あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場

NVIDIAのGeforce RTXシリーズグラフィックカードの目玉技術“リアルタイムレイトレーシング”。id Softwareの名作FPS『Quake 2』用の、同技術に対応したエンジンが公開されました。

ゲーム機 技術
あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場
  • あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場
  • あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場
  • あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場

NVIDIAのGeforce RTXシリーズグラフィックカードの目玉技術“リアルタイムレイトレーシング”。id Softwareの名作FPS『Quake 2』用の、同技術に対応したエンジンが公開されました。

レンダリング技術を研究する学生のChristoph Schied氏によって作られ、「Q2VKPT」と名付けられた本エンジン。公開されたデモ映像では、十分な速度かつ非常にリアルな照明効果で展開する『Quake 2』の姿を見ることができます。

『Quake 2』への高度なレンダリング技術の導入については、別の人物の手によって、2017年8月に、レイトレーシングを更に拡張したパストレーシングによる演算デモがリリースされています。


しかしながら、“NVIDIA TITAN XP”ですらどうしてもノイズが目立つものとなってしまっていたのも事実。それに比べ、今回の「Q2VKPT」ではクリアなグラフィックでゲームが描かれており、“RTX”の技術的な優位点を垣間見ることができます。同様の、既存のレイトレーシング画像との比較は「Q2VKPT」の公式サイトでも静止画の形で見ることが可能です。

「Q2VKPT」はGithubにて無料で配信中。体験には『Quake 2』のデモ版もしくは製品版のデータが必要となります。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. PS4コントローラーに直接差すマイクが8月31日発売に─ヘッドセットが無くてもボイチャ可能!

    PS4コントローラーに直接差すマイクが8月31日発売に─ヘッドセットが無くてもボイチャ可能!

  2. セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

    セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

  3. 『Atomic Heart』VRスピンオフ『Soviet Lunapark VR』の開発とサポートが終了―販売も停止へ

    『Atomic Heart』VRスピンオフ『Soviet Lunapark VR』の開発とサポートが終了―販売も停止へ

  4. CPU脆弱性対策パッチによるゲームへの影響は?―海外メディアが6本のトリプルA作品で検証

  5. マイクロソフト「モバイル向け」コントローラーデバイス研究中、クラウドなどの本格ゲーミング向けか

  6. Ryzen搭載の携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」が近日予約開始!『GTA5』『The Witcher 3』なども動作

  7. 『メガドライブ ミニ(仮)』2019年へ延期―海外ファンの反響を受けモデルチェンジ

  8. 携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」2019年Q1より生産段階に移行!アルファユニットの映像も

  9. VR協力アクション『メデューサと恋人』―再び見つめ合える日を信じて、二人は戦う【TOKYO SANDBOX 2018】

  10. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top