  9. 『クラッシュ・バンディクー レーシング ブッとびニトロ!』8月1日発売!あの名作が鮮やかに復活

  10. 『レインボーシックス クアランティン』は2020年4月までに発売される―海外投資家向け発言

アクセスランキングをもっと見る

page top