プリレンダリングクオリティまで後一歩?『Quake II』をリアルタイムでパストレーシング | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

プリレンダリングクオリティまで後一歩?『Quake II』をリアルタイムでパストレーシング

id Softwareの名作FPS『Quake II』。同作をプリレンダリングのCGで広く用いられる高精細なレンダリング方法“パストレーシング”で動作させてみた映像が公開されています。

ゲーム機 技術
プリレンダリングクオリティまで後一歩?『Quake II』をリアルタイムでパストレーシング
  • プリレンダリングクオリティまで後一歩?『Quake II』をリアルタイムでパストレーシング

id Softwareの名作FPS『Quake II』。GPUを用いて同作を、プリレンダリングのCGで広く用いられる高精細なレンダリング方法“パストレーシング”で動作させてみた映像が公開されています。

パストレーシングとは、カメラ位置に対してそのカメラが受け取る実際の光を計算によって導き出す“レイトレーシング”を拡張した、高精細でリアルなレンダリングを行う手法で、主にプリレンダリングの3DCGにおいて広く用いられているレンダリング技法の一つです。今回、グラフィックプログラマーのEdd Biddulph氏によって『Quake II』へと実験的に実装された同レンダリング技法。映像では安定した速度でゲームが動作しているのを確認することができます。

パストレーシング自体は非常に古い技術であるものの、その余りに膨大な処理のためにリアルタイムでのレンダリングは非常に厳しいものでありました。今回の映像についても、ハイエンドGPU“NVIDIA TITAN Xp”のパワーを持ってしてすらノイズが目立つ映像となっており、まだ商業ベースでの実用化は難しい所となっています。しかしながら、いつか将来、パストレーシングレンダリングが最新ゲームで用いられ、更にリアリティの高まった映像でのゲームを楽しめる日が来るのかもしれません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. BenQスクリーンバー「e-Reading Lampモニター掛け式ライト」はゲームプレイにどれほど役立つ?『バイオ7』など3タイトルで検証!

    BenQスクリーンバー「e-Reading Lampモニター掛け式ライト」はゲームプレイにどれほど役立つ?『バイオ7』など3タイトルで検証!

  2. 2,780以上のゲームボーイ系ソフトに対応する携帯機「Analogue Pocket」海外で2020年発売

    2,780以上のゲームボーイ系ソフトに対応する携帯機「Analogue Pocket」海外で2020年発売

  3. 「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

    「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

  4. PS次世代機は「ゲーマーにとって魅力的な価格」に―担当記者の質問にサーニー氏が回答

  5. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  6. ソニー次世代機の正式名称は「プレイステーション 5」!2020年年末商戦に発売【UPDATE】

  7. PS4コントローラーに直接差すマイクが8月31日発売に─ヘッドセットが無くてもボイチャ可能!

  8. 新型携帯ゲーム機「Playdate」発表!年末から受注開始ー黄色のボディとクランクが可愛い

  9. Google、スマートフォン向けVR「Daydream」規格を終了へ

  10. 「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2」11月5日より国内発売決定

アクセスランキングをもっと見る

1
page top