『Fallout 76』BAN解除の条件は“小論文”―ツール使用の疑いでBANされたユーザーにメールが【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』BAN解除の条件は“小論文”―ツール使用の疑いでBANされたユーザーにメールが【UPDATE】

シリーズ初のオンラインタイトルとしてリリースされたBethesda Softworksの『Fallout 76』で、サードパーティ製のツールを使用した疑いでBANされたユーザーがBAN解除の条件として小論文の提出を通告されていることがRedditの投稿から明らかになりました。

ゲーム文化 その他
『Fallout 76』BAN解除の条件は“小論文”―ツール使用の疑いでBANされたユーザーにメールが【UPDATE】
  • 『Fallout 76』BAN解除の条件は“小論文”―ツール使用の疑いでBANされたユーザーにメールが【UPDATE】
  • 『Fallout 76』BAN解除の条件は“小論文”―ツール使用の疑いでBANされたユーザーにメールが【UPDATE】
  • 『Fallout 76』BAN解除の条件は“小論文”―ツール使用の疑いでBANされたユーザーにメールが【UPDATE】
シリーズ初のオンラインタイトルとして発売されたベセスダソフトワークスの『Fallout 76』ですが、サードパーティ製ツール使用の疑いでBANされたユーザーがBAN解除の条件として小論文の提出を課されていることが報告されました。

Redditorであるdoeoeidjdnesizi氏の投稿によると、メールで語られたBAN解除の条件は「なぜサードパーティ製のチートソフトウェアを使用すると、オンラインゲームのコミュニティにとって害をもたらすか」をテーマにした小論文を提出すること。彼自身はチートなどの不正行為は行っていないと主張しており、困惑の色を見せています。

Bethesda Softworksのゲームと言えば、Modの制作や配布が活発なことで有名ですが、『Fallout 76』はオンラインタイトルであるということでMod等のサードパーティ製ツールの使用は規約で禁止されています。YouTuberのJuiceheadが投稿した動画では、BANされたユーザーの共通点として、「Cheat Engine」というツールをPCにインストールしていることを指摘。doeoeidjdnesizi氏のほか、lbwilliams44氏は、『Fallout 76』のプレイ中に使用していなくとも実際に、同ツールをインストールしていることを認めています。

なお、ベセスダの副社長Pete Hines氏は2018年10月、『Fallout 76』のMod対応について、2019年11月まで対応しない可能性に触れつつ「多くの作業が必要になるがModとプライベートサーバーは確実に来る」と述べていました

※UPDATE(2018/12/26 19:36):タイトル・本文内容を一部修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。
《杉元悠》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

    そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

  2. まもなく米国で公開の実写映画版「モータルコンバット」フェイタリティシーンがお披露目

    まもなく米国で公開の実写映画版「モータルコンバット」フェイタリティシーンがお披露目

  3. 『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

    『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

  4. 『GTA V』をクリアするためには最低でも700人以上を殺めなければならない―海外ユーザーが約半年をかけた検証結果を報告

  5. まさに至宝!『DEATH STRANDING』「クリフォード・アンガー」1/2スタチューが予約開始

  6. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  7. 真田広之のアクションが光る! 実写映画版「モータルコンバット」序盤7分が披露

  8. 『サイバーパンク2077』初期バージョンに存在していた「ウォールランニング」を復活させるModが登場! 一部で機能制限あり

  9. 殺される度に強くなる! まるでゲームのようなSFアクション映画「コンティニュー」公開決定―タイムループの謎を解き明かせ

  10. 見る角度で変化するPS5『Demon's Souls』アニメーションパッケージがかっこいい! 海外アーティストが制作

アクセスランキングをもっと見る

page top