中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

世界でも屈指のゲーム市場規模を持つ中国ですが、同国のゲーム販売認可機関が、新規でのゲーム販売におけるすべての承認を凍結していることがわかりました。

ニュース ゲーム業界
中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響
  • 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響
世界でも屈指のゲーム市場規模を持つ中国ですが、同国のゲーム販売認可機関が、新規でのゲーム販売におけるすべての承認を凍結していることがわかりました。

海外メディアのBloombergによれば、今回の凍結措置は2018年3月に発表された中国の政府機構の大幅な改革案を受けた権限の見直しに起因するもの。現在に至るまで4か月間にわたりゲームの販売認可を出しておらず、この度ゲーム業界全体に対し新規での販売承認が中国の規制当局により凍結されたことが明らかになったとのことです。

また、販売認可が停止されていた4か月間により、中国のゲーム市場の2018年前半の成長率が過去10年の同期比で最低を記録したと海外メディアGamesindustry.bizが伝えています。

今回の凍結措置を受けてネクソンや、スクウェア・エニックス・ホールディングス、カプコンといったゲーム関連株が東京株式市場で軒並み安となり、日本のゲームメーカーにも影響が及びました。

PC版『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』と『フォートナイト』の中国展開を手掛けるテンセントの会長マーティン・ラウ氏はこの件に対し「現時点では承認がいつ開始されるのかまだ見通しが立たない」とコメントしており、業界関係者においても気になる先行きは不透明のようです。
《technocchi》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 28 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』原作にない新モード「ゴーストサバイバーズ」の情報を初公開!―サブキャラ3人のサイドストーリー

    『バイオハザード RE:2』原作にない新モード「ゴーストサバイバーズ」の情報を初公開!―サブキャラ3人のサイドストーリー

  2. 「ドラゴンボール」新作ゲームは「Z」世界を舞台にしたアクションRPGに―続報は『DBFZ』世界大会で

    「ドラゴンボール」新作ゲームは「Z」世界を舞台にしたアクションRPGに―続報は『DBFZ』世界大会で

  3. PS4/スイッチ/Steam『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』発表!「SEED」「W」「OO」「オルフェンズ」が新参戦【UPDATE】

    PS4/スイッチ/Steam『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』発表!「SEED」「W」「OO」「オルフェンズ」が新参戦【UPDATE】

  4. 『エースコンバット7』UK売上チャートで2位獲得!同国でのシリーズ最大のローンチ

  5. 『ラングリッサーI&II』体験版の配信決定!「クラシックモード」や“ちょっとした隠し要素”も

  6. 『バイオハザード RE:2』最新情報や実機プレイなど公開する発売直前生放送が配信決定

  7. 『バイオハザード RE:2』にハンク&しっかり関西弁な豆腐が登場!「The 4th/豆腐 Survivor」情報が公開

  8. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  9. Blizzardが『Diablo』未発表作品の開発者を募集中

  10. "発売前"の新作パズルADV『Pikuniku』Twitch Prime向けに異例の無料配布中!1月23日まで

アクセスランキングをもっと見る

page top