あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場

NVIDIAのGeforce RTXシリーズグラフィックカードの目玉技術“リアルタイムレイトレーシング”。id Softwareの名作FPS『Quake 2』用の、同技術に対応したエンジンが公開されました。

ゲーム機 技術
あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場
  • あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場
  • あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場
  • あの名作が最新技術でどう変わるのか?『Quake 2』に“RTX”対応エンジン登場

NVIDIAのGeforce RTXシリーズグラフィックカードの目玉技術“リアルタイムレイトレーシング”。id Softwareの名作FPS『Quake 2』用の、同技術に対応したエンジンが公開されました。

レンダリング技術を研究する学生のChristoph Schied氏によって作られ、「Q2VKPT」と名付けられた本エンジン。公開されたデモ映像では、十分な速度かつ非常にリアルな照明効果で展開する『Quake 2』の姿を見ることができます。

『Quake 2』への高度なレンダリング技術の導入については、別の人物の手によって、2017年8月に、レイトレーシングを更に拡張したパストレーシングによる演算デモがリリースされています。


しかしながら、“NVIDIA TITAN XP”ですらどうしてもノイズが目立つものとなってしまっていたのも事実。それに比べ、今回の「Q2VKPT」ではクリアなグラフィックでゲームが描かれており、“RTX”の技術的な優位点を垣間見ることができます。同様の、既存のレイトレーシング画像との比較は「Q2VKPT」の公式サイトでも静止画の形で見ることが可能です。

「Q2VKPT」はGithubにて無料で配信中。体験には『Quake 2』のデモ版もしくは製品版のデータが必要となります。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  2. VR『ゼルダの伝説 BotW』の開発経緯が明らかに―味つけを変えてハイラルの世界を“おかわり”してもらいたい

    VR『ゼルダの伝説 BotW』の開発経緯が明らかに―味つけを変えてハイラルの世界を“おかわり”してもらいたい

  3. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

    VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  4. 開発担当者、海外メディアでPS次世代機について言及―SIE公式アカウントもリツイート

  5. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」海外で予約開始!

  6. 新型VRヘッドセット「Oculus Rift S」発表!外部センサーも必要なし

  7. アクティブノイズキャンセリング機能搭載「Razer Hammerhead USB-C ANC」が4月26日に発売

  8. PS次世代機は「ゲーマーにとって魅力的な価格」に―担当記者の質問にサーニー氏が回答

  9. プレステやサターンも動くレトロゲーム互換機「POLYMEGA」の最新情報が公開

  10. 『フォートナイト』同梱のXbox One Sバンドルが海外発表! 限定スキンも付属

アクセスランキングをもっと見る

1
page top