『Fallout 76』に新モード「Survival」導入へ、あらゆる出会いが命取りなPvP要素など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』に新モード「Survival」導入へ、あらゆる出会いが命取りなPvP要素など

ベセスダ・ソフトワークスは、『Fallout 76』のアップデートとして配信予定の「Survival」モードにまつわる詳細情報を海外向けに公開しました。

家庭用ゲーム PS4
『Fallout 76』に新モード「Survival」導入へ、あらゆる出会いが命取りなPvP要素など
  • 『Fallout 76』に新モード「Survival」導入へ、あらゆる出会いが命取りなPvP要素など
  • 『Fallout 76』に新モード「Survival」導入へ、あらゆる出会いが命取りなPvP要素など
  • 『Fallout 76』に新モード「Survival」導入へ、あらゆる出会いが命取りなPvP要素など

ベセスダ・ソフトワークスは、『Fallout 76』のアップデートとして配信予定の「Survival」モードにまつわる詳細情報を海外向けに公開しました。

「Survival」モードは『Fallout 76』メインメニューからアクセス可能になり、「Adventure」モード(通常プレイ)同様のクエスト/イベント/ストーリーを体験できますが、「すぐ近くに隠れる敵対キャラクターの脅威に注意しながら進行する必要がある」という熟練プレイヤー向けコンテンツであるとのことです。

このモードではいわゆる「PvPへの招待」は存在せず、最初から制限なしに他のプレイヤーへの攻撃が可能。「あらゆる見知らぬ人との出会いが、一瞬で命取りなものになり得る」と説明されています。現在「Survival」モードで死亡したプレイヤーは「C.A.M.P」もしくは「Vault 76」でのみリスポーン可能という設定で、今後は「他のプレイヤーを倒したときに得られるキャップを2倍にする」「相手のジャンクに加えて回復アイテムかその他のアイテムを追加で拾えるようにする」「ゲーム内リーダーボード機能」といった要素も検討中と伝えられています。


「Survival」モードで既存のキャラクターを使った場合、使用した弾薬の数やレベル上昇、クエスト進行状況、取得した武器などは「Adventure」モードでのキャラクター状況にも反映されます。そのため、既存のキャラクターをそのままにしておきたいプレイヤーには「Survivalモード用の新キャラクター」を作ることが推奨されています。また、条件をフェアにするため「Survival」モードでのレベルスケーリングは「Adventure」と同様に機能するとのことです。

「Survival」ベータリリースは2019年3月を予定。その後、死亡に関する要素やさまざまなルールを試験的に導入し、段階的にライブコンテンツに移行していく予定とのことです。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』公式写真コンテストが開催!テーマは「身近に潜むサイバーパンク」

    『サイバーパンク2077』公式写真コンテストが開催!テーマは「身近に潜むサイバーパンク」

  2. PS4『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』ゲーム序盤や魔法要素などの新情報が到着!

    PS4『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』ゲーム序盤や魔法要素などの新情報が到着!

  3. ミステリーADV『Tokyo Dark -Remembrance-』スイッチ向けに11月7日配信

    ミステリーADV『Tokyo Dark -Remembrance-』スイッチ向けに11月7日配信

  4. 『ソウルキャリバーVI』シーズン2新映像公開!無料アップデートで既存キャラにも新技追加

  5. 『あつまれ どうぶつの森』の世界観を満喫!「たぬき開発」による無人島移住パッケージ説明会に参加してきた【Nintendo Live 2019】

  6. 『ライフ イズ ストレンジ 2』海外パッケージ版の製品情報が発表、公式ストア限定で欧米向けにリリース

  7. 『オーバーウォッチ』スイッチ版開始はまもなく!日本は10月16日午前3時より

  8. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  9. 海外メディアがスイッチ版『オーバーウォッチ』のゲームプレイ映像を公開! パッケージ版発売日も決定

  10. 『Apex Legends』新イベント「Fight or Fright」10月15日から開催!ハロウィン風スキンが手に入る【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top