米政府委員会の学校安全に関する調査報告、ビデオゲームには直接言及せず―ゲーム審査機関へは一定の評価 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米政府委員会の学校安全に関する調査報告、ビデオゲームには直接言及せず―ゲーム審査機関へは一定の評価

米国の学校安全に関する連邦委員会は、多発する学校内銃撃事件に関する調査報告書を発表しました。

ゲーム文化 カルチャー
米政府委員会の学校安全に関する調査報告、ビデオゲームには直接言及せず―ゲーム審査機関へは一定の評価
  • 米政府委員会の学校安全に関する調査報告、ビデオゲームには直接言及せず―ゲーム審査機関へは一定の評価
  • 米政府委員会の学校安全に関する調査報告、ビデオゲームには直接言及せず―ゲーム審査機関へは一定の評価
米国の学校安全に関する連邦委員会は、多発する学校内銃撃事件に関する調査報告書を発表しました。

学校内銃撃事件が発生すると、多くの場合センセーショナルに取り上げられがちな、若者が好むFPSなどのビデオゲーム。しかし、この調査報告書では、(規制や暴力性などで)直接言及されることはなく、その是非については問題となりませんでした。

報告書ではゲームの既存レーティングについて、わかりやすい評価システムを持ち、コンテンツの効果的な制限を行っていると評価する一方で、よりコンテンツへのアクセスが年齢に適した消費者に限定されるようポリシーの見直しを行う必要がある、と言及。しかしながら、他の大きな問題点とされることはありませんでした。

海外メディアPolygonが、既存レーティング機関ESRBにコメントを求めた所、ESRBの代表は、委員会の調査結果に満足していると述べ、業界の進化と親の要求の変化に合わせ、レーティングシステムの潜在的な強化は常に検討されているとしました。

なお、報告書の大半は、銃撃を実際に行う道具である実銃の入手の容易性やその経路などの調査に関するもの。あくまで報告書ではあるものの、今後の様々な検討のベースに用いられる可能性を踏まえれば、冷静な議論と調査が行われたことにビデオゲーム業界は一安心、といった所であるのかもしれません。
《Arkblade》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 加藤純一、CRカップ参戦!StylishNoobさん、天月さんとタッグ組む

    加藤純一、CRカップ参戦!StylishNoobさん、天月さんとタッグ組む

  2. 『DEATH STRANDING』季節の変わり目にぴったり?な「クリプトビオシス」を食す―ゲーム飯第十七回

    『DEATH STRANDING』季節の変わり目にぴったり?な「クリプトビオシス」を食す―ゲーム飯第十七回

  3. 『スカイリム』種族として「ウィッチャー」を選択できるModが登場―アードやイグニなど印も使用可能

    『スカイリム』種族として「ウィッチャー」を選択できるModが登場―アードやイグニなど印も使用可能

  4. USJ「スーパー・ニンテンドー・ワールド」にドンキーコング!“ちょっとスリリングな”新エリアが2024年開業予定

  5. ソリッドな名作へのオマージュ満載2DステルスACT『UnMetal』配信日決定!

  6. 大接戦繰り広げた第6回「CRカップ」順位結果まとめ!『Apex Legends』インフルエンサーの祭典で頂点に輝いたのは?

  7. 国内スイッチ版も登場する武術アクション『沖縄ラッシュ』新トレイラー! 10月発売予定

  8. 計7つ、集まった「エミールヘッド」が異様な雰囲気…!実際の被り物としてプレゼントキャンペーンも実施中

  9. オーバーウォッチリーグ、Felix“xQc”Lengyel選手がチーム退団へ―人種差別・暴言などで長期出場停止処分中【UPDATE】

  10. HBOドラマ版『The Last of Us』ジョエルとエリーの姿を映した場面写真公開

アクセスランキングをもっと見る

page top