『Fallout 76』BAN解除の条件は“小論文”―ツール使用の疑いでBANされたユーザーにメールが【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』BAN解除の条件は“小論文”―ツール使用の疑いでBANされたユーザーにメールが【UPDATE】

シリーズ初のオンラインタイトルとしてリリースされたBethesda Softworksの『Fallout 76』で、サードパーティ製のツールを使用した疑いでBANされたユーザーがBAN解除の条件として小論文の提出を通告されていることがRedditの投稿から明らかになりました。

ゲーム文化 その他
『Fallout 76』BAN解除の条件は“小論文”―ツール使用の疑いでBANされたユーザーにメールが【UPDATE】
  • 『Fallout 76』BAN解除の条件は“小論文”―ツール使用の疑いでBANされたユーザーにメールが【UPDATE】
  • 『Fallout 76』BAN解除の条件は“小論文”―ツール使用の疑いでBANされたユーザーにメールが【UPDATE】
  • 『Fallout 76』BAN解除の条件は“小論文”―ツール使用の疑いでBANされたユーザーにメールが【UPDATE】
シリーズ初のオンラインタイトルとして発売されたベセスダソフトワークスの『Fallout 76』ですが、サードパーティ製ツール使用の疑いでBANされたユーザーがBAN解除の条件として小論文の提出を課されていることが報告されました。

Redditorであるdoeoeidjdnesizi氏の投稿によると、メールで語られたBAN解除の条件は「なぜサードパーティ製のチートソフトウェアを使用すると、オンラインゲームのコミュニティにとって害をもたらすか」をテーマにした小論文を提出すること。彼自身はチートなどの不正行為は行っていないと主張しており、困惑の色を見せています。

Bethesda Softworksのゲームと言えば、Modの制作や配布が活発なことで有名ですが、『Fallout 76』はオンラインタイトルであるということでMod等のサードパーティ製ツールの使用は規約で禁止されています。YouTuberのJuiceheadが投稿した動画では、BANされたユーザーの共通点として、「Cheat Engine」というツールをPCにインストールしていることを指摘。doeoeidjdnesizi氏のほか、lbwilliams44氏は、『Fallout 76』のプレイ中に使用していなくとも実際に、同ツールをインストールしていることを認めています。

なお、ベセスダの副社長Pete Hines氏は2018年10月、『Fallout 76』のMod対応について、2019年11月まで対応しない可能性に触れつつ「多くの作業が必要になるがModとプライベートサーバーは確実に来る」と述べていました

※UPDATE(2018/12/26 19:36):タイトル・本文内容を一部修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

    人気ストリーマーNinja、Time誌選ぶ「世界で最も影響力のある100人」のうちの1人に

  2. 揺れる!破れる!美少女格ゲー『Fight Angel』早期アクセス開始―詳細なキャラカスタマイズ機能も

    揺れる!破れる!美少女格ゲー『Fight Angel』早期アクセス開始―詳細なキャラカスタマイズ機能も

  3. 『アサシンクリード』が火災被害受けたノートルダム大聖堂再建に役立つ?  過去にゲームに登場

    『アサシンクリード』が火災被害受けたノートルダム大聖堂再建に役立つ? 過去にゲームに登場

  4. イラクで『フォートナイト』『PUBG』が禁止に―社会や若年者への悪影響を理由に

  5. スペースコロニーシム『Oxygen Not Included』正式リリース日決定!セールも実施

  6. Epic Games、今後のアカウントセキュリティ強化プランを発表

  7. 『デビル メイ クライ 5』より「ダンテ」と「ネロ」が1/8フィギュアになって登場

  8. 『Dead by Daylight』より「トラッパー」がねんどろいど化決定ー怖…カワイイ?

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. Netflixドラマ版『ウィッチャー』は2019年第4四半期配信予定

アクセスランキングをもっと見る

1
page top