米政府委員会の学校安全に関する調査報告、ビデオゲームには直接言及せず―ゲーム審査機関へは一定の評価 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米政府委員会の学校安全に関する調査報告、ビデオゲームには直接言及せず―ゲーム審査機関へは一定の評価

米国の学校安全に関する連邦委員会は、多発する学校内銃撃事件に関する調査報告書を発表しました。

ゲーム文化 カルチャー
米政府委員会の学校安全に関する調査報告、ビデオゲームには直接言及せず―ゲーム審査機関へは一定の評価
  • 米政府委員会の学校安全に関する調査報告、ビデオゲームには直接言及せず―ゲーム審査機関へは一定の評価
  • 米政府委員会の学校安全に関する調査報告、ビデオゲームには直接言及せず―ゲーム審査機関へは一定の評価
米国の学校安全に関する連邦委員会は、多発する学校内銃撃事件に関する調査報告書を発表しました。

学校内銃撃事件が発生すると、多くの場合センセーショナルに取り上げられがちな、若者が好むFPSなどのビデオゲーム。しかし、この調査報告書では、(規制や暴力性などで)直接言及されることはなく、その是非については問題となりませんでした。

報告書ではゲームの既存レーティングについて、わかりやすい評価システムを持ち、コンテンツの効果的な制限を行っていると評価する一方で、よりコンテンツへのアクセスが年齢に適した消費者に限定されるようポリシーの見直しを行う必要がある、と言及。しかしながら、他の大きな問題点とされることはありませんでした。

海外メディアPolygonが、既存レーティング機関ESRBにコメントを求めた所、ESRBの代表は、委員会の調査結果に満足していると述べ、業界の進化と親の要求の変化に合わせ、レーティングシステムの潜在的な強化は常に検討されているとしました。

なお、報告書の大半は、銃撃を実際に行う道具である実銃の入手の容易性やその経路などの調査に関するもの。あくまで報告書ではあるものの、今後の様々な検討のベースに用いられる可能性を踏まえれば、冷静な議論と調査が行われたことにビデオゲーム業界は一安心、といった所であるのかもしれません。
《Arkblade》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』アイスキングによってマップ全域が雪に覆われる!一度だけのイベントで

    『フォートナイト』アイスキングによってマップ全域が雪に覆われる!一度だけのイベントで

  2. 『フォートナイト』クリエイティブで「ミレニアム・ファルコン」を中身まで完全再現したファン現る

    『フォートナイト』クリエイティブで「ミレニアム・ファルコン」を中身まで完全再現したファン現る

  3. 『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】

    『アサシン クリード オデッセイ』最新DLCの結末について開発者が謝罪【ネタバレ注意】

  4. 自分だけのポケモンシャツが注文できるサービスが2月末より開始!ポケモンに夢中だった頃を思い出す動画も公開

  5. 早すぎた名作を今振り返る―『アストロノーカ』20周年記念トークショーレポート

  6. 本日の一枚『公式もシェア!ガチレベルの見事なX-01PAコス』

  7. 3DS『とびだせ どうぶつの森』を3,500時間以上プレイする87歳のおばあちゃん現る―4年間ほぼ毎日プレイ

  8. 戦隊ヒーローが星を救う? PC版『FFXV』に「パワーレンジャー」Modが登場

  9. 「ゲーマーライフスタイル調査」を実施─10代の約4割がゲーマーを自称

  10. 大手芸能事務所「アミューズ」が国内プロゲーミングチームGreen Leavesとマネジメント契約

アクセスランキングをもっと見る

page top