PC版『メトロ エクソダス』不買運動や批判を受けDeep Silverがコメント―「PC版は常に計画の中心」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC版『メトロ エクソダス』不買運動や批判を受けDeep Silverがコメント―「PC版は常に計画の中心」

先日、PC版がEpic Gamesストアでの時限独占になることが決定した『メトロ エクソダス』ですが、パブリッシャーのDeep Silverは、議論が巻き起こるPc版への見解を明らかにしました。

ニュース ゲーム業界
PC版『メトロ エクソダス』不買運動や批判を受けDeep Silverがコメント―「PC版は常に計画の中心」
  • PC版『メトロ エクソダス』不買運動や批判を受けDeep Silverがコメント―「PC版は常に計画の中心」
  • PC版『メトロ エクソダス』不買運動や批判を受けDeep Silverがコメント―「PC版は常に計画の中心」
  • PC版『メトロ エクソダス』不買運動や批判を受けDeep Silverがコメント―「PC版は常に計画の中心」
先日、PC版がEpic Gamesストアでの時限独占になることが決定した『メトロ エクソダス』ですが、パブリッシャーのDeep Silverは、議論が巻き起こるPC版への見解を明らかにしました。

先述の通り、PC版の『メトロ エクソダス』はEpic Gamesストアでの時限独占が発表されており、これについてコミュニティの多くは難色を示していました。これをきっかけに、コミュニティでは『メトロ エクソダス』PC版の不買運動や過去作のレビュー爆撃などが発生しています。

これに対して、デベロッパー4A Gamesの開発者を名乗るscynetという人物がコミュニティに苦言を呈しました。scynetは、コミュニティが起こした行動の理由に理解を示しつつも、「もしも不買運動が起こった場合、次回作はPCで開発しない」との主張を残しています。

それを受けてパブリッシャーであるDeep Silverは、そもそもEpic Gamesストアでの専売はDeep Silverと(親会社のKoch Media)が決定したことを明示。scynetの意見はあくまで個人のもので、未来の開発には影響を及ぼさないとしたほか、フランチャイズを継続させるにあたって、「PC版は常に計画の中心」であることを伝えています。

PC版『Metro Exodus』は、Epic Gamesストアにて現地時間2月15日発売予定。他ストアでの販売は、2020年2月14日以降から解禁される予定です。
《杉元悠》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 計32タイトルがお得になる「Nintendo Switch ゴールデンウィークセール」4月26日より開催!『ゼルダ無双 厄災の黙示録』も初セールに

    計32タイトルがお得になる「Nintendo Switch ゴールデンウィークセール」4月26日より開催!『ゼルダ無双 厄災の黙示録』も初セールに

  2. 週末セール情報ひとまとめ『仁王2』『ライザのアトリエ2』『Kenshi』『NO MAN'S SKY』他

    週末セール情報ひとまとめ『仁王2』『ライザのアトリエ2』『Kenshi』『NO MAN'S SKY』他

  3. 『ジャッジアイズ』の新情報は5月7日23時解禁!龍が如くスタジオから重大発表

    『ジャッジアイズ』の新情報は5月7日23時解禁!龍が如くスタジオから重大発表

  4. 次世代の新作『バトルフィールド』2021年後半リリース!独立したモバイル向け作品も2022年配信予定

  5. GOTYはギリシャ神話ローグライト『Hades』に決定! 第24回「D.I.C.E. Awards」受賞作品リスト

  6. 現実に『ドラクエ』を再現するアトラクション「ドラゴンクエスト アイランド 大魔王ゾーマとはじまりの島」が開業延期…緊急事態宣言発令により

  7. ソニーが動画配信サービス「PlayStation Plus Video Pass」をポーランドにて1年間の先行実施

  8. コーエーテクモSteamパブリッシャーセール開催!『仁王』70%引きなど

  9. Epic Gamesストアにて映画「エイリアン」原作SFサバイバルホラー『エイリアン アイソレーション』ボードゲーム型ARPG『ハンド オブ フェイト2』期間限定無料配信開始

  10. 元『Days Gone』開発スタッフが「フルプライスで買わなかったのに続編が無いことに文句を言わないで」と苦言―「消費者のせいにするのは筋違い」との反論も

アクセスランキングをもっと見る

page top