『S.T.A.L.K.E.R. 2』メーカー公式アカウントが謎の発言……“35”とは?【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『S.T.A.L.K.E.R. 2』メーカー公式アカウントが謎の発言……“35”とは?【UPDATE】

2018年に開発再開が発表された『S.T.A.L.K.E.R. 2』。同作に関連すると見られる新たなTweetがGSC Game World公式アカウントにて行われました。

ニュース 発表
『S.T.A.L.K.E.R. 2』メーカー公式アカウントが謎の発言……“35”とは?【UPDATE】
  • 『S.T.A.L.K.E.R. 2』メーカー公式アカウントが謎の発言……“35”とは?【UPDATE】

2018年に開発再開が発表された『S.T.A.L.K.E.R. 2』。同作に関連すると見られる新たなツイートがGSC Game World公式アカウントより投稿されました。

「何が2021年(2.0.2.1.)に隠れているのか」とした書き込みでは、“最初に解決されたコード”として「35」という数字が掲載。なお、画像の背景や、ツイートに記載されている年の表記法は『S.T.A.L.K.E.R. 2』発表時のものと同じ。果たして何が“35”であるのか、疑問は深まるばかりですが、開発状況や情報公開については一切触れられていません。

なお、ファンからの「35」という数字がチェルノブイリ原発事故から35周年を表すのではないかという指摘について、公式は返信で「関係がある」としています。

ひとまず、ファンは2021年に『S.T.A.L.K.E.R. 2』が本当にその姿を表すことに期待しましょう。

※UPDATE(2019/2/8 12:30):さらなる情報を本文に追記しました。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ゾンビ×パルクールACT新作『Dying Light 2』の発売が延期―「ビジョンの実現にさらなる開発時間が必要」

    ゾンビ×パルクールACT新作『Dying Light 2』の発売が延期―「ビジョンの実現にさらなる開発時間が必要」

  2. Rockstar North、英国の減税で3,760万ポンドを得る―シンクタンクの調査で明らかに

    Rockstar North、英国の減税で3,760万ポンドを得る―シンクタンクの調査で明らかに

  3. Chrome OS、Steam公式サポートの可能性―海外報道にてChrome OSディレクターが示唆

    Chrome OS、Steam公式サポートの可能性―海外報道にてChrome OSディレクターが示唆

  4. Steamの旧正月セールが現地時間1月23日より開催か―Valveが開発者向けに告知

  5. Valve、『Left 4 Dead 3』の開発は「行っていない」―HTC中国発表を訂正へ

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. Valve、一部Steamタイトルに対し改名を警告「未成年者を成人向けコンテンツに引き寄せてしまう」

  8. ユービーアイ、『レインボーシックス シージ』サーバーへの攻撃に使われたツール製作者を海外で提訴

  9. 90年代ギャングFPSのリマスター版『Kingpin: Reloaded』発表! ビジュアル強化や追加要素も

  10. GDC 2020で小島秀夫監督の講演が決定!『DEATH STRANDING』の設計思想について語る

アクセスランキングをもっと見る

page top